日々是増殖~LINEクリエイターズスタンプ自腹おすすめ月誌~ 第2回「ミュージシャン」

2015年06月06日 07:00 by エビス・セイキ
日々是増殖~LINEクリエイターズスタンプ自腹おすすめ月誌~ 第2回「ミュージシャン」
LINEクリエイターズスタンプ~ミュージシャン編~

LINEクリエイターズスタンプ~ミュージシャン編~

LINE』担当のすべりんが、自腹で買ったものからオススメのスタンプを勝手に紹介する連載。

 

今回は、ミュージシャンのスタンプでございます。私、音楽も好きでして。調べてみると、まあいろいろありました。洋邦問わず、使いやすさ&超個人的な理由でチョイスしております。

 

 

「ござるくん」スタンプ

まずご紹介するのは、ユニコーンのドラム・川西幸一さんのオリジナルキャラクターのスタンプ。私、ユニコーンファンですが、それが購入理由にならないくらい、POPなキャラデザインとフォントの組み合わせが秀逸。

 

OK、了解ではなく「御意」、さようなら、バイバイではなく「これにて御免」など、“武士言葉”を使ったものが多数収録されていて、他のスタンプと使い分けられます。ファンならずとも使えるスタンプです。

 

あまり見かけない「金欠でござる」が結構使えます。給料日前に頻繁に使うことになりそう

あまり見かけない「金欠でござる」が結構使えます。給料日前に頻繁に使うことになりそう

 

スタンプの購入はコチラ

 

「俺たちいつでもロックバカ!」スタンプ

八王子を代表するロックスター・あっちゃんことイノウエアツシさんがボーカルを務める「ニューロティカ」。結成から31年、氣志團やマキシマムザホルモンをはじめ、多くのアーティストに影響を与えています。高校生のとき、大阪のライブハウスで何度も見ました。

 

メンバーのイラストが目を惹くスタンプは、「並じゃねぇ」や「ア・イ・キ・タ」といった曲のタイトルが使われていて、ファンならニヤリとするものばかり。返事をするときに役立ち、使い勝手も悪くないです。

 

トークの導入に「今日の調子は?」が有効。ロティカファンなら「GOOD」や「グーッ!」で返してくれるはず

トークの導入に「今日の調子は?」が有効。ロティカファンなら「GOOD」や「グーッ!」で返してくれるはず

 

スタンプの購入はコチラ

 

「浅井健一」スタンプ

元・ブランキージェットシティのVo/Gt、ベンジーこと浅井健一さん。実は、絵本を出したことがあるんです。そんなマルチな才能を発揮したスタンプで描かれているキャラクターは、意外にゆるいものが多い…。

 

しかも、「マジ太ってんだけどいい?」や「オレ宇宙人なんでヨロシク!」など、いつ使うねん!?というものがちょいちょい入っています。音楽と同じく独特の世界観は、他のスタンプにない唯一無二の存在。もはや、使い勝手を超越しています。

 

誘ってほしい、相手にしてほしいときに使えるスタンプ。シュールな内容もうまく使えば笑いを誘えるかも

誘ってほしい、相手にしてほしいときに使えるスタンプ。シュールな内容もうまく使えば笑いを誘えるかも

 

スタンプの購入はコチラ

 

「オーケー・ゴー」スタンプ

洋楽からもご紹介しましょう。趣向を凝らしたMVが人気のアメリカのロックバンド。新曲「I Won’t Let You Down」では、日本人クリエイターとコラボし、ロケも日本で撮影。話題になりました。

 

実は、その新曲くらいしか楽曲を聴いたことはないですが、自分が持っているスタンプにはないデザインで、即買い。メンバーを配したものから、通常の返事までとにかくハイセンス。使っているだけで、この人オシャレだなと思われそう。オススメです。

 

了解とOKを兼ね備えたスタンプなど、(たぶん)外国人が作るスタンプはひと味違う!

了解とOKを兼ね備えたスタンプなど、(たぶん)外国人が作るスタンプはひと味違う!

 

スタンプの購入はコチラ

 

「ノエル・ギャラガー」スタンプ

洋楽からもう1本。再結成の噂も出ている元・オアシス、ノエル・ギャラガーさんのスタンプです。弟・リアムとの兄弟喧嘩や過去のビッグマウスの強気なお兄ちゃんのイメージを覆す、かわいいイラストが魅力的です。

 

彼らしい「俺、天才」から、本人が言わなさそうな「既読じゃね?」まで、製作者が自由に楽しんで作っているのが伝わってきます。私はひとりっ子なんで使うことはないですが、「アニキに逆らうな」は、すべてのお兄ちゃんに使ってほしい!

 

イギリスの有名ミュージシャンといえば、ポール・マッカートニーさんのスタンプも出ていますよ。

 

飲みに誘い、断られたら怒る。お兄ちゃんのデレツンな感じを活かしてみました。相手が怒ったら「ごめん」スタンプを使って

飲みに誘い、断られたら怒る。お兄ちゃんのデレツンな感じを活かしてみました。相手が怒ったら「ごめん」スタンプを使って

 

スタンプの購入はコチラ

 

「松崎しげるスタンプ / スタンプのメモリー」

トリを飾るのは、松崎しげるさん。今や「黒」の代名詞的存在でキワモノっぽい扱いをされていますが、サウスポーのギタリストといえば、ジミヘンかこの人か、というくらい立派なミュージシャン。スタンプを見つけた瞬間に「購入」をポチッと押していました(「南国ピーナッツ」の愛称でモノノフにも親しまれいるんですよ~:編集部おおわだ談)。

 

いやぁ、もう黒い!着せ替えを黒にしていたら、同化してしまうんじゃないでしょうか。基本の挨拶スタンプがあるかと思えば、0→20→50→70→100%と黒くなっていくようなものもあり、しげるワールド全開!親や上司に送ったり、プレゼントするとウケること間違いありません。

 

既読スルーのときに、嫌がらせのように送ってみては? 画面の下にチラッと見えるしげるだらけがシュールすぎる…

既読スルーのときに、嫌がらせのように送ってみては? 画面の下にチラッと見えるしげるだらけがシュールすぎる…

 

スタンプの購入はコチラ

 

これらは、実際に私が購入したものですが、ちょっとマニアックでしたかね。ほかにも、メジャーどころを含め、ミュージシャンのスタンプはたくさんあります。なぜ購入しなかったかを含め、ザッとご紹介します。

 

「ヒムロックン(氷室京介)」
イラストの完成度も高く、使い勝手よし。ただ僕が曲を聴かないだけで購入しませんでしたが、ファンやBOOWY世代は必須でしょう。あと、ツアーバスが入っているのもおもしろい!

スタンプの購入はコチラ

 

「YOSHIKI」
「We Are X!!!」(これだけで3パターンもある!)があるのはいいのですが、いかんせん今どきのアニメ風のキャラデザインが私にはあわず、見送り…。ビジュアル系でくくると怒られそうですが、GACKTさんやラルクのHydeさんプロデュースのスタンプもありますよ。

スタンプの購入はコチラ

 

「aikoのスタンプ」
個人的に「桜の木の下」は名盤だと思います。それはさておき、手描きのイラストがかわいい。第2弾になると、なぞの犬「金古ツヨシ」はじめ、ゆるいキャラがズラリ。自分が持つより、女性へのプレゼント用かな。

スタンプの購入はコチラ

 

「斉藤和義オフィシャルスタンプ」
こちらもすべて直筆。aikoさんよりもっとゆるいです。好きなミュージシャンでも、さすがにこれは手が出せない。斉藤和義さんのスタンプだよ、と言わなければ、送られた人も「なんじゃこりゃ?」と思ってしまうでしょうね…。

スタンプの購入はコチラ

 

「キュウソネコカミ ネズミくん」
最近、お気に入りのバンド「キュウソネコカミ」のキャラクター。言葉なしのものが多く、トークで利用するにはちと上級者向けの印象。あまり使わなさそうで、購入に至らず。

スタンプの購入はコチラ

 

「レキシ」
キャラのかわいさ、言葉の色使いがカラフルでかなりいいですが、こちらも音楽を聞いたことがなく…。アフロのスタンプが欲しいと思った人は、買うべし。

スタンプの購入はコチラ

 

あなたの好きな歌手、バンド名で検索すると、見つかるかもしれません。検索方法は、過去に書いた「『LINE』でお気に入りのクリエイターズスタンプ見つける方法」を要チェック!

 

今、ミュージシャンで出して欲しいのは、椎名林檎嬢。グッズのデザインがいいので、きっとセンス抜群のものができあがるはず。ぜひリリースしていただきたい。

 

2015年5月現在、11万を超えているクリエイターズスタンプ。これからも良質なスタンプをご紹介しますので、お楽しみに!

 

LINE関連の記事をチェック