11,800円の格安スマホ「arp AS01M」。ロースペックながら内蔵メモリ3GBは魅力的

2016年06月07日 07:00 by 伊藤浩一
11,800円の格安スマホ「arp AS01M」。ロースペックながら内蔵メモリ3GBは魅力的
11,800円の格安スマホ「arp AS01M」

11,800円の格安スマホ「arp AS01M」

「OCN モバイル ONE」のSIMカードとセットで1万1,800円という価格設定にて発売された格安スマホ「arp AS01M」(キャセイ・トライテック製)を紹介します。

 

本端末は、2016年2月にリリースされた端末で、メーカー希望小売価格は2万2800円となっていま したがが、今回、gooSimsellerから、驚きの価格で提供される事になりました。

 

 

低価格ながらも特徴的なスペック

SIMフリースマートフォンの人気も高くなり、多くの機種がリリースされています。その中でも、格安スマホと呼ばれる一万円前後の機種が人気となっています。

 

格安スマホと言えば、性能を抑えた分、価格が抑えられており、性能としては、日常ユースでは特に問題はありませんが、動作の遅さや、複数のアプリを利用した場合の動作のもたつきなど発生してしまうのは、価格面を考えると仕方がないことです。

 

「arp AS01M」は、Android 5.1を搭載したSIMフリースマートフォンですが、最大の特徴としては、内蔵メモリRAMが3GBを搭載していることです。

 

格安スマホと言えば、内蔵RAMが1GB、もしくは、2GBを搭載することが多く、アプリを多く立ち上げると、メモリ領域が圧迫されて、動作が緩慢になることがあります。「arp AS01M」においては、3GBのRAMを搭載していますので、余裕のある運用が可能です。

 

その他の機能としては、5インチの1280×720ドットHD液晶ディスプレイ搭載、CPUは1.0GHzのクアッドコア「MT6735P」、LTEは「band 1/3/19/41」に対応。ストレージは16GBで、128GBまでのmicroSDカードを利用できます。

 

メインカメラは800万画素、インカメラは200万画素。SIMカードサイズはmicroSIM。無線LANはIEEE 802.11b/g/n。Bluetooth 4.1、GPS、FMラジオが利用できます。バッテリーは取り外し可能で容量は2150mAh。連続待受時間は約250時間、連続通話時間は約360分。

 

このように、スペックとしてはローエンドの部類に入りますが、内蔵RAMが3GBというスペックが突出しており、全体的なパフォーマンスに良い影響を与えている端末です。

 

なお、キャセイ・トライテックの「arp」(アープ)というブランドは、2016年1月にスタートしており、「Amenity(快適さ)」「Reasonable (リーズナブル)」「Preference(パフォーマンス)」というコンセプトになっており、頭文字を組み合わせることで「arp」となります。

 

「arp AS01M」スペック

OS Android 5.1
サイズ 横72.5mm×高さ144mm×厚さ7.65mm、重さ約130g
CPU MT6735P 1.0GHz クアッドコア
メモリ RAM:3GB/ROM:16GB
メモリースロット Micro-SDスロット×1:最大128GB(SD/SDHC/SDXC)
ディスプレイ 約5.0インチ
バッテリー 2,150mAh
カメラ メイン:800万画素、インカメラ:200万画素
ネットワーク 4G:FDD-LTE B1/B3/B19(DL 150Mbps/UP 50Mbps)TD-LTE B41、3G:UMTS:B1/B8/B19、2G:GSM:850/900/1800/1900MHz

 

「arp AS01M」を購入

購入はこちら

 

1 2