音楽聴き放題サービスに最適な使い放題格安SIMはコレだ!節約方法も紹介!

2015年07月31日 07:00 by ホセ
音楽聴き放題サービスに最適な使い放題格安SIMはコレだ!節約方法も紹介!
音楽聴き放題サービスに最適な使い放題格安SIMはコレだ!

音楽聴き放題サービスに最適な使い放題格安SIMはコレだ!

音楽聴き放題サービスは月間2GB以上使う場合もあります。ヘビィに使いたい人に向けた格安SIMはコレ!

 

 

続々登場する音楽聞き放題サービスを効率良く利用するには

今年は「音楽聴き放題サービス」元年といっても過言ではありません。

 

AWA Music』や、『LINE MUSIC』「Apple Music」と、多くの音楽聴き放題サービスがスタートしています。しかし、同時に気になるのが通信量ですよね。

 

音楽聴き放題サービスが続々登場

音楽聴き放題サービスが続々登場

 

各音楽聴き放題サービスの設定などにもよりますが、毎日2時間を20日間聞いていると、通信量は2GB以上になる場合が多いようです。

 

片道1時間程度の通勤・通学をする人には他人ごとではありませんし、月々2GBのパケット使い放題サービスを契約している人は月末前に低速モードへ制限されてしまう危機もあり得ます。

 

音楽聴き放題サービスを堪能するには、実は別途格安SIMを契約するのが良いかもしれません。そこで今回、「音楽聴き放題サービス」を思う存分楽しめる格安SIMを紹介しましょう!

 


200kbpsの格安SIMでは不十分?

格安SIMには、500円未満の契約もあるのを知っていましたか?
例えば、「DMM mobile データプランライト(月額440円)」や「ワイヤレスゲート 480円プラン(月額445円)」がそれにあたります。維持費は手頃なのですが、その反面、通信速度が200~250kbpsと低速使い放題なのが特徴です。

 

この契約は『LINE』などのメッセンジャーアプリでメールをする、ちょっとニュースを読むのに便利ですし、お手頃なので良さげです。また、200kbpsもあれば、音楽ぐらいであれば聴けそうな気がしますよね。

 

実際に、筆者が契約している「IIJ mio」で試してみることとしました。高速データ通信のクーポンをオフにすると、通信速度が200kbpsとなるためです。試してみたアプリは『LINE MUSIC』で、音質は「低」にしてみます。すると、再生までに時間がかかったものの、一応音楽を聴くことができました。しかし、ヘッドホンなどで聴く場合はちょっと音質が気になるかもしれません。

 

さらに、読み込みのためなのか、音楽再生が止まってしまうことが多々ありました。ちなみに、音質を今度は「中」にしてみたところ、さらに多く数秒に1回程度の頻度で再生が止まってしまいます。これでは快適に聴けているとは言えないですよね。

 

IIJ mioの高速クーポンをオフにすると200kbpsの速度となる(※通信はじめ一定量はバースト通信のため高速)

IIJ mioの高速クーポンをオフにすると200kbpsの速度となる(※通信はじめ一定量はバースト通信のため高速)

 

つまり、200kbpsぐらいの速度では、音質「低」が限界とも言えそうですが、快適とは言いづらいです。

 

<まとめ>

IIJ mio」の高速データ通信クーポンをオフにして200kbpsで「LINE MUSIC」を試してみた。

  • 音質「低」ではなんとか再生可能ながら、再生が何回も止まる現象が起き、「中」ではさらにひんぱんに音楽が止まってしまう

 

ということがわかりました。200~250kbpsで使い放題の超格安SIMを音楽再生用に使うのはちょっと難しそうですね。

2,000円未満の音楽定額向け格安SIMはコレ

それでは、「音楽聴き放題サービス」に向いている格安SIMはなんでしょう。

 

大手ケータイキャリアの提供しているパケット使い放題サービスで大容量タイプや、格安SIMでも高額・大容量タイプは音楽聴き放題サービスが快適に使えそうですが、そもそも出費がかさんでしまします。ここはできるだけ手頃に、2,000円未満でオススメの格安SIMを探してみました。

 

Wonderlink F-使い放題700 月額:1,580円(税別) 最低利用期間:なし

 

パナソニック コンシューマーマーケティングの提供する、パナソニックブランドの格安SIMです。いくつかのプランがあるのですが、もっともオススメしたいのがこのプラン。

 

月間の高速通信量こそ1GBしかありませんが、それを使いきっても700kbpsで使い放題のサービスです。そう、700kbpsで使い放題というのが最大のミソ。700kbpsも速度が出れば、音楽以外にも動画視聴にも使えそうですね。

 

ちなみに、現在は登場キャンペーンで12か月間を月額1,400円で利用できますが、こちらを契約すると12か月未満の解約は解約金が発生するので注意したいところ。

 

Wonderlink F-使い放題700の購入・申し込み

申し込み

 

 

BIGLOBE 3G・LTE ライトSプラン 月額:1,505円(税別) 最低利用期間:なし

月間6GBまでの高速データ通信が利用できるデータ専用プランです。6GBもあれば、毎日6時間の音楽を20日聴いても足りる計算となります(音楽聴き放題サービスの設定によります)。

 

さらに、3日間の大容量通信による通信制限も無いので、例えば音楽以外にも動画を視聴する、もしくは動画を投稿するなどリッチなサービスにも対応しそうです。

 

BIGLOBE 3G・LTE ライトSプランの購入・申し込み

申し込み

 

OCN モバイル ONE 500kbpsコース 月額:1,800円(税別) 最低利用期間:なし

 

こちらは500kbpsという通信速度を存分に利用できるコースです。使い放題ではありませんが、なんと月間15GBも利用できてしまいます。音楽聴き放題サービスでも、15GBもあれば実質的に使い放題と考えても良さそうですね。ちなみに、「あまり使わないな」と思えば、プラン変更も可能です。

 

その際、オススメなのは5GBコースで、こちらは1,450円(税別)で5GBまでの高速データ通信が利用可能なほか、通信速度もLTEの高速通信がそのまま利用できます。

 

b-mobile SIM高速定額 月額:1,980円(税別) 最低利用期間:なし

 

b-mobile SIMおかわりSIMの購入・申し込み

申し込み

 

もう少し値段があがりますが、月額2,000円程度で使い放題の格安SIMも登場します。音楽聴き放題サービス以外にも、動画視聴やゲームなど大容量の通信にも利用できそうですね。

 

SIMフリースマホに入れてテザリングするもヨシ、モバイルWi-Fiルータに入れるもヨシの使い勝手の良さげなSIMです。

 

このように、1,500円程度から音楽聴き放題サービスに対応できそうな格安SIMが登場しています。これらを契約し、ちょっと古くなったドコモのスマホや、手頃なSIMフリースマホに入れることで、音楽聴き放題サービスをヘビィに使っても大丈夫です。

Wi-Fiを使って通信量を節約できる

ちなみに、それぞれの音楽聴き放題サービスには通信量を節約できる設定があるのです。それが、「音楽ダウンロード」です!

 

自宅のWi-Fiや、もしWi-Fiスポットが利用できるのであれば外出先などであらかじめ音楽をダウンロードしておくことで、通信量ナシで音楽を楽しめるというもの。

 

各サービスでの保存は、このようになります。

  • 『AWA Music』:今後実装予定
  • 『LINE MUSIC』:500曲まで保存可能(各楽曲より「キャッシュする」を選択)
  • 「Apple Music」:本体容量まで保存可能(各楽曲より「オフラインで再生可能にする」を選択)

 

と、現状(7月21日時点)では、『LINE MUSIC』と「Apple Music」の2サービスで曲のダウンロードに対応しています。また、『AWA Music』も今後オフライン再生に対応する予定だそうなので、Wi-Fiを使って通信量の節約ができそうですね!

 

『LINE MUSIC』は楽曲名横の「…」をタップすると、「キャッシュする」が出てきくる(左)「Apple Music」は楽曲名横の「…」をタップすると、「オフラインで再生可能にする」が出てる(右)※7月21日現在、「Apple Music」はiOSとパソコンのみ対応。Androidスマホへの対応は秋予定

『LINE MUSIC』は楽曲名横の「…」をタップすると、「キャッシュする」が出てきくる(左)「Apple Music」は楽曲名横の「…」をタップすると、「オフラインで再生可能にする」が出てる(右)※7月21日現在、「Apple Music」はiOSとパソコンのみ対応。Androidスマホへの対応は秋予定

 

パケット定額を2GBで契約している、または格安SIMを1000円ぐらいの手頃な契約をしているから音楽聴き放題サービスを使うのをちょっとためらっている人、また別途通信契約を増やすのも、ちょっとという人は、ぜひ楽曲ダウンロードを使ってみてくださいね。

 

また、通勤・通学などで地下鉄を使う人や、郊外にドライブなどする人にも便利だと思いますよ!

 

ストリーミングサービスについてはこちらもチェック