話題のロボホンを使ってみた!動画で紹介

2016年06月10日 07:30 by 編集部おおわだ
話題のロボホンを使ってみた!動画で紹介
話題のロボホンを使ってみた!

話題のロボホンを使ってみた!

話題のロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」を少しお借りできたので、使ってみました。

 

ロボット電話ということで、電話が出来る事は分かるのですが、「他にはどんな事ができるのだろう?」という事で、ロボホンの代表的な機能を、動画を中心に紹介したいと思います。

 

 

「RoBoHoN(ロボホン)」を購入

購入はこちら

 

ロボホンとのコミュニケーションを楽しもう

使った感想ですが、スマホというより、ロボホンに話しかけたり等、コミュニケーションを楽しむものと感じました。

 

もちろん、電話やメール、カメラなどの機能は利用できますが、そうした機能よりロボホンに話しかけて、何かしてもらうといった楽しみ方が、ロボホンとの最初の一歩かなと思います。

 

ちなみにロボホンは最初にオーナー登録をする必要があります。1台につき1人しかできず、お借りしたロボホンは、実は編集部こんどう巨神兵がすでに登録済!

 

目玉機能のひとつプロジェクターは、オーナーのみしかできないため、本記事では割愛します。オーナー登録やプロジェクター機能については、下記の記事をご覧ください。

 

 

ロボホンの電源は、左側面にあります。

 

電源は左側面にある

電源は左側面にある

 

モニターは約2インチと小さめです。ロボホンの背面にあり、スマホと同じようにタップやスワイプで操作できます。文字入力はさすがに画面が小さく、しにくいのですが、直接画面に文字を書いて入力することも可能です。

 

スタイスラペンで入力も良いですが、音声入力にも対応しているので、どちらか使いやすい方法を選択してください。

 

背中にディスプレイがある

背中にディスプレイがある

 

下記はスペックです。

 

「RoBoHoN」スペック

OS Android 5.0
サイズ 身長約19.5cm、重さ約390g
CPU Qualcomm Snapdragon400 processor 1.2GHz(クアッドコア)
メモリ RAM:2GB/ROM:16GB
ディスプレイ 約2.0インチ QVGA
バッテリー 1,700mAh
カメラ 800万画素
ネットワーク LTE:Band1(2.0GHz)、Band3(1.7GHz)、Band19(800MHz)/3G:Band1(2.0GHz)、Band6(800MHz)、Band19(800MHz)

 

1 2 3