「モノのインターネット」って何だ?注目のIoT関連情報まとめ~ちょっと先の未来を先取り~

2016年03月12日 07:00 by 編集部おおわだ
「モノのインターネット」って何だ?注目のIoT関連情報まとめ~ちょっと先の未来を先取り~
注目のIoT関連情報まとめ~ちょっと先の未来を先取り~

注目のIoT関連情報まとめ~ちょっと先の未来を先取り~

本記事は、IoT関連の情報を紹介していきます。最近よく聞く「IoT」という言葉。一体なんだろうと思う方もいますよね。

 

「IoT(Internet Of Things)」は「モノのインターネット」などと呼ばれ、様々なモノに通信機能を搭載して、様々なモノとネットワークで結ばれる。結果、とっても便利になる!といったものです。

 

それでは、早速紹介します。

 

 

安全運転をサポート「路車間通信システム」

道路や建物、標識など情報を受け取り、ドライバーにそれらの情報を提供するシステムです。たとえば、右折待ちで停車している際に、対向車線の直進車や歩道を歩く歩行者がいるにも関わらず、発進しようとした際に、ドライバーに注意喚起を行ってくれます。

トヨタでは一部車種にこうしたシステムを搭載しており、今後の普及が期待されます。ただし、車だけでなく、交差点等にこうした情報を発信できるインフラ整備が必要となります。

 

トヨタ公式HPより

トヨタ公式HPより

 

 

ドライバーの状況を認識し、利用シーンに合わせたスマホを活用したサービスを提供

車関係の情報をもうひとつ。パイオニアが発表した「クルマDEビーコン サービスプラットホーム」です。文字だけ見ると分かり辛いですが、車にビーコン端末を搭載すると、乗車、運転、降車などのシーンにあわせて、ドライバーに最適な情報を提供するシステムです。

 

たとえば、万一、事故が起きた場合、ビーコンが衝撃などを感知し、自動で保険会社などの連絡先をスマホに表示。ドライバーや乗車している人がワンタップで連絡できるようになります。

 

パイオニア報道資料より

パイオニア報道資料より(PDFファイル)

 

 

人のように心を持つ家電「ココロエンジン」

「ココロエンジン」はシャープが開発した家電AIです。より人に近い思考を家電に持たせて、声や文字によって、家電の使い方や状況に合ったアドバイスなどをしてくれます。

 

たとえば、エアコンで暖房している時の室温や、冷蔵庫を開けた回数などをチェックして、節電につながる使い方のアドバイス。料理や洗濯などのコツやヒントを教えてくれたりと、楽しみながら、家電を使いこなせます。

 

シャープ公式HPより

シャープ公式HPより

 

 

 

農業とIoT「e-kakashi」

案山子(かかし)といえば思い浮かべる姿は皆同じかと思いますが、「e-kakashi」はその名の通り、温湿度、日射、土壌水分などを測る各種センサーを搭載。集めたデータをサーバに送信して、PCやスマホで常に自分の畑の状態を確認できます。

 

e-kakashi公式HPより

e-kakashi公式HPより

 

 

こういうの待ってました!SF映画のような縄跳び「SMART ROPE」

縄跳びです。でも普通の縄跳びとちょっと違います。かっこいいです。飛んだ回数がスマホなどに表示、記録されるのはもちろんですが、なんと飛んだ回数が縄跳びに内蔵されたLEDにより空中に表示されます!何もない空間に文字が浮かぶ感じは、想像しただけでもかっこいいですよね!

 

SMART ROPE公式HPより

SMART ROPE公式HPより

 

 

amazonから購入もできます。

 

 

andronaviでは、今後も定期的にIoT関連の気になる製品やサービス情報をお伝えてしていきます。ワクワクするような製品が多いので楽しみですね。

 

IoT関連の情報をチェック