マルチアカウントにも対応した高機能Twitterクライアント!『Seesmic for Twitter』

2010年07月14日 11:02 by capelito
Seesmic for Twitter:起動画面

Seesmic for Twitter:起動画面

スマートフォンユーザの多くが、Twitterユーザでもあるのではないでしょうか。かくいう僕もTwitterを利用しています。楽しいですよね、Twitter。身近な友人から、これまででは出会えなかった方々まで、様々なユーザとコミュニケーションをとることが出来るのが、何より楽しいし嬉しいです。


そんなTwitterですが、閲覧・投稿共に専用のクライアントを利用するのが便利です。Android Marketにはたくさんの専用クライアントがリリースされているのですが、今回ご紹介するのは『Seesmic for Twitter』。


『Seesmic for Twitter』は無料で高機能、かつマルチアカウントに対応したTwitterユーザに嬉しいアプリです。


まずはアカウントとパスワードを登録

アカウントとパスワードを入力するだけで、特にその他の設定は不要です。


Seesmic for Twitter:アカウントを登録(左) メイン画面(右)

Seesmic for Twitter:アカウントを登録(左) メイン画面(右)


Timeline、Replies、(Direct)Messages、Profileのタブが上部に並んでいます。画面表示は白地に黒文字なので見やすいですね。テキストサイズはMENU→Settingsから変更できます。アイコンが角丸にされているのは細かい事ながらいい感じです。ポップな印象を与えてくれます。


タイムラインチェック時に便利な見やすい色づけ

自分のツイートと自分へのリプライは、背景が色づけされて認識しやすいです。また、どこまで読んだのか保持してくれるので、リロードしたあともその続きから古い順に読んでいくことができます。タイムラインを全てチェックしたい人には便利ですね。


設定によりアカウント名ではなくユーザ名を表示することも出来るのはユニーク。しかし、普段はアカウント名でコミュニケーションをとっていて、あまりユーザ名を意識することがなかった方には、違和感があるかもしれません。好みで使い分けてください。


Seesmic for Twitter:投稿画面

Seesmic for Twitter:投稿画面

複数のアカウントを管理できる

新規のツイートをするにはメニューキーを押してから『Compose』を選択。常に表示されているツイート用のソフトキーがあると、ツイートしやすいように思います。


下部のボタンから、画像や動画、位置情報をツイート出来ます。画像や動画の投稿先のサービスをMENU→Settingsから選ぶこともできます。Settingsではツイート中のURLもBit.ly、J.mp、Tinyurlに短縮出来ます。


また、上部中央のキーは押すことで、ツイートするアカウントを選択できます。そう、『Seesmic』は複数のアカウントを管理できるのです。


Seesmic for Twitter:複数のアカウントに投稿可能

Seesmic for Twitter:複数のアカウントに投稿可能

同じ内容のツイートを複数のアカウントへ投稿することが出来ます。プライベートで使い分けているけれど同じ内容を告知したい場合などに使えますね。


Seesmic for Twitter:アカウントの追加が可能

Seesmic for Twitter:アカウントの追加が可能

メイン画面のメニューから『Accounts』を選択してアカウントの追加が出来ます。これでアカウントを切り替えて、それぞれのタイムラインを閲覧したり、ツイートの投稿先を変更したりすることが可能になります。


あまり複数アカウントを使い分けている人は多くはないと思うのですが、プライベートとブログ用で分けていたり、Botを複数運営している方には便利なのではないでしょうか。僕も眠らせているプライベートアカウントがあるので、『Seesmic』を使えば積極的に活用できそうです。


Seesmic for Twitter:リンクを開く場合は一度タップ

Seesmic for Twitter:リンクを開く場合は一度タップ

リンクを開くにはツイートをタップ

一方で、タイムラインの閲覧に関してはというと、ツイート中のリンクを開くには一度そのツイート自体をタップして開かなければならないので、少し手間がかかります。タイムラインから直接開くことが出来るといいのですが…。ユーザ名やハッシュタグも同様です。


Seesmic for Twitter:Twitpic

Seesmic for Twitter:Twitpic

しかし、リンク先がTwitpicの場合、ブラウザではなく『Seesmic』内で開くことが出来ました。これは便利。いっそのことどんなリンク先でも『Seesmic』内で閲覧できたらいいのにと思います。


リンク先を開くためにはそのツイートを開かなければなりませんでしたが、リプライする場合は、そのツイートを長押しするとメニューが表示され、リプライが出来ます。リツイートやお気に入りも同様に長押しのメニューから行うことが出来ます。


リツイートは公式/非公式ともに可能ですし、非公式のタイプもSettingsのQuote StyleからRT/Viaが選択できました。細かい配慮が行き届いているように思います。


Seesmic for Twitter:ウィジェット

Seesmic for Twitter:ウィジェット

ウィジェットを配置して、ホーム画面でツイートチェック

また、『Seesmic』にはウィジェットも用意されています。HOME画面でツイートをチェックしたり、投稿画面に移動することが出来ます。


複数アカウントを設定している場合は、それぞれのアカウントに対してウィジェットを配置することになります。ツイートはタイムラインを直接見たほうが早いかもしれませんが、自動で次々に表示されるので、じっと眺めているのも楽しいですね。

<総括>

『Seesmic』 は非常に完成度の高いクライアントだと思います。使い勝手は悪くないですし、特に大きな不満もありません。Twitterクライアントは毎日立ち上げるものなので、ストレス無く使うためにはインターフェイスが自分の好みであることが大切だと思いますが、シンプルなデザインの『Seesmic』はその点でも、多くの人にオススメできます。マルチアカウントに対応しているので、複数のアカウントを管理している人には特にオススメしたいと思います。

Seesmic for Twitter
Seesmic Seesmic for Twitter 無料

『Seesmic for Twitter』~マルチアカウントにも対応した高機能Twitterクライアント!~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ