Xperia Zシリーズの最新モデル「Xperia Z4」をあますことなく紹介~外観編~

2015年06月19日 07:00 by 君国 泰将
Xperia Zシリーズの最新モデル「Xperia Z4」をあますことなく紹介~外観編~
Xperia Zシリーズの最新モデル「Xperia Z4」をあますことなく紹介

Xperia Zシリーズの最新モデル「Xperia Z4」をあますことなく紹介

NTT docomo、KDDI、SoftBankと3社から2015年のフラッグシップとして発表された「Xperia Z4」がついに発売になりました。「Xperia Z」シリーズとして続いてきたこれまでの機種からどういった進化をしたのかレビューをしてみたいと思います。

 

今回はソニーさんから発売前にお借りした「Xperia Z4 SO-03G」を使用しています。発売中の端末とは異なる場合もあります。

 

 

ドコモOnlineShopで「Xperia Z4 SO-03G」を購入

ソフトバンクOnlineShopで「Xperia Z4」を購入

 

まずは外観をチェック

「Xperia Z4」は、「Xperia Z」から始まってZ1、Z2、Z3と続いてこれでもう5代目になります。まず本体のサイズは、長さ約146 mm×幅約72mm×厚さ約6.9mm、質量は、約144g。

 

「Xperia Z3」とほぼ同じサイズ感

「Xperia Z3」とほぼ同じサイズ感

 

ディスプレイサイズは、5.2インチ(解像度1920 x 1080)と、「Xperia Z3」と同サイズのままで、本体の厚みを7.2mmから6.9mmへとさらに薄型化。「Xperia Z3」よりも8g、「Xperia Z2」よりも19gも軽くなっています。

 

左側面(上)右側面(下)

左側面(上)右側面(下)

 

オモテ、ウラ、ともに凹凸のないフルフラットで、全体的なデザインは「Xperia Z」シリーズ特有のオムニバランスデザインを引き継いで、見た目には「Xperia Z3」と変わらないように見えますが、フレームにはアルミ板から削り出したメタルフレームと、コーナーのパーツには使い込んでも輝きと色味を失わないよう に樹脂の二層加工を新たに施しています。

 

特にコーナーの部分は、落下した時の衝撃を吸収するという役割を考慮して樹脂を採用しているので、サイドのアルミの金属の質感と色の差がでないように素材から加工過程に至るまでにテストの繰り返しで相当に苦労した部分だそうです。

 

コーナーには落下時の衝撃を吸収する役割を担うために樹脂を採用

コーナーには落下時の衝撃を吸収する役割を担うために樹脂を採用

 

本体にはIPX5/8相当の防水性能とIP6X相当の防塵性能を備えつつも、本体の上部にあるイヤホンジャックは防水のキャップレスになっているので、フタの開け閉めなくイヤホンをいつでもダイレクトにさせます。

 

本体上部。イヤホンジャックは「Z3」と同じく防水キャップレス仕様

本体上部。イヤホンジャックは「Z3」と同じく防水キャップレス仕様

 

デザイン性を重視した結果として、まず横にあったマグネット端子をやめて防水に対応したキャップレスUSBを底面の中央へ配置しています。ストラップも同じく底面に。

 

最初はマグネット端子がなくなる事にかなり抵抗を感じていましたが、実際使ってみると、充電する時以外にもPCやディスプレイに接続する時にカバーの開け閉めなくサクっとさせるのはやっぱり楽だなと思えます。

 

本体下部には防水対応のキャップレスUSBを新たに配置

本体下部には防水対応のキャップレスUSBを新たに配置

 

そして、SIMカードとMicroSDを1つのトレイにまとめることで、側面でフタがあく箇所はこの1箇所のみになり、「Xperia Z3」よりもさらにサイドの凹凸が減ったことで、金属の質感のあるフレームの光沢がより美しく見えます。

 

SIMカードとMicroSDを1つのトレイに

SIMカードとMicroSDを1つのトレイに

 

背面は強化ガラスになっていますが、この背面のロゴの配置などは、各キャリアによって違います。例えば、NTT docomoのモデル「Xperia Z4 SO-03G」では、背面の右上に型番、真中上部にFeliCaマーク、中央部分にシルバーで目立つNTT docomoのロゴ、下部分にグレーの薄めにXPERIAのロゴがあります。

 

ドコモの「Xperia Z4」の背面。中央にはドコモのロゴを配置

ドコモの「Xperia Z4」の背面。中央にはドコモのロゴを配置

 

au のモデル「Xperia Z4 SOV31」では、背面の中央にシルバーでXPERIAというロゴ、上部にFeliCaマーク、下部にはグレーで薄くau SOV31と入っています。ちなみに、SoftBankの「Xperia Z4」はグローバルモデルと共通で、中央にSONYロゴ、上部にFeliCaマーク、下部にXPERIAロゴとなっています。

 

auの「Xperia Z4」。中央には「XPERIA」のロゴを配置

auの「Xperia Z4」。中央には「XPERIA」のロゴを配置

 

明るい、水に濡れても誤動作しないディスプレイ

「Xperia Z4」のディスプレイは5.2インチに液晶パネルがIPS、バックライトに“Live Color LED”バックライトを採用。さらにソニーのBRAVIAの技術として、幅広い色再現領域を持つ「トリルミナスディスプレイ for mobile」や、ソニー独自の超解像技術「X-Reality for mobile」を搭載しています。

 

5.2インチの大画面液晶

5.2インチの大画面液晶

 

色域も高く、自然な色合いはもちろん、人の記憶色と言われる赤色などもハッキリ鮮明に表現してくれるので、写真を見ていてもより色濃くしっかりと色がのっていて鮮やかです。

 
進化したところとしては、「Xperia Z3」から輝度が16%明るくなっているので、屋外でもより明るく見えやすくなっています。輝度が上がると消費電力が心配になりますが、新しくディスプレイのみメモリーを載せるなどして、明るくなっても消費電力を抑えているというのが特徴です。

 

「Xperia Z3」(左)と「Xperia Z4」(右)。より明るくなっている事がわかる

「Xperia Z3」(左)と「Xperia Z4」(右)。より明るくなっている事がわかる

 

さらに「Xperia Z4」のディスプレイでは水に塗れている状態でもちゃんと思い通りにタッチ操作が追従するようになっています。今まではどうしても水に濡れていると意図しない挙動になっていたのですが、これが見事に改善されています。

 

画面が濡れても、思い通りの操作が可能

画面が濡れても、思い通りの操作が可能

 

これは新しいICチップが入ったことで、水がかかっていたり濡れている指で触っている状態を判別して、精度高く動作できるようにしているためです。ただし、完全に水の中に使っている状態ではさすがにタッチの反応はしないので注意ですね。

 

以上、「Xperia Z4」の外観やデザインを中心にご紹介しました。次回はカメラやオーディオ機能を中心に紹介します。

 

ドコモOnlineShopで「Xperia Z4 SO-03G」を購入

ソフトバンクOnlineShopで「Xperia Z4」を購入

 

最新夏モデルをチェック