「VAIO Phone」!その実力を検証~使用感・スペック編~

2015年04月04日 10:00 by 君国 泰将
「VAIO Phone」!その実力を検証~使用感・スペック編~
「VAIO Phone」!その実力を検証~使用感・スペック編~

「VAIO Phone」!その実力を検証~使用感・スペック編~

前回は、「VAIO Phone」の外観やデザインを中心に紹介しました。

 

今回は使用感やスペックをお伝えしたいと思います。

 

 

デザインや外観についてはこちらの記事をチェック

 

「VAIO Phone」のセットアップと各種設定をチェック

「VAIO Phone」の電源ボタンを押して起動すると、最初にandroidロゴのあと画面中央にVAIOロゴが浮かび上がって、あぁ、ここにはちゃんとVAIOロゴが入ってる!とちょっぴり嬉しくなります。

 

初期セットアップはウィザードにしたがって、言語設定、Wi-Fi設定、Googleアカウント設定、アプリとデータ取得の有無、とすすめればセットアップ完了です。

 

ホーム画面(左)壁紙設定画面(右)

ホーム画面(左)壁紙設定画面(右)

 

ディスプレイサイズは、5インチありながらも解像度が1280×720というのは最近の大画面のスマートフォンからすると少ないなと思いながらも、最近はアイコンが巨大化していたりとホーム画面は4×4グリッドというところも一緒なので、操作していての違和感は特にありません。

 

壁紙は、新生VAIOと なってVAIOノートの壁紙に設定されているブラックを基調とした流れる3本のラインとVAIOロゴが配置されたものが採用されていますが、残念なのはこれ1枚し か用意されてないという事です。できるならライブ壁紙で白いラインが変化していくくらいの演出は欲しいところですね。

 

ドロワー(アプリ一覧)も4×5グリッドと、このあたりも「Xperia Z」シリーズと同じ配列数で、本当にスッキリサッパリな素Lollipop(Android 5.0)です。一切の余計なアプリが入っていません。唯一「ファイルマネージャー」がインストールされているくらいです。

 

ドロワー画面

ドロワー画面

 

「端末情報」を確認。Android OSのバージョンはAndroid 5.0.2(Lollipop)で、規制情報をみると、当然ながら日本の技適認証マークが確認できます。

 

端末情報画面(左)技適マークもある(右)

端末情報画面(左)技適マークもある(右)

 

ストレージ(ROM)は、総容量16GBのうち、機器として見える容量は11.15GBで、初期段階で利用できる空き容量は9.476GB。メモリー(RAM)は、2GBのうち、初期設定明けの素の状態で、システムRAM250MB、アプリ197MB使用状態で、空きRAM1.4GBと表記されています。

 

ストレージ容量

ストレージ容量

 

ディスプレイや音、カメラをチェック

ディスプレイは5インチの解像度が1280×720(320dpi)なので、当然の事ながら、ソニーのフラッグシップモデル「Xperia Z3」と比べると精細感や発色の良さも多少は劣ります。

 

しかし、IPS液晶パネルを採用しているだけあって視野角も広く、一般に写真や動画 を閲覧するにも許容できます。

 

IPS液晶パネル搭載のディスプレイ

IPS液晶パネル搭載のディスプレイ

 

ディスプレイ設定には、特に静止画や動画に関するカスタマイズ設定などはありません。音声も、高音質化するアプリケーションや設定項目もないようです。

 

画面設定(左)音量設定(右)

画面設定(左)音量設定(右)

 

音声を再生してみると、目一杯ボリュームを上げると背面にあるモノラルスピーカーでも大きめの音で再生してくれるので音量不足はなくしっかりと再生してくれます。ただし、フラッ トな背面にスピーカーがあるために、テーブルにペタっとくっつけて置いてしまうとスピーカーを塞いでしまって音が聞こえなくなるので注意が必要です。

 

モノラルスピーカーでも大きめの音で再生してくれる

モノラルスピーカーでも大きめの音で再生してくれる

 

背面の13メガピクセルCMOSカメラで、撮影テストをしてみたところ、思っていたよりもなかなか良く撮れます。AFもそこそこ早く、かなり近づいての撮影もできて、ピントもタップで好みの箇所 に合わせて撮影ができます。

 

正面に5メガピクセルCMOSカメラは友達と一緒に自撮りしても背景もしっかりと映り込むくらいにはワイドで使いやすくなっています。

 

カメラ機能

カメラ機能

 

撮影設定も細かく、コントラスト、露出、シャープネス、測光と好みで設定をいじれたり、HDR機能もあったり、感度はISO800まで手動で設定可能です。他にも、シーンセレクションや顔検出、ホワイトバランスをオートから手動設定、タイマー設定、フィルターをかける機能もあります。

 

カメラ機能

カメラ機能

 

「VAIO Phone」のスペックを確認

プロセッサーは、Qualcomm Snapdragon 410(MSM8916)で、1.2GHz クアッドコア(GPU Adreno 306)、内蔵メモリ2GBのRAMを搭載しています。「Antutu」ベンチマークテストアプリをみるとスコアは「21030」と、ASUS ZenFone 5とほぼ同等のスコアでした。

 

ベンチマークテスト結果

ベンチマークテスト結果

 

ちなみに、国内のソニーモバイルコミュニケーションズから発売される「Xperia J1 Compact」のスペックは、プロセッサーにQualcomm Snapdragon 800(MSM8974) 2.2GHz クアッドコア(GPU Adreno 330)内蔵メモリーは2GBとなっています。

 

Xperia J1 Compact」は、去年発売された「Xperia A2」と同じスペックです。ちょうど「Xperia A2」が手元にあったので同じように「Antutu」ベンチマークテストアプリを走らせたところ、スコアは「41741」と、さすがに動作周波数が約2倍ある事もあってスコアにも差がでました。

 

「Xperia A2」のベンチマークテスト結果

「Xperia A2」のベンチマークテスト結果

 

これは、あくまでもベンチマークアプリのスコアとしての比較なので、そのまま性能の差という事ではありません。あくまでも参考値という事で。実際、「VAIO Phone」を触っても快適にサクサク動いていますし、一般的なアプリをひと通り使ってみてもひっかかる動作もなく全く問題なく動作しています。

 

「VAIO Phone」(左)と「Xperia A2」(右)

「VAIO Phone」(左)と「Xperia A2」(右)

 

「VAIO Phone」の電波の掴み具合を近所で調査

「VAIO Phone」は FOMAプラスエリアで通信ができても通話できないかも?という噂もあったりしたので一応分かる範囲で調べてみました。まず、「VAIO Phone」の通信規格は以下のとおりです。

 

  • GSM : Quad band (850/900/1800/1900 )
  • WCDMA : Band 1( 2100 MHz )/ Band 19 ( 800 MHz )
  • LTE : Band 1( 2100 MHz )/ Band 3 (1800 MHz)/ Band 19 (800MHz )

 

「VAIO Phone」を外に持ち出すにしても、せっかくなら比較としてわかりやすいように、グローバルモデルの「Xperia Z3 Compact(D5803)」もお供に連れて行くことにしました。「Xperia Z3 Compact(D5803)」は、グローバルモデルながらも日本の技適を通過している機種で、しかしながら国内で使える主要なバンドが 1(2.1GHz)、3(1.8GHz)、8(900MHz)だけしかありません。

 

「VAIO Phone」と「Xperia Z3 Compact(D5803)」

「VAIO Phone」と「Xperia Z3 Compact(D5803)」

 

docomo SIMを差しこんだ場合だと 1(2.1GHz)と3(1.8GHz)しか掴まないので、FOMAプラスエリア(Band 19)に非対応のため、電波エリアがよりわかりやすいかと。

 

docomoのサービスエリアを確認してみると、FOMAプラスエリアが近くにあったので、車を走らせて赤い矢印の場所でテストしてみました。さすがサービスエリアMAPはとても正しくて、FOMAプラスエリアに入ったとたんに、「Xperia Z3 Compact(D5803)」は圏外になってしまいました。

 

近隣のdocomoのサービスエリア

近隣のdocomoのサービスエリア

 

車から降りて、『Speedtest.net』アプリで実測値を計算してみると、「VAIO Phone」はFOMAプラスエリアで電波を掴んでいるのはもちろん、ある一定のスピードでデータのやりとりをしている事も確認しました。

 

『Speedtest.net』で通信速度を調べる

『Speedtest.net』で通信速度を調べる

 

モバイルデータ通信は出来たものの、もしかすると通話出来ない可能性があるかも?という不安がよぎりながらも電話をかけてみたところ、普通に発信・着信も通話もできました。

 

通話も問題なくできた

通話も問題なくできた

 

あくまでもFOMAプラスエリアの一箇所で実験をしてみただけなので、日本全国のいろんな場所ではいろいろと条件が違う可能性もあるとは思いますが、ひとまずはFOMAプラスエリアを含むドコモの通信エリアで使えると思って良さそうです。

 

ちなみに通信速度に関しては、場所や接続時間帯にもよるものの、そこそこ高速な時もあれば、遅くなる時もあるようです。

 

通信速度の結果

通信速度の結果

 

トータルの性能からすると、どうしても「ASUS ZenFone 5」と価格が比較されてしまうのも仕方ないところで、せっかくのVAIOブランドであるなら、もっと持ちたいと思わせる外観デザインだとか、「VAIO Phone」を使っているぞと思わせてくれる演出(壁紙や独自のアプリでの魅せ方やカスタマイズ)があっても良かったかなと思います。

 

それでも、本体を分割料金にして通信プランと組み合わせて考えると、確かにリーズナブルなスマートフォンには違いなく、そこにVAIOというブランドが加わっているので、MVNO端末の一つの選択しとして「VAIO Phone」があってもいいんじゃないかなと思います。

 

個人的には、VAIOロゴでご飯三杯いけるほうなので、これから先の展開(例えばWindows Phoneの登場)にも期待しつつ、使っていこうと思います。

 

「VAIO Phone」のデザインや外観についてはこちらの記事をチェック

 

格安スマホをチェックしよう