知育教育アプリで子どもと一緒に遊ぼう『おやこタッチ!』

2010年05月20日 08:44 by capelito
『おやこタッチ!』:子どもと楽しむアプリ

おやこタッチ!:子どもと楽しむアプリ

今回ご紹介するアプリは子どもと一緒に遊ぶことができる『おやこタッチ!』です。


さっそく、うちの5歳になる子どもと一緒に遊んでみました。今までも子どもは携帯電話で遊んだことがあるので、Android端末の操作はわりとスムーズに入れた様子です。この『おやこタッチ!』も楽しんでもらえるかな?


『おやこタッチ!』には以下4種類の遊び方があります。

  • 電話で数を学ぼう
  • バスを停めろ!
  • 動物タッチ
  • スタンプお絵かき帳


『おやこタッチ!』:電話で数を学ぼう

おやこタッチ!:電話で数を学ぼう


電話のテンキーから数字を学ぼう!

まずはアプリに興味を持ってもらおう!ということで選んだのが、「電話で数を学ぼう」。電話のテンキーを押すと、子どもの好きな動物や食べ物が、押した数字の数だけ表示されるゲームです。電話のテンキーってどの子も好きですよね。1から9という「数字」を理解しているので、知っている数字が表示されるのが嬉しいのかな。



さっそく1から順番に押しています。押すごとに上部のイラストが、新幹線になったりネコになったりと変化するのが面白いようです。


『おやこタッチ!』:テンキーは子どもの心を掴む

おやこタッチ!:テンキーは子どもの心を掴む


感想を求めたところ「3と4がおいしそうだね」とのこと。なるほど、3はリンゴの画像が、4はケーキの画像が表示されます。さすがうちの子は着眼点が違う(親バカ)。でも、6番もキノコなんですが、キノコは嫌いなので食べ物とみなしていないようです。好き嫌いしないでキノコもがんばって食べようね。


『おやこタッチ!』:バスを停めろ!

おやこタッチ!:バスのボタンが表示される


バスの停車ボタンを好きなだけ押せる!

次に試したのが「バスを停めろ!」です。バスの停車ボタンって子どものころ押すのが楽しかったですよね。一足先に他の人に押されて悔しかったり。


そんなバスの停車ボタンを好きなだけ押せるのがこの「バスを停めろ!」なんですが、うちの子はまだあまりバスに乗ったことがないので、あまり興味をもってもらえませんでした…。


ただ、押す度にバイブレーションが振動するのが不思議だったようです。「なんでぶーってなるの?」だそうで、たしかにボタンを押して震えるのはなんでって思いますよね。今度バスに乗ったときにこの「バスを停めろ!」を実際のボタンと並べて表示させたら面白いかもしれませんね。


『おやこタッチ!』:動物タッチ

おやこタッチ!:動物をタッチすると鳴声が聞こえる


動物をタッチして鳴声を聞いてみよう

動物タッチ」では画面の動物をタッチするとその動物の鳴き声を聞くことができます。うちの子はネコが気に入ったようでネコばかり何度もタッチしていました。


「このネコかわいいねえ」「さっきのでんわのにもネコでてきたねえ」ですって。よく覚えているね、えらいぞ!(親バカ)。


もっとネコの種類があったら嬉しかったかもしれません。ネコかわいいもんね。


 『おやこタッチ!』:スタンプお絵かき帳

おやこタッチ!:スタンプを選んで自由にタッチ!


自由にスタンプを押してみよう

最後は「スタンプお絵かき帳」です。子どもはお絵かきや塗り絵が大好きです。この「スタンプお絵かき帳」は押したいスタンプをタッチしてから下のスペースをタッチするだけなので、子どもでも簡単に操作できました。


 『おやこタッチ!』:一心不乱にスタンプを押す

おやこタッチ!:一心不乱にスタンプを押す子ども


子どもって面白いもので、「さかな」なら「さかな」ばっかりたくさん押すものなんですね。大人なら全種類試してみようとか思うんですけどね。気がついたらさかなの大群になっていました。バスばっかり押したと思ったら「バスのじゅうたい」ですって!おお、なるほど!すごい!そうだね渋滞してるね!(親バカ)


『おやこタッチ!』:消す時はMENUキーから

おやこタッチ!:消す時はMENUキーから

画面いっぱいにスタンプを押した後、どう消せばいいのかが分からなかったようなので、MENUキーを押して「消す!」を選択して消してあげたところ、次からは自分でMENUキーを押して消していました。画面上に消すボタンがあってもいいかなとも思っていましたが、そんな心配は不要かもしれませんね。


あとは子どもが作った「作品」を保存しておきたいと思うのが親の心情です。間違って子どもが操作して、やたらと保存してしまう恐れもありますが、SDカードに保存する機能があったら嬉しいです。



アプリを体験してみて楽しかった点は、遊びながら子どもと会話ができる事です。「電話で数を学ぼう」なら「ケーキやリンゴは食べ物だね」と話したり、「キノコも美味しいんだよ、食べてみない?」と話すことが出来ます。「動物タッチ」なら「ネコかわいいね、どのネコが好き?」と、「スタンプお絵かき帳」なら出来た作品を褒めてあげたりできます。アプリを通してコミュニケーションを取れることがポイントです。


Android端末をお持ちのお父さんお母さん、お子さんと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?

<総括>

子どもと体験してみる前に一度自分で試してみて、ちょっと簡単すぎるかなと思っていましたが、5歳くらいの未就学児にはちょうど良かったです。難しすぎず、自分で理解しながら楽しんでいるようでした。一番楽しかったのは何かと尋ねたところ、「ネコ!」とのこと。動物好きでもそうでなくても、4つの機能共に、子どもに喜んでもらえると思います。


次の画像へ→

おやこタッチ!
Techfirm Inc. おやこタッチ! 105円
ダウンロードできません

『おやこタッチ!』~知育教育アプリで子どもと一緒に遊ぼう~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ