『ポケモンGO』の歩きスマホを防ぐ!「ポケモンGOプラス」を利用するメリットを紹介

2016年11月01日 07:00 by 伊藤浩一
『ポケモンGO』の歩きスマホを防ぐ!「ポケモンGOプラス」を利用するメリットを紹介
「ポケモンGOプラス」を利用するメリットを紹介

「ポケモンGOプラス」を利用するメリットを紹介

スマートフォンゲームとして大ブレイクをしている『ポケモンGO』ですが、周辺機器としてユニークなウェアラブル端末「ポケモンGOプラス」がリリースされています。今回は、「ポケモンGOプラス」とAndroidスマートフォンでの連携例を紹介します。

 

 

歩きスマホはダメ!ポケモンGOプラスを活用しよう

『ポケモンGO』は、スマートフォンの大人気ゲームです。世界的に人気の高いゲームソフト「ポケモン」に、スマートフォンの位置情報ゲームアプリ『Ingress』の技術が加わり、『ポケモンGO』という位置情報を生かしたスマートフォンアプリが登場しました。

 

ゲームとしては、スマートフォンのカメラ機能と位置情報機能を生かし、ユーザが移動することで、その場所にバーチャルでポケモンが出現している様子を、VRで実際にカメラで映し出された映像にポケモンを合成して、ポケモンがリアルにいるかのように感じながら、モンスターボールでゲットできるゲームです。

 

あくまで、場所に依存して、ポケモンの出現する種類が変化するため、レアなポケモンが出現する場所に、ユーザが集まり過ぎて、社会問題になっているほどです。

 

『ポケモンGO』は楽しいゲームではあるのですが、問題点も持っています。歩きスマホ問題です。移動することでポケモンをゲットするゲームのため、ユーザは必然的に歩きスマホでゲームを楽しみことになっています。この歩きスマホにより、視界が狭くなることから、ユーザが事故に合う危険性が大きくなっています。また、ユーザ側からすると、歩きスマホで、ずっとゲームをするため、バッテリーや通信量の問題も出てきています。

 

「ポケモンGO」の歩きスマホ対策に有効な周辺機器が「ポケモンGOプラス」です。腕や胸に付けることができるウェアラブル端末になっています。スマートフォンアプリとBluetoothペアリングすることにより、『ポケモンGO』をリモートで遊ぶことができる端末です。

 

遊べる方法は限定されますが、歩きスマホの対策には有効になります。Androidスマートフォンと連携した例を紹介します。ここでは、サムスン製「Galaxy S6 edge」との連携例となります。

 

バッテリーは長持ち、他のアプリと併用も可能

ポケモンGOプラスをAndroidスマートフォンで利用するためには、『ポケモンGO』の設定画面より、「ポケモンGOプラス」を登録します。登録後、操作方法が表示されます。

 

「ポケモンGOプラス」を登録(左)操作方法:点滅でポケモンの出現を通知(右)

「ポケモンGOプラス」を登録(左)操作方法:点滅でポケモンの出現を通知(右)

 

操作方法:捕まえたときの通知(左)操作方法:ポケストップの通知(右)

操作方法:捕まえたときの通知(左)操作方法:ポケストップの通知(右)

 

利用方法としては、「ポケモンGOプラス」をスマートフォンに接続後は、スマートフォンを鞄やポケットに入れた状態で利用ができます。通知ランプとバイブレーションがあったときに、ボタンを押すだけで、ポケモンやアイテムの入手ができます。

 

アイテムを入手した例

アイテムを入手した例

 

ポケモンの出現で通知された例

ポケモンの出現で通知された例

 

「ポケモンGOプラス」を活用することで、歩きスマホ防止以外にもメリットがあります。「ポケモンGOプラス」を利用中は、スマートフォン上でバックグラウンドにて「ポケモンGO」が稼働するため、他のアプリを利用しながら、「ポケモンGO」を利用できます。

 

また、鞄やポケットに入れて、端末をサスペンドした状態で利用するため、ディスプレイを利用しない分、バッテリーの持続時間が長くなります。歩行距離もカウントされますので、タマゴを入手してポケモンを進化させやすくなります。是非、「ポケモンGOプラス」を活用してください。

 

ポケモンGOプラスについてはこちらの記事もチェック