『Easy Tie』生活百科~Freshmanに捧ぐ~

Easy Tie:図1.Easy Tieのアイコン

Easy Tie:図1.Easy Tieのアイコン

今回は、「Easy Tie」というアプリをご紹介します。


いよいよ、新入学、新入社の季節です。そんな貴方にネクタイの結び方をAndroidが教えてくれます。

Easy Tie:図2.結び方の種類

Easy Tie:図2.結び方の種類(起動画面)

みろいども、十数年ほど会社勤めをしておりますが・・・こんなに結び方があるなど、知りもせず、あまり気にもしておりませんでした(そもそも、普段殆どスーツ着て ないし(^^;


そんなみろいども、ネクタイの結び方は、父親から教えてもらい、ずっとそれが普通(普通って何?ですが・・・)と信じてきましたが・・・実は、みろいどの結び方、 間違っているかもしれません。結び方を照合したのですが、ぴったり合うのがないのです・・・でも、多分、Half Windsorなんです。左右反対みたいですが・・・。


さて、結び方を選択すると、図3~5の様な詳しい絵が現れます。これは、「Half Windsor」っていう結び方です。


Easy Tie:図3.Half windsor 結び方1

Easy Tie:図3.Half Windsor 結び方1

Easy Tie:図4.Half Windsor 結び方2

Easy Tie:図4.Half Windsor 結び方2


Easy Tie:図5.Half windosor 完成

Easy Tie:図5.Half Windsor 完成

この結び方は7スライドありました。結び方によってスライドの数は違います。


画面下の「back」「next」でスライドをめくることができます。また、右上にCDとかでおなじみの再生ボタンマークがありますが、これを押すとスライドショーが始まる様になっています。


Easy Tie:図6、設定画面

Easy Tie:図6、設定画面

見え方の設定やスライドショーの設定は、起動画面(図2)の右上の「i」マークをタッチすると出ます(図6)。設定項目は、スライドショー画面遷移のインターバル、鏡像表示、Displayのサスペンドを抑制するなどの設定ができます。非常にシンプルです。


さて、ここでおなじみの?やってみよう!ということで、特別教材の映像を付けましたのでご覧ください!


こちらの記事もご覧ください。