編集部がプロに挑戦!スマホでできる全国麻雀選手権が今熱い!

2015年04月17日 12:00 by 編集部こんどう巨神兵
編集部がプロに挑戦!スマホでできる全国麻雀選手権が今熱い!
全国麻雀選手権

全国麻雀選手権

2013年から始まった「全国麻雀選手権」。今年で3回目を迎える本選手権は、PCや「iPhone」はもちろん、Androidスマホでも参加が可能になりました。

 

オンライン麻雀「Maru-Jan」は、運営11周年を迎え、会員80万人を超える老舗の麻雀ゲームです。

 

6月30日まで開催される「第3回全国麻雀選手権」は、賞金総額1,000万円を超える、参加費無料の史上最大の麻雀競技会。今回、この予選挑戦会にandronavi編集部員がチャレンジ!実際の女流プロとの戦いの様子をご覧ください。※予選は終了しました。

 

『オンライン麻雀 Maru-Jan』についてはこちらをチェック!

 

今回、対決した女流プロのお三方はこちら。

 

・日向 藍子氏

最高位戦日本プロ麻雀協会所属/第10回日本オープン 4位

ブログ:ひなたんの脱☆チキン宣言

 

・内間 祐海氏

最高位戦日本プロ麻雀協会所属/女流Aリーグ

ブログ:内間祐海のねこといっしょ。

 

・野添 ゆかり氏

最高位戦日本プロ麻雀協会所属/女流Aリーグ

ブログ:野添ゆかりのブログ

 

対決前、右から反時計回りで内間氏、野添氏、日向氏、そして編集部スタッフのモリ

対決前、右から反時計回りで内間氏、野添氏、日向氏、そして編集部スタッフのモリ

 

それぞれ第一線で活躍する女流プロ。戦いに挑むのは麻雀大好き、編集部スタッフのモリです。

 

雀卓のように四方になりいざスタート。

 

テーブルの上で、簡単にプレイできる

テーブルの上で、簡単にプレイできる

 

とはいえ、牌のジャラジャラ音が少なく、とても落ち着いています。雀荘の雰囲気とも違うのが、麻雀ゲームの面白いところです。

 

さて、出だしは好調な編集部スタッフのモリ。

 

出だしは好調

出だしは好調

 

しかし、半分が過ぎると、女流プロたちの攻めに耐え切れず、どんどん点棒が減ってゆきます。いつしか、盛り上がる女流プロたちとは対照的に無口に…。

 

徐々に無口になってゆく

徐々に無口になってゆく

 

そして、最終的には…!

 

さぁ、結果は…

さぁ、結果は…

 

1位は野添 ゆかり氏、2位は内間 祐海氏、3位は日向 藍子氏、我らが編集部スタッフモリは…最下位でした…。

 

社内1を誇る腕前でも、プロには敵いませんでした。流石プロ!

 

実際に牌を触るのとゲームでプレイするのには、違いがあるのか聞いてみたところ、「特に違いはない」ということでした。

 

逆に、雀荘に行きづらい方や、他人が触った牌に苦手意識がある方は、アプリであれば安心でしょう。これから始めてみたい麻雀初心者から、もっと腕を磨きたい中級者や上級者まで幅広いプレイヤーにおすすめです。

 

半身浴しながら東風戦をやるとちょうどいいですよ」と日向氏のアドバイス。テレビを見ながらや通勤中、隙間時間などにプレイできるため、ライフスタイル合わせて遊べるのがいいですね。

 

まずは、賞金総額1,000万円(優勝賞金は500万円)の「第3回全国麻雀選手権」に一緒に参加してみませんか?アプリをダウンロードして、挑戦するだけですよ。※予選は終了しました。

 

全国麻雀選手権

 

 

今なら、ファミリーマートやAmazonで手に入るガイドブック「ネットで強くなる麻雀」を購入すれば、『Maru-Jan』で利用できる1,000円分のクーポンも手に入ります。

 

勉強しながら一緒に楽しみましょう。