格安SIMでSMSオプションをつけるメリットは?電話番号がないと使えないサービスは意外と多い

格安SIMでデータ専用SIMを契約しようとしている方!「SMSオプション」のことについて知っていますか?もし知らなければ、使いたいサービスが使えずにとても不便を感じることになるかもしれません。

ここでは、格安SIM契約時にチェックしておきたい「SMSオプション」のサービスについてご紹介します。

続きを読む

eSIMとは?これまでのSIMとの違いと日本国内のサービス提供状況

esim

格安SIMの次はeSIM?


eSIMという新しい形のSIMカードが普及しつつあります。
日本ではあまり聞き慣れないeSIMとは、一体どのようなものなのか。MVMOのIIJがサービス提供を開始し、楽天モバイルもeSIM対応スマホのリリースを発表しています。eSIMの波が来つつある今のうちに、詳しく知っておきたいですよね。eSIM日本国内のサービス提供状況について、さっそくご紹介していきます。

続きを読む

ガラケーや通話のみSIMにするメリット・デメリットとは?

先日、ポケベルが悲しいかなサービス終了となりました。さらに、2022年3月末にはKDDI(au)のガラケーのメイン回線だった3Gが終了予定で、青春時代をPHSやガラパゴスケータイ(ガラケー)で過ごした私としては「おぉ~時代」と感慨深くなるニュースが増えてきました。大学時代は遠距離恋愛を成立させるためにウィルコムとガラケーの2台持ちということもやってたし…(笑)。

そんなガラケーですが、今、再び人気になっているんだとか。都内ではガラケー専門店「携帯市場」がオープンし販売台数や売り上げが、前年比でなんと約5倍にも伸びたとの情報もあり、個人的にも気・に・な・る!

そこで今回は、ガラケーや通話のみSIMについて個人的な観点にはなりますが、メリットとデメリットをご紹介させていただきます。

続きを読む

家電のリモコンをこれ1つで操作できる「SwitchBot ハブミニ」

家電のリモコンをこれ1つで操作できる「SwitchBot ミニハブ」

今回紹介するのは、「GoogleHOME」や「Amazon Alexa」とリンクして音声で、エアコンやテレビを操作できるようになる「SwitchBot ハブミニ」です。

「SwitchBot ハブミニ」
「SwitchBot ハブミニ」

原理は簡単で「SwitchBot ハブミニ」は赤外線リモコン機能を搭載しており、エアコン、テレビ、シーリングライト、扇風機などなど、赤外線リモコン付の家電であればリモコンの機能をラーニングして操作できます。

これとスマートスピーカーがあれば、テレビやエアコンのON/OFFが音声で操作できます。また家外からでも専用アプリから自宅の家電を操作できます。

うっかりエアコンや電気をつけっぱなしで外出してしまった時に役立ちますよ。

まずはパッケージから。想像よりもかなり小型です。

「SwitchBot ハブミニ」パッケージ
「SwitchBot ハブミニ」パッケージ

続いて同梱物、USBケーブル、3Mテープ、マニュアルの3つ。電源は同梱しておりませんのでスマホの充電器などを利用しましょう。

「SwitchBot ハブミニ」同梱物
「SwitchBot ハブミニ」同梱物

本体は、一見すると白い箱にしか見えません。サイズは手のひらに乗るくらいです。

「SwitchBot ハブミニ」本体
「SwitchBot ハブミニ」本体

裏面です。フック取付口があるので壁掛けもできます。 中央下部の凹みが電源口になります。規格はMicroBです。

「SwitchBot ハブミニ」裏面
「SwitchBot ハブミニ」裏面

操作には 、『 SwitchBot』 を利用します。メニューの「デバイスの追加」から「HUB mini」を選択しあとは指示に従っていけばOKです。

「SwitchBot ハブミニ」指示に従い機器を追加
「SwitchBot ハブミニ」指示に従い機器を追加

アプリに追加が完了したら、今度はエアコンやテレビなど操作したい機器を「SwitchBot ミニハブ」に登録します。

「SwitchBot ハブミニ」今度は操作機器を追加
「SwitchBot ハブミニ」今度は操作機器を追加

「新しいデバイスを追加する」を選択すると追加できる機器がズラッと表示されます。以降は操作指示に従っていけば機器が登録されます。ちなみに登録風景は下図のような感じになります。

「SwitchBot ハブミニ」リモコンを向けてボタンを押せばOK
「SwitchBot ハブミニ」リモコンを向けてボタンを押せばOK

登録が完了すると、スマホからエアコンが操作できるようになります。

さらにスマートスピーカーで連動させたい場合は、『 Google HOME』や『 Amazon Alexa』のアプリから「SwitchBot」をセットアップしましょう。なお、すでに利用している場合は、自動で追加されます。

「SwitchBot ハブミニ」現在の我が家のスマート家電状況
「SwitchBot ハブミニ」現在の我が家のスマート家電状況

一度導入すると、本当に便利であれもこれもスマート家電にしたくなります。まずはリモコンから導入してみてはいかがでしょうか?

TOKYO FM デジタルラジオから撤退!最終損益83億円の赤字

TOKYO FM デジタルラジオから撤退!最終損益83億円の赤字

エフエム東京(TOKYO FM)が、2016年から試験放送を行っていたデジタルラジオ『i-dio(アイディオ)』を撤退することが発表されました。

『i-dio』は、もともと、地上アナログテレビ放送終了後に空いた周波数帯 (VHF-Low帯=99MHz~108MHz)を利用して創設された新しい放送の形。テレビのような映像メディアともラジオのような音声メディアとも違う、新しい第3の放送を目指していました。契約不要で受信機を持っていれば誰でも楽しめるのが魅力でした。

続きを読む