Android端末なう:009「HTC Desire」 最新Android OSを搭載した魅力的な端末

  • list
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HTC Desire

HTC Desire

ソフトバンクから4月27日に発売された「HTC Desire」。秋葉原のヨドバシカメラに朝から並んでゲットしてきました。Xperiaの時とは異なりテレビカメラもおらず、最終的に並んでいたのは3人で、がらんとしていました。


予約だけで初回出荷分が完売したという話があり、予約していない人は並んでも買えない可能性がある。予約している人はあわてて並ぶ必要もないという事で、混雑もなくスマートに契約ができました。


Xperiaとは人気度が違いますが、Desireもとっても素敵な端末です。

特徴

  • Android OS 2.1
  • CPU:「Snapdragon」1GHz
  • HTCによるカスタマイズアプリ「HTC Sence」搭載
  • タッチパネル(マルチタップ)+光学ジョイスティックを搭載
  • 約3.7インチWVGA(800×480ドット)有機EL(最大6万色)
  • 約60(W)×119(H)×11.9(D)mm
  • 約135g


本体

店員さんにフィルムを付けてもらい並べました。またiPhoneと比較してみました。厚さ、大きさや、角が丸く似ています。ですが、上下対象ではなく微妙に下の方がより丸みがあります。


2台のDesire。左はフィルムをつけたままのもの(左)とiPhoneとの比較(右)

2台のDesire。左はフィルムをつけたままのもの(左)とiPhoneとの比較(右)


外箱はコンパクトですね。本体より一回り大きいです。HTCのHT-03Aの箱を思い出しました。いわゆる携帯の箱といった感じです。商品名は「Softbank X06HT」。


Desireの外箱

Desireの外箱


本体正面です。本体上部に受話口、下部にハードウェアボタンがあります。左から、ホームボタン、メニューボタン、光学ジョイスティック、バックボタン、検索ボタンです。検索ボタンはどのような場面で使用するのでしょうか。


本体上部に受話口(左)、本体下部にハードウェアボタン(右)

本体上部に受話口(左)、本体下部にハードウェアボタン(右)


本体裏面

本体裏面

本体の裏面です。写真左が端末の下部、右が上部です。下部にWITH HTC SENSE と書かれています。HT-03Aだと、「with Google」と書いてあります。上部に付いているのは、カメラレンズ、フラッシュライト、スピーカーです。さらっとしていて、触り心地がいいです。



本体上部にはイヤホン端子と、電源ボタンがあります。本体左側面には音量調節ボタンがあります。音量調節ボタンの下にはX06HTとあります。ソフトバンクの他の端末と同様に商品名が記載されています。


本体上部(右)と本体左側面(左)

本体上部(左)と本体左側面(右)


本体下部です。左がiPhone、右がDesireです。Desireの中央にUSB端子(外部接続端子)と右にある穴が送話口です。


本体下部。iPhone(左)とDesire(右)

本体下部。iPhone(左)とDesire(右)


本体の裏蓋を開けたところ

本体の裏蓋を開けたところ

裏蓋を開けてみました。すごく力がいり、恐る恐る開けてみました。Xperia同様に、電池パックをとりださなければMicroSDカードとSIMカードが抜けない構造になっています。SDカードは2GBと小さめです。


再度、SIMとSDカードをはめて起動するとSIMカードを認識していない表示がされて、慌てましたが、再度はめ直して解決。本体はMade In Taiwan。


付属品

ここからは付属品の紹介です。マイク付きイヤホンとUSBケーブルとACアダプタです。


Desire付属品

Desire付属品


USBケーブルはXperiaと同じ形状の物でした。ACアダプタはコンセント部とUSB挿し口の2つに分解できます。国によりコンセントの形状が違いますから、先の部分のみ変えて出荷するのでしょう。はじめは分解した状態で包装してありました。


USBケーブル(左)、ACアダプタ(中)、ACアダプタと繋いだ本体(右)

USBケーブル(左)、ACアダプタ(中)、ACアダプタと繋いだ本体(右)


イヤホンはマイク付きです。イヤホンケーブルの途中に巻戻し、早送り、再生・一時停止(通話ボタン)があります。そして裏側にはマイクの穴があります。


マイク付きイヤホン(左)とDesireイヤホンで再生や巻き戻し(右)

マイク付きイヤホン(左)とDesireイヤホンで再生や巻き戻し(右)


同封されている、証明書やクイックスタート(ガイド)等です。取扱説明書は別途、ホームページで入手するようです。

同封されている証明書

同封されている証明書


こちらがクイックスタートの内容です。じゃばら折になっていて、各操作を写真付きで説明しています。中に、ステータスバーに表示されるアイコンがまとめてありました。これは便利です。


クイックスタートのホーム画面説明(右)とアイコン一覧説明(左)

クイックスタートのホーム画面説明(右)とアイコン一覧説明(左)


魅力あるAndroid端末のDesire

ブラウザを開いた時のホーム画面がYahooになっていたりしますが、ソフトバンクにて色々と変更を加えたりはしていないようです。動作もきびきびとし、なによりAndroid OS 2.1が載っています。メインAndroidマシンをXperiaにするか、Desireにするのか非常に悩みどころです。

  • list
  • このエントリーをはてなブックマークに追加