手のひらサイズのハイスペックスマホ!「Xperia Z5 Compact」。小さくてオシャレなスマホが欲しい方は必見

2015年11月13日 07:00 by 君国 泰将
手のひらサイズのハイスペックスマホ!「Xperia Z5 Compact」。小さくてオシャレなスマホが欲しい方は必見
手のひらサイズのハイスペックスマホ!「Xperia Z5 Compact」

手のひらサイズのハイスペックスマホ!「Xperia Z5 Compact」

2015 年秋冬の新モデル、「Xperia Z5 Premium」、「Xperia Z5 」、「Xperia Z5 Compact 」のうち、前回の「Xperia Z5(SO-01H)」に引き続いて、コンパクトモデルの「Xperia Z5 compact(SO-02H)」をソニーさんからお借りしたので、レビューしてみたいと思います。

 

※発売前の製品でレビューを行っているため、最終的な製品版とは異なる場合があります。

 

 

「Xpera Z5 Compact」を購入

購入はこちら

 

片手で使えるサイズ感がうれしい

「Xperia Z5 Compact」の本体サイズは、長さ約127 mm×幅約65 mm×厚さ約8.9 mm、質量は約138g。

 

 

ディスプレイサイズは、4.6インチ(解像度1280 x 720)となり、「Xperia Z5」の5.2インチ(解像度1920 x 1080)とのディスプレイサイズの差から本体のタテヨコサイズはかなり小さくなります。

 

「Xperia Z5」(右)と比べると、コンパクト感は一目瞭然

「Xperia Z5」(右)と比べると、コンパクト感は一目瞭然

 

ただし、厚みに関しては「Xperia Z5」よりも大きく全体サイズの印象からも随分と厚く見えてしまいます。

 

厚みは「Xperia Z5」(下)より増している

厚みは「Xperia Z5」(下)より増している

 

おそらく本体の厚みが増えた事に加えて、側面の処理がフラットになったことで、さらに気になってしまうのかもしれません。

 

ただ、手に持った時の収まりはよく、しっかり片手で握って使えるのはこのサイズ感ならではです。

 

本体左側面にSIMやmicroSDカードトレイ(上)本体側面に電源や音量キー(下)

本体左側面にSIMやmicroSDカードトレイ(上)本体側面に電源や音量キー(下)

 

Xperia Z3 compact」から「Xperia Z5 compact」にモデルチェンジしたとみると、外観は「Xperia Z4」で大きく変わったように、従来あったマグネット端子がなくなり、MicroUSB端子も本体真下に移動してキャップレス防水になっています。

 

本体上部にイヤホンジャック(左)本体下部にmicroUSB端子(右)

本体上部にイヤホンジャック(左)本体下部にmicroUSB端子(右)

 

もちろんIP65/IP68相当の防水性能と防塵性能はもちろん引き続き備えて、本体の上部にあるイヤホンジャックや、底面にあるmicroUSB端子は、キャップレスタイプとなっており、フタの開け閉めなくダイレクトにさしこむ事ができるのでストレスなく使えます。

 

本体左にあるカバーを開けると、nanoSIMカードを入れるトレイ、microSDカードスロットがあります。

 

カバーを開けると、nanoSIMカードを入れるトレイ、microSDカードスロットがある

カバーを開けると、nanoSIMカードを入れるトレイ、microSDカードスロットがある

 

少し厚みが増してしまいましたが、プロセッサーは、「Xperia Z5」と同じくQualcomm Snapdragon 810 (MSM8994)Adreno 430 GPUを搭載し、内部ストレージ(ROM)は32GB、バッテリー容量は2,700mAhにアップするなど本体の性能は「Xperia Z3 compact」よりも向上しています。

 

メモリー(RAM)に関しては、2GBのまま維持となっています。

1 2 3 4 5