通信量が半分に!?通信できる量が実質倍に感じる!格安SIMの強い味方『Opera Max - データマネージャ』

2014年12月18日 12:00 by ホセ
Opera Max - データマネージャ

Opera Max – データマネージャ

『Opera Max – データマネージャ』は、データ通信の管理と削減を行い無駄なデータの圧縮をすることで、データ通信量を削減できるアプリです。

 

データ通信の多いアプリはWi-Fiのみで利用できるように設定ができるため、モバイルデータ通信量の少ない契約や格安SIMなどで通信量をあまり気にせず、使うことができるようになります。

 

いちいち通信量を気にしたくない人、アプリごとにパケット通信か、Wi-Fiかを使い分けたい人におすすめです。

 

まずは設定!

アプリを起動したら、Opera Maxクラウドに接続しますので、そのまま待ちます。時間はおおよそ30秒ぐらいでした。

 

Opera Max - データマネージャ:Opera Maxクラウドへ接続中(左)通信量を節約できるアプリ一覧(右)

Opera Max – データマネージャ:Opera Maxクラウドへ接続中(左)通信量を節約できるアプリ一覧(右)

 

しばらく待つと、データ量の多いアプリを検出し、おおよそどれぐらい節約できるのか教えてくれます。また、アプリの説明が表示されます。

 
データ通信量を節約するために、VPN接続と呼ばれる通信を行います。ここは必ずチェックを付けて有効化しましょう。そうしないと節約ができません。

 

Opera Max - データマネージャ:VPN接続確認画面(左)設定画面(右)

Opera Max – データマネージャ:VPN接続確認画面(左)設定画面(右)

 

メニューボタンから表示できる「設定」では、画像や動画の圧縮を「OFF」「低」「中」「高」から選ぶことができます(初期設定は両方共「高」)。

 

これらが、「高」の状態ではデータをより大きく圧縮するので、それに応じて画質は落ちます。画質をあまり落としたくない場合は、「低」などに変更しましょう。その分、データ節約効果は薄れます。

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード
アプリをダウンロード

 

実際に使ってみよう

試しに本アプリを入れた状態でandronaviのトップページを表示させてみました。通常では10秒ぐらいですが、時間は…なんと4分かかってしまいました。読み込みがどうにも遅くなるようです。

 

Opera Max - データマネージャ:節約した通信量をひと目で確認できる

Opera Max – データマネージャ:節約した通信量をひと目で確認できる

 

どのぐらい節約できたのかなと確認したところ、1.9MB中0.8MB節約できたそうです。おおよそ4割ぐらい削減できているようですね。

 

せっかくなので、動画はどうなのかなと思い、『YouTube』も表示させてみます。しかしながら、データ量の削減はできませんでした。

 

Opera Max - データマネージャ:『YouTube』を再生(左)なんと節約できていない(右)

Opera Max – データマネージャ:『YouTube』を再生(左)なんと節約できていない(右)

 

「Opera Max よくある質問」で確認した所、『YouTube』は3GやLTEでの接続では自動的に低画質動画に切り替えるため。とのことです。

 

それでは、他の動画サイトはどうなのかなと思い、「Gyao!」と「Hulu」で試してみましたが、両方とも海外からの視聴と認識され、そもそも視聴できませんでした。

 

Opera Max - データマネージャ:「Hulu」など一部のサービスは利用できない

Opera Max – データマネージャ:「Hulu」など一部のサービスは利用できない

 

そうです、本アプリがVPN接続で、海外のサーバーを使ってデータを圧縮している関係上、接続元が海外という扱いになるようです。

 

ちなみに、本アプリでのデータ削減は、アプリ上部のスイッチでON/OFFができます。高速通信させたい場合は、ここをOFFにしましょう。

 

Opera Max - データマネージャ:上部のスイッチでON/OFFできる(左)通信制限はチェックを入れるだけ(右)

Opera Max – データマネージャ:上部のスイッチでON/OFFできる(左)通信制限はチェックを入れるだけ(右)

 

ちなみに、動画サイトなどそもそも大容量通信をさせたい場合はWi-Fiのみで通信させることができます。利用履歴から目的のアプリをタップし、モバイルデータ通信を制限にチェックすることで、Wi-Fi専用になります。

 

節約効果は高い!けれども…

実際にアプリを使ってみて、データ利用量についてはインターネット時に効果が高いなと思いましたが、時間が非常に多くかかってしまいます。

 

時間が多くある状態で、データ量を節約したい、または節約目的ではなく、実際に利用したデータ量確認や、アプリごとにWi-Fi専用にするなどの使い方のほうが良さそうです。

 

他にも便利なアプリが揃っています!

<総括>

データ通信の管理と削減を行い無駄な通信やデータの圧縮をすることで、データ通信量を削減できるアプリ。モバイルデータ通信量の少ない契約や格安SIMで通信量をあまり気にせず、使うことができるようになります。アプリによって通信を使い分けたい人におすすめです。

Opera Max - データマネージャ
Opera Software ASA Opera Max - データマネージャ 無料

『Opera Max - データマネージャ』~通信量が半分に!?通信できる量が実質倍に感じる!格安SIMの強い味方~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ