今更ながらKindle Fireをゲットしたので使い勝手をレビュー「設定編」

2017年02月26日 06:00 by 編集部はた
今更ながらKindle Fireをゲットしたので使い勝手をレビュー「設定編」
「Kindle Fire」のおすすめ設定

「Kindle Fire」のおすすめ設定

今更ゲットした「Kindle Fire」。前回は開封から初期設定まで行いました。

 

という訳で今回は使い勝手のご紹介…と思ったのですがその前に「Kindle Fire」を使いやすくする設定をご紹介します。

おすすめKindle Fireの設定

購入して軽く触って自分的に気になる設定をまとめてみました。同じように気になった方は設定しておきましょう。

 

1.キャンペーン情報の非表示

購入時の デフォルト設定だとロック画面にamazonのキャンペーン情報が表示されますが、非表示にできます。

 

ロック画面のキャンペーン情報が不要な場合はOFFに

ロック画面のキャンペーン情報が不要な場合はOFFに

 

場所は、「設定」→「アプリとゲーム」→「Amazonアプリケーションの設定」→「キャンペーン情報」を開きます。

 

そこから「ロック画面のキャンペーン情報」をOFFにすればロック画面が壁紙になります。

 

2.検索エンジンの変更

Kindle Fire」は標準で「Silkブラウザ」 を搭載してますが、検索エンジンがデフォルトで「Bing」になっています。

 

正直申し上げて使いづらいので「Google」か「Yahoo!」に変更をおすすめします。

 

ブラウザの検索エンジンを「Google」か「Yahoo!」へ変更

ブラウザの検索エンジンを「Google」か「Yahoo!」へ変更

 

場所は、「設定」→「アプリとゲーム」→「Amazonアプリケーションの設定」→「Silk ブラウザ」を開きます。

 

続いて「詳細設定」→「検索エンジン」から「Google」または「Yahoo!」を選択しましょう。

 

3.端末の名前を変更

Kindle Fire」はタスクバー左上に常時端末名が表示されています。デフォルトだと「自分の名前のFire」となっているので気になる方もいると思います。…ちなみに筆者は超気になりました。

 

常時表示される端末名を自分の名前から変更

常時表示される端末名を自分の名前から変更

 

場所は「設定」→「端末オプション」→「端末名を変更」から変更できます。変更後3~5で左上の名前が変更になります。即は変わりませんのでご注意を!

 

また、複数のKindle端末を所有している方は名前がかぶらないように気をつけましょう。

 

Kindle Fireの設定おまけ

ここからはおまけの設定です。必要な方のみ設定しましょう。

 

使用状況の収集をOFFにする

Kindle Fire」は端末にインストールしたアプリなどの使用頻度や時間をデフォルトで収集される設定になっています。

 

自分の情報を取られたくないという方はOFFにしましょう

自分の情報を取られたくないという方はOFFにしましょう

 

気にしないという方は良いですが、気になるという方は「設定」→「アプリとゲーム」から「アプリの使用状況データを収集」をOFFにしておきましょう。

 

ホーム画面への追加と最近のコンテンツをOFFにする

デフォルトだと書籍を新規購入すると ホーム画面のアプリの上部に「新規アイテム」として追加されます。少々アプリが使いづらくなるので設定をOFFにした方がよいと思います。

 

アプリが全体的に下へさがってしまう(左)アプリと書籍が混じってよくわからない状態に…(右)

アプリが全体的に下へさがってしまう(左)アプリと書籍が混じってよくわからない状態に…(右)

 

あわせて「最近のコンテンツ」はデフォルトだと書籍やアプリなど利用したもの全てが表示されてしまうので、使い勝手が悪いです。

 

アプリはAndroidと同じくアプリ履歴ボタンがあるので「最近のコンテンツ」は書籍のみにしておくとよいでしょう。

 

両方共OFFにすることを個人的にはおすすめします

両方共OFFにすることを個人的にはおすすめします

 

設定は、「設定」→「アプリとゲーム」→「ホーム画面の設定」から「新規アイテム」は「ホームページに新規アイテムを表示」、「最近のコンテンツ」は「最近のコンテンツにアプリの表示」をそれぞれOFFにすればOKです。

 

以上で「Kindle Fire」の設定は終了です。これで随分と使いやすくなると思います。次回こそはアプリの使い勝手を紹介しようと思います!

 

「Kindle Fire」関連の特集をチェック