Android端末なう:012「JN-DK01」 メーカーから直販された開発者向け端末

2010年07月22日 16:02 by タオソフトウェア谷口岳
開発者向け端末:JN-DK01

開発者向け端末:JN-DK01

先日auから発売されたIS01ですが、維持費が非常に安いという特徴がありました。実は同等端末を月々の維持費0円で入手する事ができます。


2010年5月12日にSHARPから携帯端末開発者キット「JN-DK01」が発売されました。このAndroid端末はキャリアと契約することなく購入できます(維持費0円)。


しかしながら価格が94,000円と高額かつ、SIMを差しても通話や通信ができない、本当に開発者向けの端末となっております。


2010年7月10日に「SHARP工場でDK01ハッカソン(※)」が行われそこで参加者にJN-DK01を配るというサプライズがあり入手できましたので、早速の端末レビューです。


(※)ハッカソン:ある開発テーマの技術に興味のあるプログラマーたちがグループを作り、1日でプログラムを書き、最後に開発したアプリケーションやサービスをプレゼンするイベント


DK-01は、auのIS01、もうすぐドコモから発売されるLYNXと同等の機種ですので、先日のAndroid端末なう「IS01」と合わせてお読みください。


外箱

JN-DK01 開封。以下の物を頂きました。


JN-DK01 開封。右が外箱

JN-DK01 開封。右が外箱


開発者キットですので、箱は本当にシンプルです。SHARPの文字が光ります。


蓋を空けたところです。


JN-DK01外箱開封

JN-DK01外箱開封


箱の中にはUSBケーブルやドキュメント等が入っています。


外観

本体上部はIS01同様バーコードが貼られていました。


JN-DK01上部(左)裏面(右)

JN-DK01上部(左)裏面(右)


裏面はIS01と違い、使用上の諸注意事項が書かれたシールは貼ってありません。それ以外は全く違いが見つかりません。


バッテリーカバーを外してみました。


裏面カバー(左)電池パックカバー(右)

裏面カバー(左)電池パックカバー(右)


電池パックを外したところ、SHARPとあります。もちろんシャープ製品なのでキャリアの名称の記載はありません。


IS01と同じく画面左下にmicroSDカードとSIMカードスロットがあります。


microSDスロット(左)microSDスロット挿入後(右)

microSDスロット(左)microSDスロット挿入後(右)


説明には「SIMをさしては使えません」とありましたが、物理的に差す事ができましたのでauのSIMを差してみました。残念ながらSIMは認識しませんでした。


起動画面です。IS01では、「ISseries」と表示されましたが、 JN-DK01では「SHARP」と表示されました。


起動画面比較:JN-DK01(左)IS01(右)

起動画面比較:JN-DK01(左)IS01(右)


また細かいですが、液晶の右下の部分に、IS01では「QUALCOMM 3G CDMA」という表記がありましたがJN-DK01にはありませんでした。


ホーム画面を比較して見てみると、IS01のホーム画面とは明らかに違います。画面右に出るメニューは同じなのですが、IS01に付いてくるホームアプリは付属してきません。エミュレータと同じそっけない標準のアンドロイドホームアプリとなります。また当然ですが、アンドロイドマーケットアプリやGoogle関連のアプリは入っていません。


ソフトウェアボタン(左)ハードウェアキー(右)

ソフトウェアボタン(左)ハードウェアキー(右)


ハードウェアキーは画面の上に「SHARP」、右下に「JN-DK01」と表示されています。IS01と変わりはありません。


下記画像は書類一式です。「保証書」、「携帯端末開発者キット 形名JN-DK01使い方ガイド」、「アフターサポートID」。このアフターサポートIDは壊れた時などに必要です。(アフターサポートIDの画像はIDを削除してあります)


書類一式(左)使い方ガイド(右)

書類一式(左)使い方ガイド(右)


使い方ガイドには、JN-DK01のソフトウェア開発を行うための準備事項等が記載されています。SDKやドライバ等開発向け端末らしい記載です。


付属物

付属品その1


USB変換ケーブル

USB変換ケーブル


「USBケーブル」です。


付属品その2


ACアダプター

ACアダプター


「ACアダプター」です。試供品とありますね。これが結構嬉しかったりしました。


付属品その3


microSDカード

microSDカード


「microSDカード2GB」です。


メーカーから直販された貴重な端末

開発者向け端末としてはいますが、「製品としてキャリアから販売される携帯電話がメーカーから直販された」という非常に意味がある端末だと思っています。現在SIMフリー端末に関する色々なニュースが出ておりますが、将来的にはこのような感じでメーカーから直販で携帯電話を買えるのが当たり前になるかもしれません。


最後に、一般の方はこのDK-01を購入するよりは、IS01やLYNXを購入されるのが現実的ですので、購入を考えている方は良く注意してご購入ください。