各種設定の変更ウィジェットが11種類入ってる!『OnOff Widgets Pack』

2010年05月14日 11:07 by オクトバ
OnOff Widgets Pack: ワンタッチで設定が変えられる!

OnOff Widgets Pack: ワンタッチで設定が変えられる!

画面設定、サウンド設定、ワイヤレス設定など、人によっては結構頻繁に変更したい各種設定。通常は、メニューを開いて対象の設定を探し出して・・・と何階層も経てようやくその変更ボタンにたどり着けるわけですが、考えたらすごく面倒なことですよね。


今回ご紹介するのは、各種設定ボタンをホーム画面に表示させて、1タップでON/OFFが切り替えられる便利なウィジェットがたくさんつまった『OnOff Widgets Pack』です!


種類が豊富!

本アプリには無料版もあり、ウィジェットが現時点で9つ出ていますが、無料版はウィジェットがパックになっていません。1つ1つダウンロードするのが苦でない方はまずそちらでお試しいただくのも良いかと思います。が、今回ご紹介する『OnOff Widgets Pack』は、無料版にはない「Airplane」と「ScreenTime」を含む11のウィジェットが入っていて、ウィジェットのアイコンのテーマも変更可能であるということなので、私はこちらを使ってみることにしました。


OnOff Widgets Pack: 11種類の中からお好みでショートカットをホーム画面に設置。

OnOff Widgets Pack: 11種類の中からお好みでショートカットをホーム画面に設置。

ウィジェットの種類は以下の通り。


  • Network 2G/3G[shortcut]
  • AirplaneMode
  • AutoRotate
  • AutoSync
  • Bluetooth
  • Brightness
  • GPS[shortcut]
  • LockScreen
  • ScreenTimeout
  • SilentMode
  • WiFi


[shortcut]と書かれているものは、タップすると従来の設定画面にジャンプするようになっています。また、ウィジェットのサイズは1×1です。


全部表示させるとさすがに結構場所をとってしまいますが、よく使うものならショートカットをホーム画面に置けるのは良いですよね。


ウィジェットの設定方法はご存知の方が多いと思いますが、念のためご説明します。ホーム画面にウィジェットを表示させるスペースを確保したら、画面の長押しなどで“ホーム画面に追加”のメニューを表示させます。そして、“ウィジェット”をタップすると、“ウィジェットを選択”の一覧に本アプリのウィジェット11個が表示されるので、自分が使いたいウィジェットを選択すれば設置完了です。ウィジェット11個が選択画面に増えるのは圧巻ですよ~。


OnOff Widgets Pack: スイッチのついたアイコンがホーム画面に表示されたら、いつでもOn/Offを切り替えられる準備完了。

OnOff Widgets Pack: スイッチのついたアイコンがホーム画面に表示されたら、いつでもOn/Offを切り替えられる準備完了。


ウィジェットの一例

たくさんあるウィジェットの中から、特に私がおすすめと思うものをご紹介します。


“LockScreen”ウィジェットは、画面ロックの解除パターンのOn/Offを切り替えるウィジェットです。端末のロック解除パターンを設定していない場合は、アイコンをクリックするとはじめに設定画面が表示されます。既に設定されている場合は1タップでOn/Offを切り替えるスイッチとして使用できます。


私はなにかと電源ボタンを押して画面を消してしまうクセがあるのですが、“LockScreen”ウィジェットをOffにしておくと、解除パターンを入力しなくてもすぐにホーム画面を開けるので便利だなーと思って使ってます。もちろん長時間携帯を放置する時にはしっかりOnに切り替えて不正使用を防止しています。


OnOff Widgets Pack: “LockScreen”。画面ロックの解除パターンのOn/Offを切り替える。

OnOff Widgets Pack: “LockScreen”。画面ロックの解除パターンのOn/Offを切り替える。


一度圏外になってしまった後に電波状況の良いところに出ても、電波の取得が上手くいかなくなったり非常に取得が遅かったりしますよね。私はそういうときに“Air Plane”モードを一旦Onにして、またすぐOffにすると電波状況が回復しやすくなるというふうに聞いたことがあり、たまにこの“Air Plane”ウィジェットで実践しています。


OnOff Widgets Pack: 飛行機に乗らないときでも使っている“AirPlane”モード。Onの時はステータスバーにもアイコンが表示されます。

OnOff Widgets Pack: 飛行機に乗らないときでも使っている“AirPlane”モード。Onの時はステータスバーにもアイコンが表示されます。


“ScreenTime”は端末がタイムアウトして画面がスリープ状態になるまでの時間を簡単に切り替えられるウィジェットです。アイコンを1タップすると15秒~無期限(OFF)まで選べるようになっています。私の場合は、何か別の作業をしているけれど画面を常に表示させた状態で使いたいときにOFFを選んでいます。


OnOff Widgets Pack: 有料版にしかないタイムアウトまでの時間が設定できる便利な“ScreenTime”。

OnOff Widgets Pack: 有料版にしかないタイムアウトまでの時間が設定できる便利な“ScreenTime”。


“SilentMode”ウィジェットも私のおすすめで、スイッチ1つでサイレントモード、バイブモード、通常モードの切り替えができるという優れものです。On/Offの表示もわかりやすく、ステータスバーにもちゃんとどのモードになっているか表示されるのでとても便利です!


OnOff Widgets Pack: サイレントモード、バイブモード、通常モードの切り替えが1つのスイッチでできる“SilentMode”。

OnOff Widgets Pack: サイレントモード、バイブモード、通常モードの切り替えが1つのスイッチでできる“SilentMode”。


ウィジェットのデザインを変更

本ウィジェットアプリは、デザインのテーマを変更することが出来ます。アプリメニューから『OnOff Widgets Pack』のアイコンをタップすると、“Skin Manager”という画面が開きます。これまで紹介してきたアイコンは“Default OnOff Skin”という初期設定のものですが、“Find more skins…”からマーケットにアクセスし、各“OnOff Skin”をインストールすると“Skin Manager”に追加されるので、“Apply”ボタンを押してテーマを設定することができます。お好きなテーマを探してみてください!


OnOff Widgets Pack: 有料版には様々なアイコンテーマが用意されています。

OnOff Widgets Pack: 有料版には様々なアイコンテーマが用意されています。


OnOff Widgets Pack: “Close”ボタンを押して“Skin Manager”の画面を閉じると、テーマが変更されています。

OnOff Widgets Pack: “Close”ボタンを押して“Skin Manager”の画面を閉じると、テーマが変更されています。

テーマはその時々の気分やホーム画面の背景によって変えるのも良いと思います。これらのSkinは今後も続々追加されていくようなので、新しいものが出たら要チェックです!


今回ご紹介しきれなかったウィジェットを含めて、無料でインストールできる単品のウィジェットも多いので、一度お試しになってはいかがでしょうか?たまーにタップしてからスイッチが切り替わるまでにちょっと時間がかかるのが気になるところですが、それ以外は本当に使い勝手が良くて便利です!!それでは今回はこの辺で。ご案内はオクトバでした!

<総括>

通常、何段階かの手順を踏まなければならない各種設定の変更を、1タップで行ってくれるウィジェットが11種類揃ったウィジェットパックです。無料のテーマをインストールすれば、見た目のデザインを変えることもできます。

OnOff Widgets Pack
CurveFish OnOff Widgets Pack $2.99

『OnOff Widgets Pack』~各種設定の変更ウィジェットが11種類入ってる!~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ