4K動画の録画、ハイレゾ対応!「Xperia Z5」はカメラやオーディオ機能が大きく向上

2015年10月31日 07:00 by 君国 泰将
4K動画の録画、ハイレゾ対応!「Xperia Z5」はカメラやオーディオ機能が大きく向上
「Xperia Z5」はカメラやオーディオ機能が大きく向上

「Xperia Z5」はカメラやオーディオ機能が大きく向上

今冬最注目機種のひとつ、「Xperia Z5」を紹介します。

 

前回は主にデザインについてレビューしましたが、今回はカメラやオーディオ機能に触れたいと思います。

 

※発売前の試作機でレビューを行っています。製品版とは異なる場合があるかもしれませんのでご了承ください。

 

 

【ドコモ版】「Xpera Z5」を購入

購入はこちら

 

【ソフトバンク版】「Xpera Z5」を購入

購入はこちら

 

高速オートフォーカスとズームで圧倒的に使いやすくなったカメラ機能

「Xperia Z5」になって、大きく進化したひとつがカメラ機能です。

 

まず、センサーが「1/2.3型の約2,300万画素のイメージセンサーExmor RS for mobile」と完全に新しいものになりました。

 

1/2.3型の約2,300万画素のイメージセンサーExmor RS for mobileを搭載したカメラ

1/2.3型の約2,300万画素のイメージセンサーExmor RS for mobileを搭載したカメラ

 

従来のものと比べると、2,070万画素から少し高画素化しただけのように思えますが、ソニーのデジタル一眼カメラαシリーズに採用されているコントラストAFと像面位相差AFを組み合わせたハイブリッドAFで、最速0.03秒のオートフォーカスができるようになりました。

 

これが実際に撮ってみると恐ろしく速く、近くの被写体から遠くの被写体でも撮りたいと思ったところで画面とタッチするとすぐそこにピントがあってすぐにシャッターがきれます。これは気持ちいい。

 

最速0.03秒のオートフォーカスができる

最速0.03秒のオートフォーカスができる

 

カメラボタンを押してからの起動も早くなっているので、「撮りたい!」と思った時に、すぐシャッターチャンスをモノにできます。

 

さらに画像処理エンジンBIONZ for mobileとの組み合わせで、解像感を保ちながらのズーム(Clear Image Zoom)が出来るようになっています。

 

カメラの、23MP/5520×4140(4:3)や20MP/5984×3366(16:9)では、デジタルズームは3倍までですが、8MB/3264×2448(4:3)や8MB/3840×2160(16:9)の時にデジタルズーム5倍まで利用できます。そこからさらに引き延ばすデジタルズームとして最大8倍まで拡大できます。

 

F2.0のGレンズという明るく24mmという広角なレンズを搭載していることもあって、背景を含めた撮影が得意なのですが、反面クローズアップしたい時もあるので、ピンチイン・ピンチアウトでズームが自在に出来ると、撮りたい構図が決めやすく、使ってみるとかなり便利です。

 

それから、「プレミアムおまかせオート」で撮影する際に、画面に表示する2つバーを上下させて好みで「明るさ」や「色合い」を調整できるようになっています。

 

バーを上下させて好みで「明るさ」や「色合い」を調整できる

バーを上下させて好みで「明るさ」や「色合い」を調整できる

 

これがなかなかあると便利で、撮った後から画像加工アプリで好みに調整するというやり方が一般的ですが、これならまさに撮りたいと思ったその場所で自分のイメージ通りに撮影できます。

 

「マニュアルモード」では、シーンセレクションから、輝度差が激しい場合に便利な「逆光補正HDR」が使えますが、このモード時でも、露出(明るさ)の変更もできるようになりました。

 

「マニュアルモード」から「逆光補正HDR」が使える

「マニュアルモード」から「逆光補正HDR」が使える

 

Xperia Z4」では、同時利用ができなかっただけに、これも地味に便利です。

 

動画撮影は前モデルに引き続き4K動画の撮影が可能です。

 

4K動画の撮影が可能

4K動画の撮影が可能

 

ちょっと心配だった「Xperia Z4」で4K動画を撮影した際に、録画をはじめて2分もしないうちに温度上昇により長時間撮影できなくなるという制限のようなものがありましたが、「Xperia Z5」でも試したところ、ほのかに背面は暖かくなりますが、連続して長い時間4K動画を撮影することができました。

 

こうなると、ストレージ容量が足りなくなるという別の問題もでてきますが、撮りやすくなっているのは前向きな要素だと思われます。

 

また、撮った4K動画から、フォトキャプチャーして800万画素の写真を切り出す事も出来るので、動画を撮っておいて後から欲しいところをフォトキャプチャして、静止画を残すという使い方もできます。

 

撮影した4K動画から、800万画素の画像を切り出し可能

撮影した4K動画から、800万画素の画像を切り出し可能

 

1 2 3