Androidケータイを買ったら・・・この5アプリをインストール!:001 【生活密着型アプリ編】

2010年02月11日 11:11 by オクトバ
初めてのAndroidアプリ

初めてのAndroidアプリ

今回から始まったオクトバプレゼンツのこの特集では、シーン毎に使える5アプリをピックアップしたいと思います!


さて、日本国内で初のAndroid携帯が発売されてから、早6ヶ月。先日、新たにソニー・エリクソンから新Android携帯Xperia(エクスペリア、SO-01B)が4月に発売されることも正式に発表されました。


今後、続々と増加していくであろう国内のAndroid携帯の普及台数を背景に、Androidアプリの数も加速度的に増えています。既にAndroidMarket上に公開されているアプリは約2万アプリ。今後もこの数は増え続けることが予想され、アプリ開発者の間では熾烈な競争が繰り広げられようとしています。


そんなAndroidMarket上の膨大な数のAndroidアプリの中から、本当に役立つアプリを探すのは、ある程度の知識が必要であったり、時間をかける必要があると思います。特に初心者ユーザにとっては折角の便利なアプリを知らないがために、不便なまま使い続けたり、Android携帯自体が使えないと思ってあきらめてしまったりすることも多いのではないかと思います。


そこで本シリーズでは、Android携帯を買ったばかりの人を対象に、まずこのアプリを入れると便利になるよ!というアプリを毎回5つづつご紹介していきたいと思います。


さて今回は、Android携帯を買ったら最初にインストールすべきアプリの中でも、特に生活密着型のアプリに注目して厳選した5つのアプリご紹介です。


それではスタート! Let’s go together now!


-1.ジョルダン乗換案内-

ロゴ画面

ジョルダン乗換案内 : ロゴ画面

皆様ご存知ジョルダン乗換案内のAndroidアプリです。知らない場所に行く時に経路を調べるのはもとより、最寄り駅の発車時刻や帰り道の終電時刻を調べるのにも本当に便利なアプリです。こんなに高機能で無料だなんて、素晴らしすぎます。


起動するとジョルダンのロゴが。いつもお世話になります!


起動直後の運行情報画面

ジョルダン乗換案内 : 起動直後の運行情報画面

起動が完了すると現在の運行情報の一覧が表示されます。これで遅延情報もばっちり把握できます。


経路検索画面

ジョルダン乗換案内 : 経路検索画面

経路検索結果画面

ジョルダン乗換案内 : 経路検索結果画面


経路検索も簡単です。出発駅と到着駅を指定して検索するだけ。試しに町田~大崎間で検索すると…こんな感じになりました。 日付指定や出発時間や到着時間、終電などの検索もできます。おなじみの機能は一通りついていますね!


経路間の時刻表

ジョルダン乗換案内 : 経路間の時刻表

経路間の時刻表も表示してくれます。下北沢~新宿間の時刻表はこんな感じです。


ジョルダンライブ!画面

ジョルダン乗換案内 : ジョルダンライブ!画面

面白いのが、ジョルダンライブ!機能。 ユーザからの投稿データを集計して運行情報よりも早い「生」の情報を見ることができる機能のようです。これは新しいですね。



GPSを用いた表示

ジョルダン乗換案内 : GPSを用いた表示

経路検索画面の右上の羅針盤アイコンを押すと、GPSが起動して現在地点の最寄り駅を直感的に表示してくれます。
駅以外のデータもあればかなり便利な仕組みになりそうです。


アプリレビュー&ダウンロードはこちら

『乗換案内』~Android片手に、目指せ!乗換マスター!~



-2.世界天気時計-

アイコンからの起動時

世界天気時計 : アイコンからの起動時

毎日の通勤や通学にとって、明日の天気はとても気になるところですよね。ただ、毎回ブラウザで調べるのは面倒くさいのものです。そんなあなたにピッタリなのが世界天気時計。 特定の地域を設定しておくと、ウィジェット形式でその地域の天気を表示してくれます。 バージョンアップによってステータスバーに情報を表示することも可能になり、さらに便利になりました。


世界天気時計のアプリアイコンを押すとウィジェット追加ボタンが現れます。追加を押しておきましょう。


ウィジェット追加画面

世界天気時計 : ウィジェット追加画面

その後、ホーム画面上の世界天気時計をおきたい場所を長押しします。するとウィジェット追加用の画面が出てくるので、天気予報を選んで完了です。


ウィジェット設定画面

世界天気時計 : ウィジェット設定画面

ウィジェット表示画面

世界天気時計 : ウィジェット表示画面


ウィジェットが起動すると、天気予報を表示したい場所の入力画面が出てくるので、お住まいの地域を入力してください。今回は神奈川県は相模原市にしてみました。ウィジェットの設定が完了すると、ホーム画面に世界天気時計のウィジェットが出現!GPSに連動して天気予報の地域を変更する仕組みもあるようですが、まだテスト段階のようです。


ウィジェットをタップすると明々後日までの天気が表示される

世界天気時計 : ウィジェットをタップすると明々後日までの天気が表示される

ウィジェットをタップすると、明々後日までの天気が表示されます。


ステータスバーにも天気情報を表示

世界天気時計 : ステータスバーにも天気情報を表示

また、アプリ設定で「ステータスバーに表示」項目にチェックを入れておくと、ステータスバーに天気予報情報を表示してくれます。ステータスバーのみに表示する機能も是非作って欲しいです。


アプリレビュー&ダウンロードはこちら

『世界天気時計』ウィジェット~お天気情報最前線~



-3.クーポンマップ-

ロゴ画面

クーポンマップ : ロゴ画面

外出中に食事できる場所を探したい。しかも、クーポンのあるお得なお店を探したい。そんな時に便利なのが、このクーポンマップです。 自分の今いる場所の近くにあるお店の場所を地図上に表示してくれるます。さらにクーポンの有無も見れるので、お財布にも優しい一石二鳥アプリです!


起動直後の地図画面

クーポンマップ : 起動直後の地図画面

その後、地図画面へ。現在位置の近くのお店が検索され、ナイフとフォークのアイコンで表示されています。赤色がクーポンあり、緑色がクーポンなしのようです。


店舗情報の表示

クーポンマップ : 店舗情報の表示

店舗情報からの操作

クーポンマップ : 店舗情報からの操作


試しに一つ、クーポンありのお店をタップしてみましょう。お、携帯クーポンがあるようです。操作ボタンをタップすると、クリップボードにコピー、共有、電話をかける、現在地からの経路など様々な機能が出てきます。これは便利。クーポンは詳細ボタンをタップすることで見れます。


店舗一覧の表示

クーポンマップ : 店舗一覧の表示

右下のボタンを押すと今表示されているお店が画面上部にずらっと並びます。見やすいですね。


メニューボタン長押しで検索窓を表示

クーポンマップ : メニューボタン長押しで検索窓を表示

音声検索画面

クーポンマップ : 音声検索画面


実はこのアプリ、音声検索もできちゃいます。メニューボタンを長押しすると検索画面がでてくるのでそこでマイクボタンをタップすると、「お話しください」という表示がでてきます。ここで検索したい地域名を話すとばっちり音声検索できます!これはかなり画期的ですね。


アプリレビュー&ダウンロードはこちら

『クーポンマップ』~知らない場所でお得なお店探し~


-4.Retro Clock-

ウィジェット選択画面

Retro Clock : ウィジェット選択画面

時計代わりに携帯を使う方は多いのでは?
時間を大きく表示したい。ついでに今日の日付も!という要望に答えるアプリが、このRetro Clockです。
Android携帯のホーム画面にウィジェットとして時間と今日の日付を大きく表示してくれるので、一目瞭然。
しかもデザイン良し!


左が「Retro Clock」、右が「Retro Date」

Retro Clock : 左が「Retro Clock」、右が「Retro Date」

ホーム画面を長押ししてウィジェットを選択すると、、、ばっちり表示されました!それにしてもシンプルでデザインが良いですね。これなら、いつも目にするホーム画面においておいても鬱陶しくありません。
ちなみに、左半分の時刻を表示しているのが、「Rectro Clock」で、右半分の日付を表示しているのが「Retro Date」です。別々のウィジェットになっているので、どちらか片方だけホーム画面に貼ることが可能です。


アラーム設定画面が起動

Retro Clock : アラーム設定画面が起動

カレンダーが起動

Retro Clock : カレンダーが起動


「Retro Clock」をタップするとアラーム設定画面がでます。これでアラームを設定可能です。「Retro Date」をタップすると、標準のカレンダーが起動します。シンプルでおしゃれなウィジェット「Retro Clock」、「世界天気時計」とのデザイン相性も抜群でおすすめです!


-5.TuneWiki-

ミュージックライブラリ画面

TuneWiki : ミュージックライブラリ画面

移動中、音楽でも聞いて暇をつぶしたい!そんな時にぴったりなのが、TuneWiki。
Androidの中に入っている自分の音楽はもとより、インターネットラジオやYouTubeまでいつでもどこでも再生できます。しかも、曲に会わせて歌詞まで表示してくれる優れもの。
No Music, No Life人にはうってつけの一品です。


音楽再生中の様子

TuneWiki : 音楽再生中の様子

起動すると、ミュージックライブラリの画面へ。自分の携帯の中に入っている音楽がアーティストやアルバム別に表示されます。

それでは早速音楽を聞いてみましょう。音楽の再生とともに歌詞が表示されています!ちょっとしたカラオケ状態です。すごい。


インターネットラジオサービス選択画面

TuneWiki : インターネットラジオサービス選択画面

インターネットラジオ再生中の様子

TuneWiki : インターネットラジオ再生中の様子


次はインターネットラジオを聞いてみましょう。下のメニューのタブの左から2番目のマイクボタンを押すとインターネットラジオの選択画面へ。Last.fmとSHOUTcastに対応しているようです。今回はSHOUTcastを選択。たくさんあるインターネットラジオ局の中からThe Hitz Channelというのを選ぶと、、、曲が流れました!しかもこれまた歌詞付き!

YouTube検索画面

TuneWiki : YouTube検索画面

YouTube動画再生中の様子

TuneWiki : YouTube動画再生中の様子


TuneWikiの機能はまだまだこんなものではありません。YouTubeを検索してみましょう。YouTubeで検索すると、、、無事動画が流れました。そしてこちらも歌詞付きです!一体どのような仕組みで歌詞をつけているのか分かりませんが本当スゴいですね。


GPSを用いたソーシャル機能

TuneWiki : GPSを用いたソーシャル機能

実はTuneWikiにはソーシャル機能もあります。GPSを用いて周りにいるTuneWikiユーザの場所を表示、さらに彼・彼女等の曲を聞くことができます。色んな種類の音楽を楽しむ良いきっかけになりそうです。




いかがでしたでしょうか?今回は生活の中に必要不可欠な分野からアプリをピックアップしました。これらのアプリを使ってAndroid携帯ライフがより一層充実していただければ幸いです。See you next time. Bye!