【祝】andronaviは5周年を迎えました。アンディ君型料理を作った~の巻

2015年01月12日 10:30 by 編集部こんどう巨神兵
【祝】andronaviは5周年を迎えました。アンディ君型料理を作った~の巻
3人が作るアンディくんスイーツ!レシピ紹介もあるよ

3人が作るアンディくんスイーツ!レシピ紹介もあるよ

2015年1月7日をもって、andronaviは5周年を迎えました。ご愛顧ありがとうございます!

 

この節目に何か面白いことをやりたいと考えた編集部メンバーは、クッキングスタジオを借りて、「アンディ君」型のお菓子を作ることにしました。

 

その模様は、TwitterFacebookでも実況し、来訪された方には試食を振る舞うという試み。

 

SNSにてその様子をご覧になった方もいらっしゃると思いますが、改めて当日の様子をご紹介します!

 

今回、メインで料理をしたのは、編集部はた、弊社のかわぐち、そして紅一点のぼつたふの3者です。特に男性メンバーの2人は、お菓子作りに大いなる自信を持っているようで、事前準備もばっちり。対抗するぼつたふは不器用で、その結果がとても気になります。

 

左から、編集部はた、ぼつたふ、かわぐちの3者!意気込みはばっちりです!

左から、編集部はた、ぼつたふ、かわぐちの3者!意気込みはばっちりです!

 

はたして、どんなお菓子ができあがるのでしょうか?

 

 

編集部はたの場合

アニメや萌えを得意とするオタク系編集部メンバーのはた。実は企画の発端は彼のお菓子作りが得意という話題からでした。

 

今回作ってもらうのは、炊飯器で手軽に作れるチーズケーキ(アンディ型)。なにやら美味しそうな雰囲気を感じますね。早速料理に取り掛かります。

 

まずは、下ごしらえから。

 

ボールに卵を2つ入れ、そこに砂糖やを生クリームなどを入れてかき混ぜれば下ごしらえOK。「あれ?これで終了なの?」という問いに、「はい。これであとは炊飯器にかけるだけです」とあっさり答えるはた。

 

まずは卵を割ります。片手で楽々と割るはたの姿が神々しい

まずは卵を割ります。片手で楽々と割るはたの姿が神々しい

 

ミキサーでの様子をはこちら。
 

YouTube Preview Image
 

※動画が観られない方はこちら

 

炊飯釜にはそのまま流し込むそうです。あっさりしている。。。。

 

出来上がった生地の素を炊飯器に流し込む

出来上がった生地の素を炊飯器に流し込む

 

あとは、おおよそ60分×2を待つだけです。出来上がりが楽しみですね!

 


かわぐちの場合

炊飯器での出来上がりを待つ間、淡々と料理を進めるかわぐちの様子を見てみることに。かわぐちは、andronaviの担当ではないのですが、本企画を知って自ら参戦表明するほどのお菓子エキスパート。その自信から出来上がりが大変楽しみです。

 

今回作るのは、抹茶饅頭。その発想に期待が高まります。

 

事前に用意した抹茶ペーストを銀紙の小皿に盛ってゆきます。その上からアンコを入れ、そこからまた同じペーストを上から被せます。

淡々と作るかわぐち。手先が器用な一面が伺える

淡々と作るかわぐち。手先が器用な一面が伺える

 

手際の良さに感心していると、かわぐちが席を外している間に、ぼつたふが何やら細工をしています…アカンよそれは…。

 

さりげなく、いたずらをするぼつたふ…アカンよ

さりげなく、いたずらをするぼつたふ…アカンよ

 

そんなことも露知らず。戻ってきたかわぐちは、作った皮を蒸し器に入れています。大まかな作業はこれで終了だとか。ちなみに蒸し器は鉄製だけでなく、焼売などを蒸す木製でも大丈夫とのことです。

 

蒸し器はかわぐちの自前を持参!すごい…

蒸し器はかわぐちの自前を持参!すごい…

 

はたして出来上がりはいかに!?


ぼつたふの場合

andronavi編集部の新メンバー、紅一点のぼつたふ。デザートを作るのは専売特許?!と思いきや、生粋の不器用さと面倒くさがりとハチャメチャ感で、出来上がりがとてつもなく心配です。ちなみに好きな言葉は「不労所得」だとか…Oh。

 

まずは、エプロンを装着。ここで女子力が高い一面を見せてきます。(※これを撮る必要あるのか?)

 

エプロンアピール…。恰好は上出来!

エプロンアピール…。恰好は上出来!

 

最初はとても心配でしたが、そこは女子パワー!不安を感じさせない包丁さばきに、否応にも期待感が高まります。

 

包丁さばきは意外と上手(失礼)

包丁さばきは意外と上手(失礼)

 

今回作るのは、「アンディ君型ロリポップ」。材料のほとんどがお菓子且つ、ほかの2人から拝借した物を使うという荒業。まぁいいんです。結果が良ければ…。

 

余裕を見せているぼつたふは、隙を見て、かわぐちのお菓子に細工をしている始末。すると、どこからともなく「ボンッ!」と破裂する音が聞こえます。

 

電子レンジ内で爆発が起きた…。危険なので必ずラップしてから温めてください

電子レンジ内で爆発が起きた…。危険なので必ずラップしてから温めてください

 

レンジで溶かしていたバターが爆発した音でした!「ラップするのを忘れちゃいました」、とそのせいで大半が天井に張り付いています。溶かす場合は必ずラップをしてください!

 

そうこうするうちに、なんとか形になり、出来上がり間近となりました。ホッと胸を撫で下ろす面々。

 

トッポを差してあとはコーティングすれば完成

トッポを差してあとはコーティングすれば完成

 

さぁ、いよいよお披露目です。

 

炊飯器で作ったチーズケーキ

まずは編集部はた。

 

60分経った炊飯器をオープンします。その様子はこちらをご覧ください。

 
YouTube Preview Image

 
※動画が観られない方はこちら

 

いかがでしたでしょうか?ふっくらと出来上がったチーズケーキ。炊飯器で作ったとは思えない出来上がりに大変満足しました。あとはアンディ君型にデコレーションすれば完成です。

 

湯煎したチョコチューブでデコレーションすれば完成

湯煎したチョコチューブでデコレーションすれば完成

 

お味についても試食タイムで概ね好評でした。柔らかくチーズの芳香が口の中に広がります。手軽にできるのでお家で実践してみてください。

 

蒸し器で作る抹茶饅頭

続いてかわぐち作の抹茶饅頭です。下準備から丁寧な細工までしっかり作り込み、最後は蒸し器にかけました。およそ5分程度待つと出来上がりです。こちらをご覧ください。

 

YouTube Preview Image
 

※動画が観られない方はこちら

 

いかがでしょうか?ほくほくの抹茶饅頭ができました。すぐに手が出そうになるほどの出来上がりに皆感嘆をしています。こちらも同じくデコレーションすれば完成です。

 

こちらも同じく湯煎したチョコチューブとチョコチップでデコレーションして完成

こちらも同じく湯煎したチョコチューブとチョコチップでデコレーションして完成

 

味は抹茶風味の大人の味わい。中のアンコと絶妙なバランスで、コーヒーはもちろんお茶と一緒に食べれば満足度がより高くなるでしょう。あー日本人に生まれてきてよかった。

 

甘さ満点のロリポップ
 

最後にぼつたふのロリポップです。はたやかわぐちのように、炊いたり蒸したりしない辺りが、子どもっぽい手軽な印象です。

 

「ここ動画で撮ってください!」というリクエストに応じ、大詰めとなる、抹茶ペーストを塗りたくるシーンをご覧ください。

 

YouTube Preview Image
 

※動画が観られない方はこちら

 

いかがでしょうか?驚きというか誰にでもできそうな感じがいいですよね。最後に、スタッフが昼食で食べたうどん皿に穴をあけ、トッポをぶっさして完成です。

 

台座は何でもいいらしいです

台座は何でもいいらしいです

 

見事なアンディくん型ロリポップです。つぶらな瞳がキャワワで、一見すると良さそう?早速試食をしてみました。 

 

試食したはたのこの苦々しい顔…

試食したはたのこの苦々しい顔…

 

味はめちゃ甘いです!!砂糖×10くらいの甘さ。なぜこんな甘いのか聞いてみたところ、「砂糖がまぶされたカステラにホワイトチョコをコーティングし、しかもトッポに差したので、甘くなったんだと思います」。

 

…味見しろよ。

 

甘党の方や子どもには合うかもしれません。手軽に作れるので、よかったらお試しください。

 

3つ並べてみた

出来上がりを3つ並べてみました。見事に三者三様のアンディ君です。味も千差万別ですが、基本マズイものはありませんでした。むしろ美味しかったです。

 

出来上がり♪どれを食べてみたいですか?

出来上がり♪どれを食べてみたいですか?

 

レシピを載せておくので、作ってみてください。そして、andronaviも5周年を迎えられたのはひとえに、いつもご覧になってくださっている皆様のおかげです。これからも変わらず遊びにいらしてくださいね。

 

これまでの周年企画も振り返ろう!

※4周年は企画していません。

 

 

レシピ1:炊飯で作るチーズケーキ

材料

・クリームチーズ:200g
・砂糖:60g
・生クリーム:200cc
・たまご:2個
・薄力粉:25g
・レモン汁:大さじ1

下準備
・クリームチーズを常温に戻します。
急ぐ場合はレンチン目安は指で押して柔らかくなるくらい

作り方
1.ボールに材料を入れて生地を混ぜます。
フープロやミキサーで混ぜてもOK

2.炊飯器の釜に生地を入れて空気抜きをします。

3.炊飯ボタンを押します。

4.炊けたら竹串や箸などで挿して生地が付かなければOK
生地付いたらもう一度炊飯。だいたい2回で焼けます。

5.焼けたらお皿に取り出して完成
※冷蔵庫で半日くらい冷やすと締まって美味しくなります。

 

 

 

レシピ2:蒸し器で作る簡単HKMを使った抹茶饅頭4個分

材料

・ホットケーキミックス 50G
・たまご 1個
・抹茶粉 小さじ1程度(濃さはお好きに)
・牛乳 大さじ1程度(固さに応じてお好きに)
・あんこ(こしあん) 3cm角 ※4個 (甘さに応じてお好きに)

作り方
1.ホットケーキミックス、たまご、抹茶粉をよく混ぜる

2.牛乳を加えて混ぜる

3.アルミカップに混ぜたものを入れる

4.あんこをのせる

5.再度混ぜたものをかぶせる

6.蒸し器で、中火で5分程度蒸す。 

 

 

レシピ3:トッポで作るロリポップ

材料(10本分)
・鈴カステラ         :10個
・ポッキー(棒状のお菓子):10本
・ホワイトチョコレート    :2枚
・抹茶粉          :適宜
・チョコペン(白)       :適宜

・発泡スチロール

作り方
1.刻んだチョコを湯せんにかけて溶かす

2.抹茶を少しずつ入れてよく混ぜる

3.チョコペンを湯せんにかけて溶かす

4.鈴カステラは出っ張っている部分を包丁でカットし、丸くする

5.鈴カステラに、貫通しないくらいにポッキーで穴をあける

6.チョコをポッキーの先に少しつけてから、鈴カステラに刺す

7.発泡スチロールに箸などで穴をあける
穴の大きさは、後でチョコを乾かすため、ポッキーの太さぎりぎりくらいで

8.お湯から出して、溶かしたチョコをコーティングする
※チョコがちゃんと溶けていると塗りやすい
※たっぷりつけると丸くなるが、もちろん甘さは増す

9.表面が乾いたら、チョコペンでアンディ君の目と口を書く

10.コーティング用のチョコが少し硬くなったらアンディ君の角を書いて完成