CES2010 Androidプロダクト最新情報 第三弾 モトローラ「BACKFLIP with MOTOBLUR」

2010年01月15日 09:10 by NECビッグローブ 粟冠
Motorola BACKFLIP

Motorola BACKFLIP

CES2010で話題になった、米モトローラの「BACKFLIP with MOTOBLUR」をご紹介します。市場投入は、2010年第1四半期を予定しているそうです。


この端末の特徴は、逆折りたたみ式というのか、キーボードが 折りたたんだ時に裏側にくるようなギミックにあります。また、液晶画面の背面にあるタッチパネル「BACKTRACK」が特徴的です。


OSには、Android 1.5を搭載し、ソーシャルネットワークに特化した「MOTOBLUR」を採用。facebook、MySpace、Twitter、Gmail、eメー ルなどといった情報をホーム画面上にガジェットとして常駐させ、いつでも情報を得られるようになっています。また、これらのサービスの間で、登録された連絡先は全て同期される仕組みになっています。


本体は、キーボードを閉じた状態では、通常のスマートフォンのように、画面の 下側に3つのボタン(左から、メニュー、ホーム、リターン)、背面にはフルキーボードがあるという構成。


次のYouTubeの動画は、モトローラスタッフとのやりとり。英語での説明ですが、実際に動いている映像を見るだけでも雰囲気は十分に伝わるはず。



キーボードを利用するときには、キーボード部分を本を開くのとは逆の感じに回転(開いて)して、キーボード入力できるようになる。なお、キーボードを閉じている状態では、キーボード入力はオフになっている。 また、キーボード部分を裏側に回転させる途中でとめると、スタンドのように、キーボードを下にして液晶画面を立てて置くこともできるので、机の上において 時計や天気、フォトアルバム、ソーシャルネットワーキングの情報などを常にチェックすることができる。


testtest

左)液晶画面をたてておくことができる 右)天気や時間を液晶をたてて表示できる


液晶背面にはノートPCのようなタッチパッド「BACKTRACK」があり、例えばHome画面の左右スライドに使ったり、ダブルタッチで実行することができる。ちょうど、キーボードを出した状態で、本体を操作するときに、ちょうど人差し指がこの位置にくる感じです。


BACKFLIP-4

キーボード左下にカメラ

カメラの位置は、キーボードを収納している時に利用できるよう、キーボード面の左下のところに、500万画素のAF付カメラが搭載されてます。

ハードウェア的には、とても特徴的なギミックを搭載したスマートフォンですが、 OSはAndroid 1.5、プロセッサはQualcomm MSM7201Aという今となっては時代遅れのスペックです(MSM7201Aは、初のAndroid端末「T-Mobile G1で採用」)。


しかし、実際に触って見るとその印象とは全く異なり、静電型タッチパネルとも相まってレスポンスも高く、動作のキビキビ感にはとても好感が持てる端末に仕上がっています。OS/プロセッサの時代遅れ感を全く感じさせない、コストパフォーマンスの高い端末だと思います。


主な仕様

  • OS Android OS 1.5
  • プロセッサ Qualcomm MSM7201A(528 MHz)
  • メモリ 256 MB RAM / 512MB ROM
  • 画面 3.1インチ、320 x 480ドット(HVGA)、静電型タッチパネル
  • カメラ 500万画素、AF付(キーボード面にあり)
  • KB ハードウェアキーボード(QWERTYキーボード) BACKTRACK rear touchpad
  • その他 MOTOBLUR付き