馬の躍動感に感動する春。競馬場に行かずにスマホで過ごす競馬ライフ

2015年04月17日 07:45 by エビス・セイキ
馬の躍動感に感動する春。競馬場に行かずにスマホで過ごす競馬ライフ
スマホで過ごす競馬ライフ

スマホで過ごす競馬ライフ

春のG1シリーズが始まり、競馬の盛り上がるシーズンに入りました!私、競馬ファンのすべりんも、テンションが上がっております。

 

競馬といえば、競馬新聞を買って、競馬場もしくは場外馬券場に行って馬券を買う、という面倒な工程を重ねるイメージがある人、ちょと待ってちょと待って!

 

実はスマホさえあれば、そんな手間がなくなります。どこにいても手軽に一攫千金が目指せるようになっているんです。そこで、スマホを駆使した私の1週間の競馬ライフをお見せします。

 

【月曜】レースの振り返り

日曜に行われたレースを振り返るところから、私の1週間が始まります。

 

毎日通勤時に欠かさずチェックしているのは、「予想王TV@SANSPO.COM」の「中央競馬ニュース」。サンケイスポーツの競馬欄の記事が読めるサイトです。もともとサンスポ愛読者だった僕にとって、貴重な情報源のひとつです。

 

アプリもあるようですが、僕はめっきりブラウザで読んでいます。

 

毎日通勤時に欠かさずチェックしている「予想王TV@SANSPO.COM」の「中央競馬ニュース」。ブックマークどころかタブを開きっぱなしで閲覧(左)競馬だけでなく、競艇、競輪情報もある(右)

毎日通勤時に欠かさずチェックしている「予想王TV@SANSPO.COM」の「中央競馬ニュース」。ブックマークどころかタブを開きっぱなしで閲覧(左)競馬だけでなく、競艇、競輪情報もある(右)

 

ほかには、RSSに入れている競馬のニュースサイトと、元・騎手“アンカツ”こと安藤勝己さんのツイートをチェックしています。重賞レースの総括やユーザからの質問に答えていて、かなり参考になります。

 

RSSリーダーからもニュースをチェック。アプリは『Press』を使用(左)『Janetter』でアンカツさんのツイートだけを見られるように設定している(右)

RSSリーダーからもニュースをチェック。アプリは『Press』を使用(左)『Janetter』でアンカツさんのツイートだけを見られるように設定している(右)

 

【火曜】「dマガジン」で競馬専門誌を見る

雑誌読み放題サービス『dマガジン』も重要なツールのひとつ。一日遅れて競馬専門誌「ギャロップ」が配信されています。全ページではないにせよ、ほとんどの記事を見ることができ、出馬表の確認や現時点でのトラックマン(記者)の印をチェックできます。

 

有力馬の現段階の馬体やレースのデータなどの情報も確認できます。

 

「dマガジン」の数ある雑誌のなかに「ギャロップ」がある(左)週の序盤から印付きの出馬表が見られるのはうれしい(右)

「dマガジン」の数ある雑誌のなかに「ギャロップ」がある(左)週の序盤から印付きの出馬表が見られるのはうれしい(右)

 

1冊720円の雑誌を、月額420円(税抜)で毎週読めると思うと、かなりお得ですよね!その浮いた分、馬券が買えるってもんです(←中毒か)。

 

【水曜】過去のレース映像を見る

いつも通り、「予想王TV」で情報をチェックしていたのですが、せっかくこの記事を書くんだから、何かいい競馬アプリがないか探してみたところ、運命の出会いが待ち受けていました。

 

それが『JRA-VAN』。競馬の予想に役立つ情報を提供するJRAのサービス・アプリです。競馬好きの方なら、使っている人もいるでしょう。私もその存在は知っていたものの、有料なので、スルーしていました。

 

最初の1ヶ月は無料で全機能が使えるとあって、気軽な気持ちで試してみました。現状「Google Play」でのダウンロードができなかったので、apkファイルをダウンロードしました。

 

すると、これがかなり便利。後述するiPat(即Pat)との連携もスムーズで手放せなくなってしまったのです。最初はメールアドレスの登録だけで完了。その後は、決済方法を決めるだけのようで、そこまで面倒なこともなさそうです。

 

『JRA-VAN』のTOPページ(左)さまざまなメニューが用意されている(右)

『JRA-VAN』のTOPページ(左)さまざまなメニューが用意されている(右)

 

ちなみに、桜花賞は若き牝馬(メス)同士が走るレース。その本命が、牝馬ながら牡馬(オス)相手に圧勝を続ける“無敗の怪物”ルージュバック。

 

この馬の過去のレース映像を改めて振り返ります。強さに感嘆しつつ、その他の有力馬のレースもチェック。自分が桜花賞に騎乗する騎手の如く食い入るようにレースを見つめます。過去のレース映像はJRAのHPでも見られるので、そちらをチェックしてもいいでしょう。

 

『JRA-VAN』のレース結果画面。ビデオアイコンをタップすれば見られる(左)JRAのHPページでも映像が見られる(右)

『JRA-VAN』のレース結果画面。ビデオアイコンをタップすれば見られる(左)JRAのHPページでも映像が見られる(右)

 

【木曜】追い切り映像をチェック

水・木は競走馬の追い切り日。レースに向けて、万全の体制で臨めるよう、調教を行います。ここの動きは、予想をするうえでも重要なファクター。

 

『JRA-VAN』では木曜に追い切りの映像が配信されます。これはうれしい!早速、全馬の走りをチェックします。

 

キャプション:『JRA-VAN』の「調教動画」画面。ビデオアイコンをタップ(左)追い切り映像が再生された(右)

キャプション:『JRA-VAN』の「調教動画」画面。ビデオアイコンをタップ(左)追い切り映像が再生された(右)

 

追い切り映像は『JRA-VAN』の動画コース(月額540円)でしか見られませんが、これまでの私のように「予想王TV」や専門サイトから文字で追い切り情報を得たり、前述のJRAのHPを駆使すれば、お金を使わずとも十分に“予習”できますよ。

 

そして、登録している競馬サイト「UMAJIN」のメルマガで「桜花賞」の枠順確定の情報が届きました。G1の場合、木曜に確定します。

 

「UMAJIN.net」のメルマガ(左)『JRA-VAN』の出馬表画面(右)

「UMAJIN.net」のメルマガ(左)『JRA-VAN』の出馬表画面(右)

 

さあ、日曜の桜花賞に向け、気運が高まってきました。

 

【金曜】全レースの枠順が確定!

金曜になれば、土日に行われる全レースの枠順が確定します。この週は中山、阪神、福島の3つの競馬場でレースが開催。各日36、土日で72あります。僕はすべてのレースで馬券を買わないので、ガッツリ見ませんが、これらをすべて予想しようと思うと、金曜の段階からしっかりと検討しておくのが賢明です。

 

もう、この時点で土日になったも当然。なんせ、競馬は予想しているときが一番楽しいんですから!

 

【土・日曜】IPatで競馬三昧

楽しい週末がやってきました! 馬券の購入は、IPatから行えます。JRA指定の銀行口座を持っていれば、すぐに加入できます。ちょっとした情報を入力し、インターネットバンキングにログインするだけなので、そこまで手間もかかりません。

 

「IPat」は、銀行の口座から出金して馬券を購入するシステム。画面も見やすく、直感的な操作で使いやすいです。

 

「IPat」のTOP画面(左)「IPat」の購入画面。セットを押して買い目を確定(右)

「IPat」のTOP画面(左)「IPat」の購入画面。セットを押して買い目を確定(右)

 

前述の『JRA-VAN』を競馬新聞代わりに利用。本アプリから「iPat」へ買い目を送信して馬券を購入できます。

 

「投票」を押せば「IPat」での購入完了(左)『JRA-VAN』画面。買い目を決めて「IPat」に情報を送信(右)

「投票」を押せば「IPat」での購入完了(左)『JRA-VAN』画面。買い目を決めて「IPat」に情報を送信(右)

 

『JRA-VAN』を導入する前は、競馬サイト「netkeiba」のPC版で出馬表を見ていました。なぜならスマホ版では有料会員の登録が必要だったからです。ただ、スマホではオッズ(倍率)はチェックできたので、その情報だけあれば良いという人なら十分活用できるかと思います。

 

さて、いよいよ桜花賞の発走時間になりました。外出中だった私は、ワンセグを使おうとしましたが、「INFOBAR A03」はケーブルを繋がないと見られません。うっかり忘れてしまった…。うーん困った…。

 

ここでも『JRA-VAN』が大活躍。レース終了からわずか3分後に見られるということで、早速追っかけで観戦。結果は惨敗。大本命のルージュバックは馬群に沈み、5番人気のレッツゴードンキがスイスイと逃げ切りました。あぁ。

 

JRAのHPでも、レース終了から約20分後にアップされます。3月28日からは重賞以外の全レースが視聴できるようになり、より便利になっています。ありがたい!

 

『JRA-VAN』の画面(左)JRAのHP画面。レース後、スクショをとるのをうっかりし、翌朝にパチリ(右)

『JRA-VAN』の画面(左)JRAのHP画面。レース後、スクショをとるのをうっかりし、翌朝にパチリ(右)

 

ただ、JRAのHPの配信が遅すぎる、待てない!という方は『Twitter』を使いましょう。G1レースのときはだいたい「トレンド」にあがっているので探しやすいですし、競馬好きの人をフォローしておけば誰かがつぶやいてくれています。

 

これで、私のスマホを使った1週間の競馬ライフは終了。andronaviのおかげで、『JRA-VAN』というアプリに出会ってしまった私。これで毎月540円を支払うはめになりそうですし、競馬にもっと時間を使うことになりそうです…どうしてくれる!

 

もちろん、私みたいに、ここまで時間やお金をかける必要はありません。無料で仕入れられる情報でも、十分に楽しめます。

 

スマホで馬券を買えるようになってからは、すごく便利になりました。ギリギリまで買い目を検討できますし、馬券購入機の行列でイライラすることもなくなりました。

 

といっても、生で見る競走馬やレースは迫力満点。競馬場は、みなさんが思っている以上に広くてきれいです。スマホを通して、競馬にハマったなら、いつかは生で見ていただきたい。

 

馬券は100円から購入できます。馬名で決めるもよし、誕生日で買うもよし、あなたなりの買い方で競馬を楽しんでください!

 

オモシロ特集をチェック

 

今や競馬予想もロボットの時代!

ウマニティが誇る高性能競馬予想ソフト『スゴウマROBOT Z(ゼット)』