CES2010 Androidプロダクト最新情報 第二弾タブレット編

2010年01月10日 09:16 by NECビッグローブ 粟冠

CES2010のレポート第2弾。タブレット編です。Android端末は、SmartPhoneはもちろん、タブレットや電子ブックリーダへとその用途が広がっています。


タブレット

NVIDIAのブースでは、Tegraを搭載したプロトタイプが各社から展示(必ずしも全てが、Android採用というわけではないだろうが)。


COMPAL_ULTIMATE

COMPAL_ULTIMATE

COMPAL「ULTIMATE」
10インチ、Tegra 2?
Homeやメニューなどの物理キーはなく、画面のシステム行の右側にソフト的にあるカメラは、外側(500万画素)と内側。WiFiと3Gをサポート。
DLNAサーバ、DMPアプリも搭載。

QUANTA_QV7A

QUANTA_QV7A

QUANTA 「QV7A」
10インチ、Tegra 2。

ICD_ULTRA

ICD_ULTRA

ICD 「ULTRA」
7インチ、Tegra 2。

PEGATRON_NEO

PEGATRON_NEO

PEGATRON 「NEO」
10インチ、KB付きのクラムシェル型、操作は全てKBで行う(タッちパネルではない)。

Foxconn

Foxconn

これら以外に、ショウケースの中には、Foxconn、MITAC、COMPAL、Wistron、ASUS、NOTION Inkなどからのプロトタイプが静態展示されています。

COMPAL&MITAC

COMPAL&MITAC


Wistron

Wistron


ASUS

ASUS


NOTIONINK

NOTIONINK


その他のブースでは、


MSI_eBook

MSI_eBook

MSI 「eBook」
たぶんTegraを搭載してくると見られる10インチタブレット。
何もチューニングされていないようで、非常に動作が重たいですが。

Marvell_MultimediaTablet

Marvell_MultimediaTablet

Marvell 「MULTIMEDIA TABLET」
リファレンス用の7インチタブレット。
800MHzのチップ、256MBメモリを搭載してAndroid 1.6が動いていますが、ちょっと動作が遅い感じ

TouchRevolution_NIMbleTablet

TouchRevolution_NIMbleTablet

Touch Revolution
MarvellのPXA310を使った、OEM用ボードを提供。
レディモデルとして、7インチのタブレット型の「NIMble Tablet」と、IP電話型「NIMble IP Phone」が用意されている。

TouchRevolution_NIMbleIPPhone

TouchRevolution_NIMbleIPPhone


KINGYUNG_GL

KINGYUNG_GL

KING YUNG 「GLシリーズ」
7インチ、KB付きのクラムシェル型。
独自にポインティングデバイスを搭載しているところが特長。


eBook Reader

eBook市場が、米国では非常に盛り上がっており、ここCESの会場でもeBookカテゴリでの出品社数は、約50社程度。その中で、いくつかの企業がAndroidを採用しています。


enTourage_eDge

enTourage_eDge

enTourage 「eDge」
2画面端末で、左側に書籍を表示させる9.7インチのE-Inkと、右側には10.1インチのカラー。LCDを搭載。2画面利用のほか、E-Ink画面を後ろにたたんでタブレットとしての利用も可能。
Videoチャットにも対応しており、カラーLCD側上部にカメラと、センター部にノイズキャンセル対応のマイクもあり。
Marvell CPU。WiFiモデルと、WiFi+3Gモデルの2つのタイプを予定。
出荷は2月を予定。約$500。

SpringDesign_Alex

SpringDesign_Alex

Spring Design 「Alex」
nookとほぼ同時期に発表になっていた端末。
6インチのE-Inkの画面の下に、3インチのカラーLCDを搭載。Marvell CPU。WiFiと3Gを搭載予定。出荷は2月後半。約$400。

ASTRI

ASTRI

ASTRI(プロトタイプ)
小型のE-InkとカラーLCDを組み合わせた2画面端末
Marvell CPU