『LINE MUSIC』でお気に入りのアーティストを見つける方法

2015年07月09日 07:00 by エビス・セイキ
『LINE MUSIC』でお気に入りのアーティストを見つける方法
『LINE music』でお気に入りのアーティストを見つける方法

『LINE music』でお気に入りのアーティストを見つける方法

LINE』の月額音楽配信サービス『LINE MUSIC(ラインミュージック)』。最新曲を含む150万曲が聴き放題なんです。

 

細かい説明は、アプリレビューに譲るとして、本記事では、どんなアーティストがいて、どうやって探せば、好きなアーティストやバンドにたどり着くのかをお教えします。

 

 

検索でサクッと探そう

一番手っ取り早いのは、好きなアーティストやバンド名をピンポイントで検索すること。

 

TOP画面右上の虫眼鏡アイコンから調べたい名前を入力します。見つかったらタップして、アーティスト名の下にある人型アイコンをポチッ。そうすると、アーティストを「フォロー」します。

 

hideで検索。曲名検索もできる(左)hideをフォローした(右)

hideで検索。曲名検索もできる(左)hideをフォローした(右)

 

フォローされたアーティストは、メニューにある「マイミュージック」の「マイアーティスト」に追加され、いつでもそのアーティストの曲を聴けるようになります。

 

メニュー。画面左端のボタンか画面左端から右へスワイプで表示(左)「マイミュージック」画面(右)

メニュー。画面左端のボタンか画面左端から右へスワイプで表示(左)「マイミュージック」画面(右)

 

「テーマ&ジャンル」から見つける

検索するにしても、アーティストやバンド名が思い出せないという方は、好きなジャンルから探しましょう。

 

メニューの「テーマ&ジャンル」では、「今週の最新曲」をはじめとするテーマと、「邦楽」や「ROCK」、「JAZZ」などのジャンルが表示されます。

 

好きなところをタップすると、プレイリストが表示されます。プレイリストとは、そのテーマやジャンルに沿った曲を『LINE music』が編集してまとめたもの。自分で作成することもできます。

 

「テーマ&ジャンル」画面(左)「ROCK」画面。ここから各プレイリストを選択する(右)

「テーマ&ジャンル」画面(左)「ROCK」画面。ここから各プレイリストを選択する(右)

 

今、人気のアーティストは「邦楽」→「J-ROCKベストヒッツ」でだいたい抑えられます。僕はそこで、「ゲスの極み乙女」「OKAMOTO’S」「the telephones」、懐かしの「ナンバーガール」をフォローしました。“マンウィズ”や「KANA-BOON」もここに入っていますよ。

 

「邦楽」画面(左)プレイリスト「J-ROCKベストヒッツ」画面(右)

「邦楽」画面(左)プレイリスト「J-ROCKベストヒッツ」画面(右)

 

「J-POP」枠からは、オリコン上位に名を連ねるようなアーティストが見つかります。

 

ほかにも、「歌謡曲・演歌」なんてのもあるので、お父さん世代も安心。「60’s ロックヒッツ」もあることからも、決して若者だけに向けたサービスでないことがわかります。昔の曲を聴いてみたい!という人たちは、この機会に聴いてみるといいでしょう。

 

歌謡曲・演歌もある(左)「ROCK」では年代別にプレイリストが用意されている(右)

歌謡曲・演歌もある(左)「ROCK」では年代別にプレイリストが用意されている(右)

 

「トピック」で思わぬ出会いが!

同じくメニューに「トピック」という項目があります。「作業用BGM」や「通勤・通学」といったテーマに応じたものから、「夏フェス予習」のようなその時期に聴きたいアルバムまたはプレイリストがまとめられています。

 

メニュー画面で「トピック」を選択(左)「トピック」画面(右)

メニュー画面で「トピック」を選択(左)「トピック」画面(右)

 

「夏フェス予習」では「Foo Fighters」「Muse」「ファレル・ウイリアムズ」のアルバムを、「作業用BGM」の「ラウンジBar」で「マイルズ・デイビズ」「ルイ・アームストロング」のJAZZアーテイストを見つけました。

 

「夏フェス予習」画面。アルバムがピックアップされている(左)「ラウンジBar」画面(右)

「夏フェス予習」画面。アルバムがピックアップされている(左)「ラウンジBar」画面(右)

 

一番驚いたのは、スウェーデンのロックバンド「The Hives」が見つかったこと。読んでいる方の大半が誰?と思うでしょうけど、そんな知る人ぞ知るバンドも収録されているわけです。ビックリでしょ?

 

ちなみに「作業用BGM」→「テンションがあがる」で発見しました。ファンのみなさん、ぜひフォローを。

 

「テンションがあがる」画面で発見し、まさにテンションがあがる(左)「The Hives」のフォロー前(右)

「テンションがあがる」画面で発見し、まさにテンションがあがる(左)「The Hives」のフォロー前(右)

 

トピックは、毎週水曜に更新されます。欠かさずチェックしましょう。これらを駆使して、僕はどんどん「マイミュージック」を好きなアーティストやバンドで固めました。

 

僕の「マイアーティスト」画面。片っ端から好きなアーティスト、聴いてみたい人をフォローした

僕の「マイアーティスト」画面。片っ端から好きなアーティスト、聴いてみたい人をフォローした

 

いろいろ探しているうちに、GLAYやLUNA SEAの曲を久々に聴いて、あまりの懐かしさにテンションが上ったり、明石家さんまさんの曲が見つかったり、いろんな出会いがありました。

 

「お気に入りソング」は、お気に入り登録した曲がまとまっている(左)明石家さんま師匠のアーティスト情報画面(右)

「お気に入りソング」は、お気に入り登録した曲がまとまっている(左)明石家さんま師匠のアーティスト情報画面(右)

 

LINE MUSIC』は好きなだけ聴けるんですから、ちょっと興味が湧いたら、すぐ再生。そこで、お気に入りのアーテイストが見つかったらめっけもんです。フォローやお気に入りをして、ほかの曲も聴いてみましょう。

 

そして、フェスやLIVEに行ってリアルの音を聴きましょう。『LINE MUSIC』から広がる新たな音楽体験。これをきっかけに充実したミュージック・ライフを過ごしてくださいね♪

 

LINEについてはこちらもチェック