シンプルな乗り換え案内『乗換案内(TransitEX)』

2010年05月31日 11:04 by 編集部おおわだ
乗換案内(TransitEX):メイン画面

乗換案内(TransitEX):メイン画面

Android端末に限らず、普通のケータイでも乗り換え案内を利用する方は多いのではないでしょうか。基本アプリとしてインストール必須なだけに、できれば使いやすいものを選びたいですよね。


そこで、いくつかある乗換案内アプリの中から『乗換案内(TransitEX)』を紹介します。


入力は出発地と目的地だけ

使い方はいたってシンプル。アプリを立ち上げて出発地と到着地を入力して検索ボタンを押すだけです。この使い方は、どの乗換案内アプリでも同じなので、すぐ分かりますね。


乗換案内(TransitEX):入力画面(左)検索結果画面(右)

乗換案内(TransitEX):入力画面(左)検索結果画面(右)


検索ボタンを押すと、ブラウザが起動してGoogle Transitの画面になり、検索結果が表示されます。表示形式については、最も早く着く経路(時間)、最も安い経路(料金)、最も乗り換え回数が少ない経路(乗り換え回数)が選択できます。好みのスタイルにあわせて指定してください。デフォルトでは時間となっています。


検索はワンタッチ

検索条件は、日時指定や終電などが選べるほか、画面下の矢印を上に軽くフリックすると表れる画面で特急や飛行機利用の有無も選択できます。


乗換案内(TransitEX):検索結果の表示方法と利用設定を選べる

乗換案内(TransitEX):検索結果の表示方法と利用設定を選べる

路線案内を利用する際によく使う機能のひとつに、終電検索があると思います。本アプリでも簡単に検索ができます。探索方法の終電にチェックを入れるだけです。これで指定した日の終電情報を見られます。簡単ですね。


普通にルート情報を知りたいだけならば、これだけの機能があれば十分だと思います。「シンプルイズベスト」といえるアプリです。


シンプルながらも使いやすい機能

いくつか検索の際に便利な機能もあるので紹介します。


最寄り駅の登録ができるため、入力の手間が省けます。入力の際に「出発地」や「目的地」のボタンをタッチすると選択できます。


5-6

乗換案内(TransitEX):場所情報の登録が可能(左)経路履歴も保存されている(右)

 

登録はアプリを初めて立ち上げた際や、メニュー画面の「設定」からも行なうことができます。また、検索履歴が残る事も便利です。他アプリでは、出発地や到着地の履歴を見ることはできますが、本アプリは経路履歴も保存されています。


この場合、出発地も到着地も入力する必要がないので、地味に便利な機能です。


乗換案内(TransitEX):エリアによる検索もできる

乗換案内(TransitEX):エリアによる検索もできる

他アプリにない面白い使い方として、エリア検索ができます。例えば駅として存在しない「湘南」を入力しても検索が可能です。


通常駅名でしか検索はできないのですが、本アプリの場合は検索したエリアに近い駅を見つけ、ルートを示してくれます。目的地の駅が分からない場合などには、意外と使える機能かもしれません。



<総括>

とにかく「目的地までのルートが分かればいい」というのであれば、ある意味機能を特化している本アプリは使い勝手が良い。列車の運行情報や駅の時刻表、画面デザイン(見やすさ)など、さらに機能が豊富なアプリもあるので、他のアプリとも比べながら試してもよい。

乗換案内アプリ(TransitEX)
HUMAN CREATE Co.,LTD. 乗換案内アプリ(TransitEX) 無料

『乗換案内(TransitEX)』~シンプルな乗り換え案内~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ