Microsoft製のシンプル&洗練されたホームアプリ『Arrow Launcher』

2015年12月16日 07:00 by たかろん
Arrow Launcher

Arrow Launcher

Microsoft謹製のホームアプリが今回紹介する『Arrow Launcher』です。

 

横フリックで切り替わる機能別の画面構成、画面をスワイプアップすることで表示されるiPhone風の独自メニューなど、シンプルかつ利便性の高い操作感が特徴。

 

これまでベータ版のみの提供でしたが正式版がリリースされました。機能面、使いやすさを求める方におすすめです。

 

 

使用頻度に応じて並びが変わるアプリ一覧

本アプリをホームアプリとして設定すると、よく使用するアプリを5つ以上選択するように求められます。

 

Arrow Launcher:よく使用するアプリを5つ以上選択

Arrow Launcher:よく使用するアプリを5つ以上選択

 

選択するとホーム画面が表示。アプリ一覧である「Apps」のページでは、選択した5つのアプリが常に先頭にくる仕様になっています。その他のアプリも使用頻度に応じて順序が入れ替わるので、自然と自分好みの一覧が出来上がる点が画期的です。

 

Arrow Launcher:アプリ一覧

Arrow Launcher:アプリ一覧

 

その他、画面下部のアイコンから、アルファベット順のドロワーも開けるので、アプリ探しに困ることはありません。

 

Arrow Launcher:アルファベット順のアプリ一覧

Arrow Launcher:アルファベット順のアプリ一覧

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

アプリをダウンロード

 

ページごとに機能が変わる画面構成

冒頭の通り、本アプリは横にフリックすることで「最近」「連絡先」「ウィジェット」など、画面別で機能が切り替わる点が大きな特徴。例えば、「連絡先」を見てみると、各連絡先をタップすることで電話、メール、SMSといったメニューが表示。

 

Arrow Launcher:連絡先(左)「最近」では、直近で保存・撮影した写真が一覧表示(右)

Arrow Launcher:連絡先(左)「最近」では、直近で保存・撮影した写真が一覧表示(右)

 
「最近」では、直近で保存・撮影した写真が一覧表示され、「ウィジェット」のページでは任意のウィジェットを自由に複数配置、「ノート」内ではアラーム付きのリマインダーを追加していくことが可能です。

 

Arrow Launcher:ノート画面(左)ウィジェットも自由に設置可能(右)

Arrow Launcher:ノート画面(左)ウィジェットも自由に設置可能(右)

 

便利機能満載のコントロールセンター風画面

ホーム画面をスワイプアップすると、壁紙をガラス越しで見ているような、どこかiPhoneのコントロールセンターを思わせる画面が表示されます。

 

Wi-FiのOn/Off、機内モード切り替え、画面の自動回転設定、画面の明暗調整といったトグルの他、ここでも好きなアプリを設置できるので、「App」とは別に、よく使うアプリを配置してみるといいでしょう。

 

Arrow Launcher:iPhoneのコントロールセンターを彷彿する画面

Arrow Launcher:iPhoneのコントロールセンターを彷彿する画面

 

他にも便利なアプリが揃っています!

<総括>

Microsoft謹製のホームアプリです。横フリックで切り替わる機能別の画面構成、iPhone風の独自メニューなど、シンプルかつ利便性の高い操作感が特徴です。

Arrow Launcher
Microsoft Corporation Arrow Launcher 無料

Microsoft製のシンプル&洗練されたホームアプリ『Arrow Launcher』

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ