道に迷った時も、山に登る際にも使える!用途に応じて利用できる地図アプリ『地図ロイド』

2015年04月22日 07:00 by 松本 光範
地図ロイド

地図ロイド

『地図ロイド』は、国土地理院の地形図などの地図データを閲覧できるアプリです。

 

馴染みのある『Googleマップ』や『Yahoo!地図』を利用できるほか、場所の高低差やルート案内など、地図を活用した機能も充実しています。

 

特に地図のキャッシュデータをSDカードに保存できるため、電波がない場所でも使うことができるのが魅力です。

 

電波が届きにくい登山をはじめ、アウトドアをする人にとってはおすすめのアプリといえるでしょう。

 

利用できる5種類の地図を活用しよう

本アプリで利用できるのは大きく「地理院地図」、『Yahoo!地図』、『Googleマップ』、『マピオン地図』、「カスタム地図」の5種類。

 

基本、いつも使い慣れているアプリの使用感はそのままなので、好みの地図を使いましょう。『Yahoo!地図』は地下街マップへの切り替えモードも採用しています。

 

地図ロイド:『Googleマップ』(左)や『Yahoo!地図』(右)の表示が可能

地図ロイド:『Googleマップ』(左)や『Yahoo!地図』(右)の表示が可能

 

「地理院地図」は等高線による場所の高低差など、より専門的な地図になります。「カスタム地図」はカシミール3Dというソフトを利用し、パソコンで作成した地図を使用するモードになるので、必要な人以外は使用する頻度は少ないでしょう。

 

地図ロイド:等高線が表示された地図(左)画面上には緯度や経度の他、日本地図上の位置も表示できる(右)

地図ロイド:等高線が表示された地図(左)画面上には緯度や経度の他、日本地図上の位置も表示できる(右)

 

また、このアプリは『山旅ロガー』とも連動しています。データを読み込ませることで、ルート検索や現在地などが分かるようになるので、登山やハイキングなどをする人や『山旅ロガー』を利用している人にぜひ活用してもらいたい機能です。

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

アプリをダウンロード

 

豊富な機能を活用しよう

メニューでは、ルート作成や現在地の詳細な情報を調べるモードもあり。地名検索では住所だけでなく、山名や施設名、郵便番号、音声検索にも対応しています。

 

地図ロイド:メニュー画面(左)場所の詳細情報(右)

地図ロイド:メニュー画面(左)場所の詳細情報(右)

 

特にブックマークでは、別途『NaviCon』アプリを使用することで、目的地をカーナビへ転送することも可能。カーナビの使い方がわからなくても、このモードからドライバーをサポートできそうですね。

 

地図ロイド:ルート作成(左)ブックマーク機能(右)

地図ロイド:ルート作成(左)ブックマーク機能(右)

 

また、スタート時に代表的なモードがトップ画面に表示されていますが、各モードはメニュータップ時と同じです。各モードを長押しすることで、トップ画面に表示(緑色)させるかさせないかをカスタマイズできます。

 

他にも便利なアプリが揃っています!

 

<総括>

単純な地図アプリかと思っていたら、想像以上にできることが多いので驚きました。最初の紹介にも書きましたが、最近流行りの登山などで有効に使えそうです。特に電波がなくても使えるのは大きなメリットですね。

地図ロイド
KMI Software 地図ロイド 無料

『地図ロイド』~道に迷った時も、山に登る際にも使える!用途に応じて利用できる地図アプリ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ