高級感あふれる質感の「Galaxy S6 edge SC-04G」を試してみた!~デュアルエッジスクリーンは何ができるの?~

2015年05月08日 07:00 by ホセ
高級感あふれる質感の「Galaxy S6 edge SC-04G」を試してみた!~デュアルエッジスクリーンは何ができるの?~
高級感あふれる質感の「Galaxy S6 edge SC-04G」を試してみた!

高級感あふれる質感の「Galaxy S6 edge SC-04G」を試してみた!

夏モデルの先駆けとなった「Galaxy S6 edge SC-04G」はデュアルエッジスクリーンで何ができるのかを中心にいろいろ試してみました。

 

この春~夏にかけて最強のスペックを持つ「Galaxy S6 edge」。海外でもとても評判が高い本モデルですが、国内でも2015年4月23日よりドコモとKDDI(au)で販売が始まっています。

 

Androidスマホでもフラッグシップモデルを相次いで投入するサムスンの最新モデル、今回はドコモ版の「Galaxy S6 edge SC-04G」を実際に試す機会を得られました。本記事ではデュアルエッジスクリーンを中心にレビューしてみたいと思います。

 

 

「Galaxy S6 edge SC-04G」をチェック!

 

本体の質感はどうなの?

まずは外観からレビューしてみましょう。本体はアルミベースとなっていて、側面もアルミ削りだし加工が施されています。そのため、大変シャープな印象を受けました。

 

また、背面はクリアガラスとなっていて、光の角度により雰囲気がかわるのが印象的です。これは、角度によって色みが変わる光学フィルムを貼っているためだそうですが、やや指紋がつきやすいかなという印象も受けました。

 

角度により見えやすさがかわる背面パネルはやや指紋が気になる

角度により見えやすさがかわる背面パネルはやや指紋が気になる

 

最大の特徴となるディスプレイ面は、最新の強化ガラス「Gorilla Glass 4」を採用しています。防汚コーティングの効果で、指紋がほぼ付かないのはびっくりしました。これならば、いちいちディスプレイを拭き上げる必要は無さそうですね。

 

また、持ってみた印象は「軽い!」と感じました。5.1インチディスプレイを採用した「Galaxy S6 edge」は、ディスプレイの大きさからファブレット(大型スマホ)にも該当しますが、重さは普通のスマホなみ、持ちやすさは他の5インチスマホよりも圧倒的に持ちやすいです。軽くて持ちやすい、これは毎日持ち歩くスマホではとっても大事ですね!

 

手に持った感触は「軽くて持ちやすい」。左右がわん曲しているため、他の5インチスマホよりも圧倒的に持ちやすく感じた

手に持った感触は「軽くて持ちやすい」。左右がわん曲しているため、他の5インチスマホよりも圧倒的に持ちやすく感じた

 

ちなみに、「Galaxy S5」や「Galaxy S5 Active」では防水モデルでしたが、「Galaxy S6 edge」及び「Galaxy S6」は防水ではないので注意が必要です。その分、高級感あふれる質感に振っているということですね。

 

本体上部。マイクやSIMトレーのほか、赤外線ポート(リモコンのみ)があります。

 

本体上部

本体上部

 

本体底面。イヤホンジャック、充電/通信microUSBスロット、スピーカーがあります。

 

本体底面

本体底面

 

本体右側面。ロックキーがあります。右手で持ってみると、ちょうど親指で押しやすい場所にありました。

 

本体右側面

本体右側面

 

本体左側面。こちらにはボリュームキーがあります。右手で持ってみると、人差し指で操作しやすかったです。

 

本体左側面

本体左側面

 

ホームボタンはとてもシンプルに作られています。ホームボタンが物理ボタンとなっているスマホは減ってきたので、貴重なモデルだと思います。

 

ホームボタンは物理キー

ホームボタンは物理キー


進化した指紋センサー

「Galaxy S6 edge」は前モデルと同じように指紋センサーを搭載しています。本体のロック解除などに利用できるのですが、前モデルまでは指をスライドさせて認識させるセンサーでした。

 

これも今回のモデルより進化していて、タッチで指紋を認識させるタイプになっています。これにより、片手操作でのロック解除がよりしやすくなりました。

 

指紋の登録も、何回かセンサーにタッチさせることで、認識率を高める仕組みを採用しています。

 

指紋を登録させるには何回かタッチして精度を高める方式です

指紋を登録させるには何回かタッチして精度を高める方式です

 

タッチ式指紋センサーは、「iPhone 5s」以降のiPhoneでも採用されていて、手元にあった「iPhone 6 Plus」と比較してみましたが、指紋認識や速度の面で「Galaxy S6 edge」のほうが高速だと感じました。

 

ホームボタンの左右タッチパネルエリアは普段消灯していてシンプルなたたずまいになっていました。

 

左右タッチパネルエリアは普段は消灯

左右タッチパネルエリアは普段は消灯

 

ちなみに、指紋センサー兼ホームボタンの左右はタッチパネルになっていて、それぞれ「タスク」と「戻るキー」となっています。

 

指紋センサー兼ホームボタンの左右はタッチパネルになっている

指紋センサー兼ホームボタンの左右はタッチパネルになっている


デュアルエッジスクリーンはどうなの

本モデルの最大の特徴なのが、左右に曲がったディスプレイ「デュアルエッジスクリーン」です。このモデルの1世代前にあたる「Galaxy Note edge」では、ディスプレイの片方がエッジスクリーンとしてわん曲していましたが、今回は両側がわん曲しています。

 

それにより、右利き、左利き問わず、エッジスクリーンの恩恵を受けられると感じました。

 

縦画面で使う分には左右ギリギリまでディスプレイという感じで違和感なく使える

縦画面で使う分には左右ギリギリまでディスプレイという感じで違和感なく使える

 

なお、本モデルでandronaviホームページを表示させてみたところ、横画面表示では上となるエッジ部分に通知エリアが固定されていて、ページをスクロールさせても通知エリアはそのまま残る仕様となっています。

 

そのため、Webを楽しんでいる最中でも現在の時間や、バッテリー残量を常に確認できるのは良いですね。

 

また縦表示で細かい字を表示させてみましたが、エッジスクリーン部分まで字がいかないように工夫されているので、見難くなってしまうことはありませんでした。逆に、デュアルエッジスクリーンのおかげで左右に関してはフレームレスのような感覚で持つことができ、没入感も大いにありました。

 

横画面表示にすると通知エリアがエッジスクリーン上に常時表示となり、ウェブサイトの表示を邪魔することなく各種通知を確認できる

横画面表示にすると通知エリアがエッジスクリーン上に常時表示となり、ウェブサイトの表示を邪魔することなく各種通知を確認できる

 

デュアルエッジスクリーンでできることは、大きく言うと「通知」です。その「通知」ですが、デュアルエッジスクリーンの特徴を大きく活かしているもののひとつとなります。

 

最大12時間の間、「ナイトクロック」として時計を表示できる機能。輝度こそ極めて低いので、昼間はほぼ何も見えないですが、夜間に「ちょっと時間を知りたいな」という時にはとっても便利です。

 

実際に「ナイトクロック」を寝る時間に設定してみたところ、夜中に起きた際「いま何時かな」とすぐにわかる上、他のスマホのようにロック解除して眩しい思いをすることもありませんでした。

 

少しわかりにくいですが、現在の日付と時間を表示してくれる「ナイトクロック」が作動している

少しわかりにくいですが、現在の日付と時間を表示してくれる「ナイトクロック」が作動している

 

「情報ストリーム」というのは、本体がスリープしている時にエッジスクリーンを左右に「スッスッ」とスライドさせることで、通知を表示できる機能。不在着信やメール通知のほか、各種アプリの通知、『Twitter』の通知、ニュースの見出しも確認できました。

 

各種情報を表示してくれる「情報ストリーム」はエッジスクリーン上で「スッスッ」すると表示してくれる

各種情報を表示してくれる「情報ストリーム」はエッジスクリーン上で「スッスッ」すると表示してくれる

 

最大10分間光らせる(通知させる)ことが可能ですが、通知をちょっと見るぐらいであれば1分程度で良さ気です。なお、通知内容を変更させたい場合は上下(スマホ的には左右)にスワイプすると切り替えできました。

 

「情報ストリーム」のフィード管理もでき、不要な情報を非表示にすることもできます。

 

「情報ストリーム」のフィード管理

「情報ストリーム」のフィード管理

 

通知は多くのアプリが対応していますので、使い方によってはとっても便利になるのかなと思いました。

 

通知は多くのアプリが対応

通知は多くのアプリが対応

 

右利きでも左利きでも使いやすいように表示エリアを選択できます。

 

表示エリアを選択できる

表示エリアを選択できる

 

面白いと感じたのは、「People edge」。

 

これは、最大5件の連絡先をあらかじめ登録しておくことで、エッジスクリーンをスワイプすると、その人へ対して電話やメールがすぐにできるショートカット機能です。

 

最大5名までショートカット登録できる

最大5名までショートカット登録できる

 

この機能をオンにしておくと、エッジ部が少し色分けされますので、そこを「にゅーん」とスワイプさせると起動しますよというもの。いわゆる、連絡先ショートカットで、家族や友人、恋人などよく連絡する人を登録しておくと、とっても使いやすいです。

 

色の付いているエリアをひっぱることで不在着信などの情報を得ることもできますし、そのまま電話やメールも可能

色の付いているエリアをひっぱることで不在着信などの情報を得ることもできますし、そのまま電話やメールも可能

 

また、「Edge lighting」という機能もあり、スマホを伏せて(ディスプレイ面を下に)おくことで、着信や通知を受信すると、エッジスクリーンが光ってお知らせしてくれるというもの。

 

最近のスマホでは、通知が来た時に光る機能が無くなっているものが多いのですが、このモデルではエッジスクリーンの隙間を上手に活かして通知イルミのような機能に仕上げています。

 

本体を伏せている時に着信や通知があると光って教えてくれるイルミのような機能もある

本体を伏せている時に着信や通知があると光って教えてくれるイルミのような機能もある

 

なお、「People edge」に登録しておくと、登録した人の色に光りますので、スマホを伏せていても「あ、職場だ!」などどこから電話があったかすぐわかります。

 

次回はカメラ機能や本体仕様について紹介します。
Galaxy S6 edge(SC-04G)

  • カラー:グリーン エメラルド / ゴールド プラチナ
  • サイズ:約142.0mm(高さ)×約70.0mm(幅)×約7.0mm(厚さ)
  • 重量:約132g
  • 連続通話時間:GSM(海外)約640分、VoLTE(国内) 約950分
  • 連続待受時間:GSM(海外) 約360時間、LTE(国内)約400時間
  • ディスプレイ:Super AMOLED(有機EL)、約5.1インチ、2,560×1,440pixels
  • CPU :オクタコアCPU (2.1GHz + 1.5GHz)
  • OS:Androi 5.0RAM:3GB
  • 内蔵ストレージ:64GB
  • バッテリー:2,600mAh、急速充電対応
  • ビデオ録画解像度:UHD 4K (3840 x 2160)@30fps
  • アウトカメラ(外側):約1,600万画素
  • インカメラ(内側):約500万画素
  • Bluetooth(規格):Bluetooth 4.1
  • NFC:対応(Felica含む)
  • モバイルTV :対応(ワンセグ/フルセグ/NOTTV)

 

 

「Galaxy S6 edge」についてはこちらもチェック