一見ガラケーな「ガラホ」は何ができる?スマホと何が違うの?

2015年06月23日 07:00 by ホセ
一見ガラケーな「ガラホ」は何ができる?スマホと何が違うの?
一見ガラケーな「ガラホ」は何ができる?スマホと何が違うの?

一見ガラケーな「ガラホ」は何ができる?スマホと何が違うの?

今年から登場したAndroid OSを搭載した新世代ケータイ「ガラホ」は従来のスマホや、ガラケー型スマホとどう違うのでしょう。

 

従来型のケータイが好きだけど、スマホも気になる。そんな方も多いですよね。そこで今回は、「ガラホ」についてスマホと比較しながら紹介します。

 

 

2015年、日本に新しいケータイが誕生しました。

 

Android OS(つまり、スマホのOS)を搭載したガラケー、そう、「ガラケー+スマホ」で、「ガラホ」と呼ばれるケータイです。auからは今年の春に1モデル登場し夏にも後継機種として1モデル登場、ドコモからは夏に2モデル登場する予定です。

 

しかし、いちがいに「ガラホ」や「新世代ケータイ」と呼ばれても、いまいちわかりにくいもの。今までどおりガラケー感覚で買えばいいの?それとも、スマホとして買えばいいの?とわかりにくくなってしまいます。そこで、「ガラホ」について調べてみましょう!

 

ガラホの特徴を紹介

 

ドコモOnlineShopで「ARROWS ケータイ F-05G」を購入

ドコモOnlineShopで「AQUOS ケータイ SH-06G」を購入

 

ガラホについてはこちらの記事もチェック


 

ガラホはガラケーだった

いきなり結論から書いてしまいます。

 

「ガラホ」は、Android OSを搭載しているだけで、れっきとした「ガラケー」です。しかし、それだけでは1行で記事が終わっちゃいますよね。どうして、Androidを搭載しているのに、「ガラケー」なのでしょう。それにはワケがあります。

 

見た目は二つ折りガラケーの「AQUOS K SHF31」

見た目は二つ折りガラケーの「AQUOS K SHF31」

 

もともと、スマホが流行する前に日本のケータイ市場を支えていたガラケーも、OSというものが搭載されています。従来のOSは、ガラケー向けに特化されたものにカスタマイズされているのですが、アプリの開発や仕様を決定するのに、メーカーごとに異なる場合がありました。すると、ドコモやauのキャリア側は、搭載させるアプリをそれぞれにカスタマイズする必要があったのです。

 

また、スマホが主流になるにつれて、ガラケーの開発環境も変わってきました。結果として、スマホOSを搭載させた方が、メーカー間の汎用性やアプリのカスタマイズが楽になるというメリットが大きくなったのです。

 

そこで、今回はスマホOSとなるAndroid OSを搭載したガラケー、通称「ガラホ」が誕生したのです。それでは、ガラホでは何ができるのでしょう?

 

メニュー周りがまんまガラケーですが、スマホのようにAndroid 4.4を搭載

メニュー周りがまんまガラケーですが、スマホのようにAndroid 4.4を搭載



 

テザリングはOK、アプリは限定的に入れられる

「ガラホ」は、ガラケーとスマホの中間のような存在と言えます。しかし、それだけでは具体的になにができるのかわかりにくいですよね。基本的に、「ガラケー」でできる事の一部に、「スマホ要素」を入れてみましたといった製品で間違い無さそう。

 

まず、「スマホ」で思いつくのがアプリのインストール。好きなアプリを入れて、好きなようにカスタマイズできるのがスマホの魅力ですが、「ガラホ」でもそれに近いことが可能です。

 

しかし、「Google Play」経由で好きなように入れてしまえるわけではありません。今回お借りしたガラホ「AQUOS K SHF31」では、「auスマートパス」で厳選されたアプリをインストールできます。

 

そもそもタッチパネルに対応していない、「ガラホ」では、利用できる・できないアプリが多くなっていますので、au側で厳選しているとも言えるでしょう。

 

さらに、キャリア側で決めたアプリしか入れられないことにより、ウィルス入りの勝手アプリも原則入れられません。その辺もガラケーのように「ウィルスに強い」としてメリットとも言えそうですね(※特殊な操作によりapkファイル経由でアプリを入れられますが、一般的ではありません)。

 

ちなみに、今夏登場するドコモ版ガラホ2モデルは、メーカー経由以外原則アプリのインストールには対応していないようです。

 

『LINE』は最初から入っている。それ以外はauスマートパス経由で入れられる

『LINE』は最初から入っている。それ以外はauスマートパス経由で入れられる

 

続いて思いつくのが、「パソコンサイトが見られる」ですよね。

 

スマホでは、パソコン専用サイトや、スマホ専用サイトにより、ケータイ(ガラケー)専用サイトよりも、インターネットの情報量は格段に多くなります。「ガラホ」はどうでしょう。スマホと同じように、パソコン専用サイトをそのまま利用できます。

 

さらに、今回お借りしたモデルでは「タッチクルーザーEX」というテンキー部全面を使って、まるでパソコンのタッチパッドのような操作が可能でした。画面上にマウスのような矢印が出てくるので、それを使って細かい操作をするといった具合です。

 

ガラケーにもパソコン用サイトが見られる機種はたくさんあります(PCサイトブラウザなど)が、そのほとんどが「動作が遅くなる」「レイアウトが崩れやすい」といった具合に、「一応見られるよ」程度でした。

 

しかし、ガラホはそういったことも一切なく、快適にパソコンサイト・スマホ用サイトを閲覧できました。一点だけ気になった部分は、ガラホの画面はスマホよりも小さいため、どうしてもインターネット上の文字が小さくなりがちという点です。あくまでも補助的な使い方でブラウザを使うのが良さそうですね。

 

andronaviもスマホ版を表示可能ですがやはり文字が小さい…

andronaviもスマホ版を表示可能ですがやはり文字が小さい…

 

最後は、スマホの便利機能である「テザリング」です。

 

スマホからWi-FiやBluetoothを経由して、パソコンやタブレットでインターネットを行うことですが、これはガラホでも可能でした。Wi-Fiであっても、低速ながら消費電力の少ないBluetoothであっても、テザリングできました!つまり、ガラホだけあれば、パソコンを屋外で利用してメールの返信も可能というわけです。

 

実はテザリング機能自体、一部のガラケーにも搭載されていましたので、これは別に「ガラホ」だからといったわけではありません。なお、ドコモ版ガラホにはWi-Fi機能が搭載されていませんので、Wi-Fiテザリングはできません。Bluetoothや有線でのテザリングは不明ですが、そもそも高速通信LTEに対応していないため、あまり期待しないほうが良さそうです。

 

auのガラホはテザリングも、Wi-Fiでの高速通信も可能

auのガラホはテザリングも、Wi-Fiでの高速通信も可能

 

このように、スマホ要素を十分に持った製品が、「ガラホ」なのです。

 

「ドコモ」と「au」にガラホ差アリ

さきほどの項でも、「ドコモ版ガラホは~」という流れでテザリングやアプリに付いて触れていました。そう、「ドコモ」と「au」ではガラホに対する考え方に違いがあるのです。

 

機能 ドコモ au
LTE対応 ×
PCブラウザ
アプリインストール ×(原則不可) ○(auスマートパス)
テザリング ×

 

といった具合に、ドコモ版ガラホはあくまでも「Android OSは使っているけれども、シンプルなガラケー」を貫いています。逆にauのガラホは、「ガラケー+スマホ」といった具合に、スマホ機能を搭載したガラケーという感じで積極的に「ガラホ」市場を作ろうとしています。

 

「ガラケー」として違和感無く使うのであれば、「ドコモのガラホ」を、一部スマホ機能を搭載したガラケーを使うのであれば「auのガラホ」が良さそうですね。

 

ガラケー機能はどうなの?

それでは、逆にガラケーとしての機能はどうなのでしょう。実はそれこそが、「ガラホ」の真骨頂なのです。お借りした「AQUOS K SHF31」には、下記の機能が備わっています。

 

  • ワンセグ
  • おサイフケータイ
  • 赤外線通信
  • 防水

 

さらに、自動通信を行うスマホとは違い、基本的には勝手なデータ通信を行いません。そのため、バッテリーの持ちはガラケーとほぼ同等です。

 

つまり、ガラケーの良い部分をキチンと取り入れていると言っても良さそうですね。

 

使える機能はガラケーのそれと同じで、テンキーを使って操作するショートカット機能も有効(左)キー周りはガラケーなのでスマホ使ったことのないひとも違和感なく使えそう(右)

使える機能はガラケーのそれと同じで、テンキーを使って操作するショートカット機能も有効(左)キー周りはガラケーなのでスマホ使ったことのないひとも違和感なく使えそう(右)

 

 

カメラ部はスマホのカメラと同等のアプリを使っているようだ

カメラ部はスマホのカメラと同等のアプリを使っているようだ

 

過去には、ソフトバンクやauからガラケーのようなテンキーの付いたスマホも登場していましたが、あくまでも、「ガラケーのような見た目のスマホ」でした。しかし今回の「ガラホ」はあくまでガラケーです。そう、結論として「スマホ」と「ガラホ」は全く違う、れっきとした「ガラケー」なんですね。

 

ドコモOnlineShopで「ARROWS ケータイ F-05G」を購入

ドコモOnlineShopで「AQUOS ケータイ SH-06G」を購入

 

ガラホについてはこちらの記事もチェック