最新Windows10スマホ「MADOSMA Q601」でデスクトップPCのような操作が可能なContinuumを体験

2016年08月16日 07:00 by 伊藤浩一
最新Windows10スマホ「MADOSMA Q601」でデスクトップPCのような操作が可能なContinuumを体験
MADOSMA Q601

MADOSMA Q601

Windows 10のモバイル版OSであるWindows 10 mobileを搭載したスマートフォン、いわゆるWindows 10スマホは、日本市場において、多様な機種がリリースされています。

 

これは、世界でも稀な例となっています。理由としては、日本の法人市場におけるWindows環境のモバイル化を進める端末として、ニーズがあるためです。そして、法人向けが中心ではありますが、コンシューマ向けにも同時にリリースされており、日本におけるWindows 10スマホ端末が多くなってきています。

 

そこで、Windows 10スマホの新機種、マウスコンピューターよりリリースされた「MADOSMA Q601」を紹介します。

 

 

シリーズ初のContinuum対応

MADOSMAシリーズは、2015年より、5インチサイズのQ501という機種がリリースされていますが、今回のQ601は、ディスプレイサイズが一回り大きくなり、6インチサイズとなります。

 

さらに、CPUにオクタコアプロセッサのSnapdragon 617(1.5GHz×4+1.2GHz×4)を搭載し、MADOSMAシリーズとして初めてContinuumに対応しました。Continuumとは、外部ディスプレイに接続、出力することで、デスクトップPCのように利用できる機能となります。

 

Continuumの利用シーンとしては、モバイルではスマートフォンとして端末単体で利用し、デスクワークにおいては外部ディスプレイを接続して利用する、といったWindows 10スマホ一台ですべてを賄うという使い方を想定します。

 

「MADOSMA Q610」スペック

OS Windows 10 mobile
サイズ 横82.3mm×高さ160mm×厚さ7.9mm、重さ約176g
CPU Snapdragon 617  1.5GHz (クアッドコア)+1.2GHz(クアッドコア)
メモリ RAM:3GB/ROM:32GB
メモリースロット 最大128GB(microSDXC)
ディスプレイ 6.0インチ フルHD (1920×1080)
バッテリー 3,900mAh
カメラ メイン:1,300万画素、インカメラ:500万画素
ネットワーク WCDMA:BAND 1/6/8/19、FDD-LTE:1/3/8/19/28 (B)、 TDD-LTE:41

 

1 2