ワインのラベルを撮るだけでOK!銘柄、他の人の評価、ワイナリー情報まで丸ごと取得『Vivino Wine Scanner』

2015年08月22日 07:15 by みろいど
Vivino Wine Scanner

Vivino Wine Scanner

『Vivino Wine Scanner』というアプリをご紹介します。本アプリは、ワインのラベルを写真で撮るだけで、そのワインの銘柄、他の人の評価、ワイナリーの情報などを見られます。

 

また、何と言っても自分のワインログが取れる点が嬉しいアプリです。1点注意なのが言語設定が西洋圏だけなので、英語表示のみです。

 

 

Vivinoは一種のSNSみたいなもの

インストール直後の動きのご紹介は省略させて頂きます。流れとしては、説明画面を4ページ程スワイプして行くと、最後にログイン画面となります。『Facebook』などのIDを利用するか新規にメアドで登録もできます。

 

Vivino Wine Scanner:アプリ画面

Vivino Wine Scanner:アプリ画面

 

起動すると、自分の投稿、Vivinoからの情報、レコメンド、フォローしている人のワインの記録を参照できる画面になります。上方にあるアイコンの一番左が、いわゆるタイムライン相当します。つまりワインラベルに限定された写真のSNSだとお考え下さい。

 

ちなみにタイムライン上に有料版(Vivino Premium)の宣伝は、右上の×をタップすると消すことができます。気になるかたは消しておきましょう。

 

写真を撮るだけ!

右下にあるカメラマークをタップして、ラベルの撮影をします。撮影モードには、「ラベル」を撮影するのと「ワインリスト」を撮影する2つのモードがあります。画像はラベルの撮影モードになっています。

 

Vivino Wine Scanner:カメラでの撮影モード

Vivino Wine Scanner:カメラでの撮影モード

 

「レストランのメニューもスキャンできますよ」と吹き出しが出ていますが、画面をスワイプするとモードを切り替えることができます。

 

左下の方の“?”マークをタップすると、「白い枠の中にラベルを収めて撮影して下さい」という説明が出ます。

 

いざ、撮影!

撮影後、ラベルが表示されます。ちゃんと撮影できていれば、右下のレ点をタップ、撮り直したい場合は、左下の×をタップします。

Vivino Wine Scanner:実際にワインボトルを撮影

Vivino Wine Scanner:実際にワインボトルを撮影

 

レ点をタップすると、ラベルからワインの情報を検索して、検索が終わると、画像にフランス語で「voila!」=「でき上がり」と出ます。

 

自分の評価を追加

検索が終わると、そのワインの情報が表示されます。間違っている場合は、右上の「Edit」をタップすると、候補が現れますので、そのリストから選択して修正します。みろいどは、過去修正したことは1、2度で読み取り精度も情報量も非常に豊富だと実感しています。

 

Vivino Wine Scanner:自分で評価を追加できる

Vivino Wine Scanner:自分で評価を追加できる

 

また、真ん中、下の方に自分でレーティングをタップして入れたり、位置情報や価格も入れたりできます。ちなみに価格が検索結果として出てくる場合もあります。

 

ワインの情報

この状態で下の方にスクロールして行くと、このワインに関するいろいろな情報を見ることができます。

 

Vivino Wine Scanner:ワインに関する情報が見られる

Vivino Wine Scanner:ワインに関する情報が見られる

 

例えば、どこのワイナリーで作られたものなのか、どんな葡萄を使用しているのか、さらにそのワイナリーで作られている他のワインリストも見られます。

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード
アプリをダウンロード

 

1 2
Vivino Wine Scanner
Vivino Vivino Wine Scanner 無料

ワインのラベルを撮るだけでOK!銘柄、他の人の評価、ワイナリー情報まで丸ごと取得『Vivino Wine Scanner』

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ