家電のリモコンをこれ1つで操作できる「SwitchBot ハブミニ」

家電のリモコンをこれ1つで操作できる「SwitchBot ミニハブ」

今回紹介するのは、「GoogleHOME」や「Amazon Alexa」とリンクして音声で、エアコンやテレビを操作できるようになる「SwitchBot ハブミニ」です。

「SwitchBot ハブミニ」
「SwitchBot ハブミニ」

原理は簡単で「SwitchBot ハブミニ」は赤外線リモコン機能を搭載しており、エアコン、テレビ、シーリングライト、扇風機などなど、赤外線リモコン付の家電であればリモコンの機能をラーニングして操作できます。

これとスマートスピーカーがあれば、テレビやエアコンのON/OFFが音声で操作できます。また家外からでも専用アプリから自宅の家電を操作できます。

うっかりエアコンや電気をつけっぱなしで外出してしまった時に役立ちますよ。

まずはパッケージから。想像よりもかなり小型です。

「SwitchBot ハブミニ」パッケージ
「SwitchBot ハブミニ」パッケージ

続いて同梱物、USBケーブル、3Mテープ、マニュアルの3つ。電源は同梱しておりませんのでスマホの充電器などを利用しましょう。

「SwitchBot ハブミニ」同梱物
「SwitchBot ハブミニ」同梱物

本体は、一見すると白い箱にしか見えません。サイズは手のひらに乗るくらいです。

「SwitchBot ハブミニ」本体
「SwitchBot ハブミニ」本体

裏面です。フック取付口があるので壁掛けもできます。 中央下部の凹みが電源口になります。規格はMicroBです。

「SwitchBot ハブミニ」裏面
「SwitchBot ハブミニ」裏面

操作には 、『 SwitchBot』 を利用します。メニューの「デバイスの追加」から「HUB mini」を選択しあとは指示に従っていけばOKです。

「SwitchBot ハブミニ」指示に従い機器を追加
「SwitchBot ハブミニ」指示に従い機器を追加

アプリに追加が完了したら、今度はエアコンやテレビなど操作したい機器を「SwitchBot ミニハブ」に登録します。

「SwitchBot ハブミニ」今度は操作機器を追加
「SwitchBot ハブミニ」今度は操作機器を追加

「新しいデバイスを追加する」を選択すると追加できる機器がズラッと表示されます。以降は操作指示に従っていけば機器が登録されます。ちなみに登録風景は下図のような感じになります。

「SwitchBot ハブミニ」リモコンを向けてボタンを押せばOK
「SwitchBot ハブミニ」リモコンを向けてボタンを押せばOK

登録が完了すると、スマホからエアコンが操作できるようになります。

さらにスマートスピーカーで連動させたい場合は、『 Google HOME』や『 Amazon Alexa』のアプリから「SwitchBot」をセットアップしましょう。なお、すでに利用している場合は、自動で追加されます。

「SwitchBot ハブミニ」現在の我が家のスマート家電状況
「SwitchBot ハブミニ」現在の我が家のスマート家電状況

一度導入すると、本当に便利であれもこれもスマート家電にしたくなります。まずはリモコンから導入してみてはいかがでしょうか?

TOKYO FM デジタルラジオから撤退!最終損益83億円の赤字

TOKYO FM デジタルラジオから撤退!最終損益83億円の赤字

エフエム東京(TOKYO FM)が、2016年から試験放送を行っていたデジタルラジオ『i-dio(アイディオ)』を撤退することが発表されました。

『i-dio』は、もともと、地上アナログテレビ放送終了後に空いた周波数帯 (VHF-Low帯=99MHz~108MHz)を利用して創設された新しい放送の形。テレビのような映像メディアともラジオのような音声メディアとも違う、新しい第3の放送を目指していました。契約不要で受信機を持っていれば誰でも楽しめるのが魅力でした。

続きを読む

モノの価値を体感後に自分で値決め!「あと値決め」とは?

サービスを受けてお会計する時に「思っていたより高く感じたな~」「え、こんな安くて大丈夫?」なんて思うこともあると思いますが、皆さんはそんな経験ありますか?

これまでのお金の流れは、価格を見る > サービスを受ける > 支払うというのが当たり前なので、自分のお財布と相談して…なんて人がほとんどだと思います。しかーし! さすが令和。なんとサービスを受けたあとに自分で金額を決めて支払える『あと値決め』というサービスがあるというではないですか…!!

最低金額が決まっており、サービスの満足度に応じて料金を支払うというサービス。つまりは、サービスを受ける > 価格を決める > コンビニ等で支払う流れになるんです。自分で決める? ちゃんと支払ってくれるの? そんな疑問を解消してまいります。

続きを読む

シャープがAndroidシェアNo.1に!なぜ人気なのか深堀り

スマホメーカーはこれまでApple一強というイメージがありましたが、シャープが風穴を開けつつあります。2019年上半期のAndroidスマホの販売台数では国内シェアトップ。さらに9月25日発表の日時販売データでは、売り上げトップ10内にアップルが7機種ランクインと強さを見せつける中、シャープからも2機種がランクインと健闘しています。シャープスマホの魅力に迫りました。

続きを読む

格安SIMで音声通話なしのプランにするメリット・デメリット

営業等の仕事をしていれば別ですが「そういえば最近いつ電話したっけ?」という方は多いのではないでしょうか。職場の業務連絡もほとんどがメールかチャットアプリ、友人や家族との連絡もほぼLINE。たまに通話することがあっても電話ではなく LINE 通話や Facebook メッセンジャー。「電話番号ってもういらないんじゃ?」とお考えの方に、音声通話なしのメリット・デメリットをご紹介します。

続きを読む

デフォルトの「Google」検索の軽量版!『Google Go』

Google Go: A lighter, faster way to search
画像引用元:Google Go: A lighter, faster way to search

『Google Go』は、検索アプリ『Google』の軽量版のアプリです。

元は2017年にローエンド用端末向けOS「Android Go」用のプリインストールアプリでしたが、このたび単体アプリとしてリリースされました。

続きを読む

モバイルSuicaでできること!他の電子マネーと比較したメリット!

消費税10%が始まってしまいましたね。

しれっと10%になった感じが個人的には許せなくて(笑)、そして10月1日になってから「10%になりましたね~これがお得ですよ!」とノリノリなメディアにもイラっとする今日この頃(そもそも、消費税でお得とか意味わかんないじゃん!笑)。そんなお得情報の中でよく出てくるのが『キャッシュレス還元』というワード。現金以外の支払い方法にすると、2019年10月~2020年6月までの9ヶ月間、増税分もポイントで還元しますよーという処置なのですが、そこで一気に「便利じゃん!」「いいじゃん!」と話題になりサーバダウンまでしてしまったのが『モバイルSuica』なのです。そこで今回は、2006年からスタートしていた『モバイルSuica』についてお伝えさせていただきます!

続きを読む