スマホの設定でよく目にするワンセグやフルセグ。何がどう違うの?

2014年12月03日 12:00 by ホセ
スマホの設定でよく目にするワンセグやフルセグ。何がどう違うの?
「ワンセグ」と「フルセグ」の違いは?

「ワンセグ」と「フルセグ」の違いは?

ケータイのカタログや、スマートフォンの設定でよく目にする「ワンセグ」や「フルセグ」はいったい何が「フル」なのでしょう。違いについて解説してみます。

 

「ワンセグ」と「フルセグ」はここが違う!

どちらも、テレビが観られる、データ放送を受信できるという点では同じです。では、そもそも「セグ」というのは何でしょう。

 

現在、日本における地上波デジタル放送(テレビの地上波)では、1つの放送局(日本テレビやフジテレビなど)からの電波を13個に分割(セグメント)した状態で放送しています。

 

そのうちひとつを、モバイル機器用に割いているのが「ワンセグ」です。13のうち、1つの分割を使うので「ワン(1つ)セグ(セグメント=分割)」なのです。

 

しかしながら、「ワンセグ」がスタートした当時はケータイの解像度も低く、多少粗い映像でも十分でした。最近のモデルではそうはいきません。「HD」や「フルHD」クラスのディスプレイを持つスマートフォンやタブレットばかりです。

 

ワンセグイメージ(上)フルセグイメージ(下)

ワンセグイメージ(上)フルセグイメージ(下)

 

画質ではここまでの差があります。ぜんぜん違うのを実感できると思います。そこで活用されるようになったのが「フルセグ」。

 

こちらは地上波デジタル放送そのものをスマートフォンやタブレットで受信しましょうというもので、自宅にあるテレビと同じ、綺麗な映像を受信することができるのです。「フル(全部) セグ(セグメント=分割)」ですね。

 

「ワンセグ」と「フルセグ」のメリット・デメリットはこれだ

それでは、「ワンセグ」と「フルセグ」のメリット・デメリットを比較してみましょう。

 

「ワンセグ」

  • メリット : 移動中の受信に強い
  • デメリット : 解像度が低く、映像が極めて粗い

 

「フルセグ」

  • メリット : 自宅のテレビ並に美しい映像を楽しめる
  • デメリット : 電波状況が悪くなると映らなくなってしまう、バッテリーの消費が激しい、対応機種が多くない

 

このような違いがあります。電車の中など移動中は「ワンセグ」を利用し、自宅で観る、または録画する用途では「フルセグ」を使うのが良さそうですね。

 

以上で、「ワンセグ・フルセグ」の違いを説明してきました。前回の『スマホの設定でよく目にするHDやフルHD何がどう違うの?』と同様に、「フル」と付いているほうが高精細でデータ容量が大きいと思ってよさそうですね。

 

違いを理解した上で使いこなすことで、バランスのとれたスマホライフを楽しみましょう!