『TapPhoto』スライドショー~リズムにあわせて、写真をユニークスライド~

  • list
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TapPHOTO:TOP画面

TapPhoto:TOP画面

通勤や待ち合わせのちょっとした空き時間を音楽を聴きながらすごしている人は多いのではないでしょうか。今回紹介する『TapPhoto』は、お気に入りの音楽を聴きながらリズムに合わせて写真を画面上で動かすことができるスライドショーアプリです。


写真をタップさせてつくるスライドショー

スライドのデザインは5種類。スライドモードは、写真をタップしてスライドを動かすMANUAL PLAY登録したリズムで動かすAUTO PLAYの2種類です。写真はランダムで表示され、スライドデザインは左右へ画面をスライドして切り替えることができます。また、画面の向きによって縦表示と横表示に切り替わります。表示方法が変えるだけで、見え方が大きく変わるのでぜひお試しください。


TapPhoto:スライトが切り替わるとブルっと振動、画面をタップすると画像が拡大します

TapPhoto:スライトが切り替わるとブルっと振動、画面をタップすると写真が拡大します


画像だけでは実際の動きまでは伝わりませんよね。動画でご確認ください。


タップするだけでは物足りないという方は、スライドさせる写真にルールを付けて目当ての写真が出てきたらストップさるゲームとして遊んでみてはいかがでしょうか。好きなアイドルの写真におじさんをいれてみたり、笑顔の写真の中に怒っている顔を混ぜたり、友達の写真の中に好きな子を入れて、目当ての写真を決めることで即席のルーレットゲームに変身します。



基本操作を確認

アプリを起動して「スタート」を押すと設定画面へ移動します。


設定する内容は3つ。

  • 画像フォルダの設定
  • BIGを設定
  • スライド方法を設定


TapPHOTO:画像選択

TapPHOTO:手順の下のアイコンで階層を確認

画像フォルダの設定

スライドショーする写真はフォルダ単位で設定します。デフォルトの選択画面では「端末全体」内の「SDカード」の情報を一覧表示しています。端末内蔵のカメラで撮影した写真は「DCIM」フォルダの中にあります。FxCameraのようなアプリを使用して撮影した写真は別フォルダに保存されていることがあります。アプリタイトルなどから目的のフォルダを探してみてください。


ゲーム感覚で遊ぶなら、事前に専用のフォルダを作っておくことをオススメします。


TapPHOTO:BGM選択

TapPHOTO:BGM選択

BGMの設定

スライドショー表示中に流れるBGMを設定します。端末内に収録されている楽曲は「music」フォルダ内にあります。外部から取り込んだ楽曲はフォルダが別になっている場合があります。


TapPhoto:リズムモード選択

TapPhoto:リズムモード選択

スライド方法を設定

ここではスライドショーの表示方法を設定します。表示方法は2種類


  • AUTO PLAY
    スライドショーを再生すると自動的に写真を送ることができます。ここでは事前に表示するタイミングを、BGMを聞きながら「LET’S TAP」をタップして登録します。タップする回数は8回、ここで登録したタイミングで繰り返し表示されます。のんびりスライドショーを楽しみたいならこちらがオススメです。


  • MANUAL PLAY
    スライドショーの再生を手動で行います。再生が始まったら、画面をタップして写真を送っていきます。BGMに合わせて、自分のタイミングでスライドさせたいならこちらがオススメです。

<総括>

ユニークな動きとBGMでスライドショーが楽しめるアプリ。表示される写真が小さいので、純粋にスライドショーとして眺めるだけではちょと物足りなさがありました。音楽にあわせて動かすことにこがアプリの醍醐味のようです。無料版もありますのでぜひお試しください。

  • list
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TapPhoto
Index Corporation TapPhoto 300円

『TapPhoto』スライドショー~リズムにあわせて、写真をユニークスライド~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ