他の人ともシェアできる!人気メモアプリがクラウド対応でさらに進化『Catch アイデアを行動に』

2012年11月16日 12:00 by ちえ
Catch アイデアを行動に

Catch アイデアを行動に

『Catch アイデアを行動に』(以下Catch)は、クラウド上に様々な形式でメモを残すことができます。


本アプリは、『3banana Notes』という人気メモアプリがリニューアルして更にパワーアップしたサービスです。


アカウントでログインすることで複数の端末でメモを共有できるだけでなく、他のユーザとメモを共有して編集することもできます。また、PC用サイト「Catch.com」からログインするとPCからもメモの閲覧が可能です。


保存形式もテキストだけでなく音声、写真、チェックリストに対応し、リマインダーを設定することもできます。それでは、実際に紹介していきます。


※端末によって、アプリをダウンロードできない場合があります。

※更新:2012年11月16日に記事を更新しました。


アカウントを作成しよう

Catch アイデアを行動に:アカウント作成画面

Catch アイデアを行動に:アカウント作成画面

本アプリを利用するにはアカウントによるログインが必要です。アカウントを作成しなくてもアプリの利用はできますが、データをバックアップできるので作成することをおすすめします。


また、Googleアカウント、Facebookアカウントをお持ちの場合は、それを利用してログインすることもできます。


ログインするとアカウントに保存された情報が同期されます。複数の端末に同一のアカウントでログインすると、端末同士で情報をシェアできます。


ノートをワンタッチで作成できる!

Catch アイデアを行動に:ノート作成

Catch アイデアを行動に:ノート作成

本アプリではメモを保存するファイルのことを「ノート」と呼んでいます。ノートを作成したい時は、ホーム画面中央下の「+」アイコンをタップします。


扇形のランチャーが表示され、以下の5種類の形式からメモを作成することができます。


  • チェックリスト:チェックリストを作成
  • 音声:音声を録音してノートに追加
  • テキスト:テキストのみのノート作成
  • 写真:カメラ起動、ギャラリー選択により画像を追加
  • リマインダー:設定した日時に通知を設定


写真、音声、リマインダーについては、後からテキストや音声のノートに追加することもできます。


Catch アイデアを行動に:写真、音声、リマインダーは後から添付もできる

Catch アイデアを行動に:写真、音声、リマインダーは後から添付もできる

例えば、買い物リストにリマインダーを設定したり、購入したい商品の写真を添付しておくこともできます。組み合わせるとより便利に使えますね。


また、ノートの便利な使い方として『Twitter』のハッシュタグのように、「#shopping」と本文に入れると、ノートが「shopping」というタグとして認識されます。タグを付けておくと検索メニューから並び替えができます。また、たくさんのメモをカテゴリ別で管理できます。


ウィジェットを使ってより便利に使おう!

Catch アイデアを行動に:投稿ウィジェット(上)、タグウィジェット(下)

Catch アイデアを行動に:投稿ウィジェット(上)、タグウィジェット(下)

また、ウィジェットを使うことでより効率的に利用することができます。4×1の投稿ウィジェットをホーム画面に設置すると、ノート作成をスピーディに行うことができます。


「ノートを作成」をタップするとテキストノート作成画面が起動します。


マイクアイコンをタップすれば、音声メモの録音を開始。カメラアイコンからは、カメラが起動し撮影することができます。


また、特定のタグを設定したショートカットも作れます。例えば「#shopping」タグのショートカットをタップすると、「shopping」タグが付いたノートの一覧を表示できます。よく使うタグをホーム画面に設置しておくと便利ですね。


ここまで読んで気になったら、ダウンロード
アプリをダウンロード


スペースを分けて上手に情報をシェアしよう

Catch アイデアを行動に:「スペース」の共有設定

Catch アイデアを行動に:「スペース」の共有設定

本アプリのノートは、フォルダにあたる「スペース」に保存されています。


「スペース」はプライベートと共有に分類され「マイアイデア」は、常にプライベートのスペースとなっています。用途に応じてスペースを使い分けると、便利に利用できます。


自分で作成したスペースについては、共有設定を変更することができます。作成は、「新しいスペースの作成」をタップするとできます。また作成したスペースは長押しすることで色が変更できます。


Catch アイデアを行動に:Todoリストも共有できる

Catch アイデアを行動に:Todoリストも共有できる

「共有」は、共有したい相手のメールアドレスをフォームに入力し、招待メールを送信します。招待メールに記載されたリンクをクリックすると承認ページへジャンプします。Webページでログインして参加することで、スペースが共有されます。


共有スペースにあるノートは、共有メンバーなら誰でも編集が可能なので、Todoリストを共有したり、メモにコメントを残したりすることができます。音声録音機能を利用して、ボイスメールのように使ってもおもしろいかもしれませんね。自分に合った使い方を見つけましょう。


Catch アイデアを行動に:公開するスペースを変更

Catch アイデアを行動に:公開するスペースを変更

ノート右上のアイコンをタップすると、公開するスペースを選べます。その際に複数のスペースを選択することもできます。公開するスペースを変更するだけでノートの公開範囲が変えられるのは、手軽でうれしいですね。


スペースごとに共有する相手を変えることで、内容に合った相手と情報をシェアできます。自分のメモだけでなく、他の人とシェアすることで使い方が何倍にも広がります。


「Catch」はPCやiPhoneにも対応したサービスですので、端末に関わらず利用できるのも魅力です。あなたもCatchでアイデアをアクティブに活用しませんか?

<総括>

クラウドを利用したメモアプリです。ログインすると複数の端末とPCでノートをシェアすることができます。ノートの形式はテキスト、チェックボックスの2種類で、音声、写真を添付したり、リマインダーを設定することも可能です。他ユーザとスペースを共有し、ノートをシェアしましょう。

Catch アイデアを行動に
Catch.com Catch アイデアを行動に 無料

『Catch アイデアを行動に』~他の人ともシェアできる!人気メモアプリがクラウド対応でさらに進化~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ