起動中のアプリが一目で分かって、タスク切り替えも超楽々!『PreHome』

2010年07月27日 11:02 by オクトバ
prehome-4-30-1

PreHome: アプリを一瞬で切り替えられます

Android携帯で意外と面倒なのが起動中のアプリの切り替え。タスクマネージャなどのアプリを使っていないと、何が起動しているのか分からないこともありますよね。また、自動タスクキラーアプリなどを使っている場合、誤って終了させたくないタスクを終了してしまい作業が中断してしまうこともあります。


しかし、もう困ることはありません!使用中のアプリと最近使ったアプリが参照できて、1タップで切り替えられる便利過ぎるアプリを見つけました。今回はその超使えるタスク切り替えアプリ、『PreHome』をご紹介します!


マルチタスクを最大限活かすために!

『PreHome』を起動させると、画面の真中にアプリ一覧が表示されます。通常のアイコンで表示されているものは起動中のアプリ、その他の少し薄暗いアイコンで表示されているものは最近使用したアプリとなっています。使い方はもうお分かりですね。このアイコンをタップすればすぐに起動中のアプリや最近使ったアプリを表示させることができます!


PreHome: とてもわかりやすいインターフェイスで操作も楽々!

PreHome: とても分かりやすいインターフェイスで操作も楽々!


また、表示されているアプリのアイコンを長押しすれば、起動中のアプリを終了させることもできます。終了したアプリは順番が入れ替わり、“最近使用したアプリ”の一番端に表示されることになります。“最近使用したアプリ”も同じ操作でタスクキルできますが、既に終了しているものなので画面上の変化は特にありません。


PreHome: これでもはやタスクキラーいらずになるかも??

PreHome: 個別に終了できるのも、素晴らしい使い勝手の良さです。


PreHome: 初期設定の標準ホーム画面を開くよりも軽いらしいです!

PreHome: 初期設定の標準ホーム画面を開くよりも軽いようです。

ホーム画面設定でさらに使いやすくなります

より効果的に『PreHome』を活用するためには、本アプリ『PreHome』を標準ホーム画面として設定しておくのが最良です。


これを行うことで、端末のホームボタンを押した時に常に『PreHome』が現れるようになります。つまり、ホームボタンを押した時にアプリ一覧が表示されて、タップ1回で画面を切り替えられるようになり大変便利です。


ここで重要なことが1つ。『PreHome』を起動した状態で端末のMENUボタンを押し、出てきたメニューから“Select Home App.”を選びます。そして普段使用するホーム画面を選択してください。


こうすることで、端末のホームボタンから『PreHome』を開いた後にもう1回端末のホームボタンを押した時に、設定したホーム画面が開けるようになります。


PreHome: タスク切り替えも簡単な上に他のアプリから2クリックでホーム画面が表示できます!

PreHome: この設定を行うことで、端末のホームボタンを1回押した時に『PreHome』、2回押した時にホーム画面ということになります。


また、主にアプリの起動履歴として『PreHome』を使用する場合は、表示件数を増やすと便利です。これで、自分がよく使うアプリが表示されるようになるので、毎回ホーム画面からアプリ一覧を表示させて探さなくても済みます。最近自分が何のアプリを使っていたのかを思い出すのにも一役かいます。


表示件数の増やし方は、『PreHome』を起動した状態で端末のMENUボタンを押し、「Settings」を選択してください。件数は縦横の表示個数を選択できます。縦横共に2~5アプリ個分を表示させることができるので、最大で5×5=25アプリ表示分の画面が作れます


PreHome: これは4x2から5x3に変更した場合のインターフェイス。

PreHome: 4×2から5×3に変更した場合のインターフェイス。


趣味趣向問わず全てのAndroid携帯ユーザにおすすめのアプリです。皆さんも是非お試しください!!

それでは今回はこの辺で。ご紹介はオクトバでした!


<総括>

現在起動中のアプリと最近使ったアプリが、新しい順に表示されるアプリ。マルチタスクを簡単に切り替えられランチャーとして使用できるだけでなく、起動中のアプリを終了させるタスクキラーアプリの役割もこなします。ホームアプリに指定することで、さらに使い勝手は良くなります。全てのユーザにおすすめしたいアプリです。