『SlideScreen』ホームアプリ~スタイリッシュで情報収集が1つの画面からできる~

2010年08月29日 11:08 by オクトバ
SlideScreen: 見た目のカッコよさはホームアプリ随一!

SlideScreen: 見た目のカッコよさはホームアプリ随一!

携帯端末の顔と言えばなんと言ってもホーム画面ではないでしょうか。一番他人に見られる機会が多く、自分でも毎日見る画面だと思います。ホーム画面はカッコよくしておきたいですよね。


今回はその期待に応えるアプリをご紹介します!デザインが非常に良く、かつ機能的なホームアプリ『SlideScreen』です。



SlideScreen: ホームアプリを選択する画面

SlideScreen: ホームアプリを選択する画面

ホーム画面からあらゆる情報を確認!

ホームアプリは様々なものがリリースされていますが、この『SlideScreen』の特徴はそのかっこよさ、そして多岐にわたる情報収集に適している点です。TwitterやRSSで毎日情報収集を欠かさない人には最適なホームアプリだと思います。


インストールしたら早速デフォルトのホーム画面に設定しましょう!広告のない有料版($6.99)もリリースされています。興味のある方はぜひ試してみてください!



初回起動時、チュートリアルと共に各種設定を行う画面が表示されます。各種設定は後からでも変更可能です。簡単にご説明すると、「天気情報の取得/表示形式の設定」と「携帯機能表示の説明」「Filter Viewの説明」「ショートカットの説明」「使い方モデルの説明」「各サービスのアカウント入力」です。始めの設定が少々手間ですが、後から訪れる便利さに、ここは期待に胸膨らませて黙々と行いましょう!


SlideScreen: (左)天気情報設定画面(中)個人情報表示の説明画面(右)Filter Viewの説明画面

SlideScreen: (左)天気情報に関する設定画面(中)各種情報表示の説明画面(右)Filter Viewの説明画面


このアプリは名前の通り、画面をスライドさせながら使用します。ホーム画面全体に、情報が表示されたバーが複数縦に並んだデザインになっています。「日付、時間、Wi-Fi状況、電池残量、天気、気温」が表示されているバーがメインバーとなります。情報がコンパクトにまとめて表示されているのも本アプリのうれしい点の1つです。


デフォルトの設定では、バーの並びは以下のようになっています。

  • 着信情報
  • SMS
  • メール
  • カレンダー
  • メインバー
  • RSS(Google Reader)
  • Facebook
  • 株式情報(Google finance)
  • Twitter


メインバーの上には電話、SMS、メール、カレンダー、メインバーの下にはRSS、Facebook、株式情報、Twitterなどのソーシャルメディアの情報が表示されています(設定によって変更可能)。これらの情報を簡単にチェックできるのがこのアプリの最大の特徴です。メインバーを上下にスライドさせると各種情報が引っ張り出されてチェックすることができます。


各表示部分をタップすることで対応したアプリを呼び出せるようになっています。例えば着信情報の部分をタップすれば電話が起動しますし、メール情報の 部分をタップすればメーラーが起動します。また、アイコン部分を長押しすることでメールの作成やカレンダーに新規予定を書き込むことができます。ソーシャルメディア関連の情報の部分をタップすれば、その記事やつぶやきの詳細を見ることができます。アイコンの長押しではブラウザが起動してそれぞれの情報元へとジャンプするようになっています。本当にホーム画面から何でもできてしまう印象です。


SlideScreen: SlideScreenのメイン画面。メインバーを上下に動かして各種情報をチェックします。

SlideScreen: 『SlideScreen』のメイン画面。メインバーを上下に動かして各種情報をチェックします。


また、メインバーを画面の一番下まで降ろすと、新着情報等をそれぞれチェックすることができます。右下のアイコンをタップすることで情報の切り替えをします。画像では表示されていませんが電話は着信履歴、メール関連は未読のものが表示されるようになっています。携帯電話として必要な情報は全て見ることができますよ。


SlideScreen: (左)着信情報(中)未読メール情報(右)カレンダーの予定

SlideScreen: (左)着信情報(中)未読メール情報(右)カレンダーの予定


逆にメインバーを画面の一番上まで持ち上げると、ソーシャルメディア関連の情報をそれぞれ閲覧することができます。RSSはGoogle Readerと同期さ れており、記事をタップすることで詳細を見ることができます。メニューからブラウザでの閲覧も可能です。Twitterではホーム画面からリプライを返したり、リツイートすることもできます。現在、それぞれ別のアプリを使用してチェックしていて面倒に感じていた方は、『SlideScreen』を使うことによって全ての情報が1つの画面で確認できます!


SlideScreen: (左)GoogleReader(中)株式情報(右)TwitterのTimeLine

SlideScreen: (左)Google Reader(中)株式情報(右)TwitterのTimeLine


インストールしているアプリケーションの一覧はメニューボタンを押すことで呼び出すことができます。アプリケーションのドロワーも特徴的で画面上部によく使うアプリを8つまで固定表示することができます。 この設定は、上部のスペースを長押しした後に下部のドロワーからセットしたいアプリを選択することで行えます。セットしたいアプリを長押ししてからセットし たいスペースを押す方法でも行えます。下の画像では「Advanced Task Killer」と「ドコモマーケット」を入れ替えています。


SlideScreen: アプリのプリセットの切り替え。アプリの長押し⇒入れ替えたいアプリをタップでOK!

SlideScreen: 固定表示するアプリの切り替え。アプリの長押し⇒入れ替えたいアプリをタップでOK!


SlideScreen: 設定画面

SlideScreen: 設定画面

アプリ一覧画面から端末のメニューボタンを押すことで、設定画面を呼び出すことができます。様々な設定が可能です。設定項目のご紹介を少しします。


グローバル設定内では、「ステータスバーの表示の有無(Status Bar Visible)」「表示するサービスの選択(Services)」「天気情報の設定《摂氏華氏の切り替え/GPSの使用の有無》(Weather)」などが良く使う項目です。


サービス設定内では「株式情報(Stocks)」「Facebook」「Gmail」「Google Reader」「カレンダー(Calendar)」「Twitter」のアカウント設定を行います。多くのGoogleのサービスとしっかり同期できるのがうれしいですね。



いかがでしたか?黒ベースの画面と左側のカラーバーがスタイリッシュでカッコいいホーム画面を演出してくれます。それ以上に注目したいのは、このアプリ1つで様々な情報ツールを扱えるという点です。そのためホーム画面としての使い道以外にも、単体のアプリケーションとしても十分な働きを見せてくれます。見た目以上に動作は軽く感じられ複雑な点もありません。インストールしておいて間違いのないアプリだと思います。それでは今回はこの辺で。お相手はオクトバでした!


<総括>

スタイリッシュな見た目と機能性を兼ね備えたホームアプリです。デフォルトのホーム画面とは操作が大きく異なるため、はじめは操作に戸惑うかもしれませんが、慣れてしまえば感覚的な操作で様々な情報を取得することができます。ショートカットやウィジェットの利用に慣れてしまっている方でもすぐに乗り換えられます。 新しい感覚のホーム画面をぜひ一度お試しください!

SlideScreen
Larva Labs Ltd. SlideScreen 無料

『SlideScreen』ホームアプリ~スタイリッシュで情報収集が1つの画面からできる~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ