関数を簡単にグラフ変換『Trajectory』

2010年08月13日 16:10 by ふじい りょう(Parsley)
Torajectory:起動画面

Trajectory:起動画面

今回ご紹介する『Trajectory』は、文系の方々には、もしかしたら「一体何に使うの?」という疑問を持たれるかもしれません。


反面、仕事で製図をされる方、関数電卓を使われる理系の大学生の方、数学に興味のある学生の皆さんは、「こういったアプリが欲しかった!」と感じられるのではないでしょうか?


『Trajectory』は、数式を入力してグラフを描くという、とてもシンプルなアプリです。


簡単!起動してすぐに数式を入力するだけ

起動すると、まっさらなX軸とY軸が表示されます。メニューを押すと、左下に「式の追加」ボタンがあるのでタップ。そこから「入力タイプの選択」になります。「y=x」もしくは「y=t、x=t」のどちらかを選択して、「式の追加」が表示されます。


Trajectiry:メニュー画面(左)と入力タイプの選択(右)

Trajectiry:メニュー画面(左)と入力タイプの選択(右)


ここでは例として直線のグラフを描くために「y=t,x=t」を選択し、「X=T×2 Y=T×3」というシンプルなグラフを描いてみます。


Trajectory:枠内に数式を入力

Trajectory:枠内に数式を入力

まず、x式を入力する部分をタップすると、下にキーボードが登場します。「t*2」と入力します。同様にy式を入力する部分をタップして、「t*3」と入力します。


ここまで出来たら、入力部分の「add」をタップ。すると、自動的にグラフが描画されます。


Trajectory:グラフを簡単に描ける

Trajectory:グラフを簡単に描ける

グラフの表示は、左下の+・-キーをタップして自由に大きさを変えることが可能です。移動も画面に指を滑らせるだけでラクラク。これなら複雑な式を描いた場合でも、すぐに俯瞰することができそうです。


動かしすぎて、原点座標が分からなくなってしまった場合は、メニューから「座標リセット」をタップすればすぐに戻ります。


Trajectory:画面右上にLockが表示される

Trajectory:画面右上にLockが表示される

「図表がズレると困る!」という場合はメニューから「ロックの切替」で固定することも出来ます。ロックしているかどうかは座標右上に赤く「Lock」の文字が小さく表示されます。


また、グリッドの表示、非表示も、メニューからワンタップで切り替えることが出来ます。このように、自分の見やすいグラフにするための機能が、過不足なく備わっています。


複雑な関数計算で力を発揮

『Trajectory』は関数を使う計算で威力を発揮します。サイン・コサイン・タンジェント(sin、cos、tan)といった三角関数やlogなどの逆三角関数、πなどの定数にも対応しています。


Trajectory:複雑な関数も簡単にグラフに変換

Trajectory:複雑な関数も簡単にグラフに変換

例えば、「t」と打つと、変換候補に「tan、tanh、toDegrees、toRadians、toString」の5つの関数が表示されるようになっています。ただ、キーボードに隠れてしまって、関数を選択しづらいのが難点です。入力に慣れている方は直接入力した方が早いかもしれません。


また、数式が間違えている場合や入力ミスをしている場合は、すぐに「式がただしくありません」と教えてくれます。専門の方はそのようなことは少ないのかもしれませんが、文系バリバリの私からしてみれば、「どこが間違っているのか教えてくれてもいいのに…」と贅沢なことを思ってしまいました(苦笑)。


Trajectory:何本ものグラフを色分けして描くことができる

Trajectory:何本ものグラフを色分けして描くことができる

グラフは、何本も追加することが出来ます。色分けもしてくれます。 青・緑・紫・黄色…と変化していきますので見やすいです。欲をいえば、グラフをタップして数式が表示されるようになれば、なお使い易いように感じました。


何本もグラフを作成した場合、一度に全部削除することが出来ず一度アプリを終了しなければなりません。ただし、メニューからグラフを1本づつ削除する事はできます。その場合、メニューから削除を選び、該当する数式をタップしてください。


最初にも述べたように、『Trajectory』は製図を仕事にしている方、まさに関数を勉強中という方は、使う価値アリなアプリです。関数電卓を片手に方眼紙にキレイにグラフを書くのは大変、という方はこのアプリを自在に使いこなすことが出来ると思います。関数の勉強をしている学生の皆さんにとっては、数式を瞬時にグラフに描画してくれるので、大きな武器になるでしょう。

<総括>

入力した数式をグラフに描画するシンプルなアプリです。各種関数にも対応。仕事柄関数を利用する方や勉強中の学生の皆さんにおススメします。

Trajectory
Matsuo Shinya Trajectory 100円

『Trajectory』~関数を簡単にグラフ変換~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ