イコライザ機能で自分好みの音質を楽しもう『MixZing Media Player』

2010年09月06日 16:09 by オクトバ
MixZing Media Player: ウィジェットを設置したホーム画面です。

MixZing Media Player: 大きなウィジェットも付いています。

これまでも、いくつかのメディアプレイヤーアプリをご紹介してきましたが、今回は音質を簡単に調整できるイコライザ機能を持つプレイヤーをご紹介したいと思います。


その名は『MixZing Media Player』。好きな音楽を自分好みの音質で楽しみたい方は要チェックです。もちろん、動画再生も行えます。



MixZing Media Player: メインの画面とmenu表示

MixZing Media Player: メインの画面とmenu表示

イコライザを使おう

メインの画面には「Artists」「Albums」「Songs」「Playlists」「Videos」等のカテゴリが表示されます。


menuボタンを押すと、全ての曲を流す「Play All」、SDカード内の音楽データや動画ファイル等を再検索する「Scan Media」、各種設定の「Settings」等のメニューが用意されています。


それではカテゴリの中から1つ見てみましょう。一番上の「Artists」です。アーティストは数字、アルファベットの順に並び、そのアーティストの楽曲数が表示されます。目的のアーティストをタップすると、関係するアルバムが表示されます。その中から聞きたいものを選択すると再生画面に移動します。


再生画面はとてもシンプルでボタンもハッキリしているため操作に迷うことはありません。少しだけ付け加えると、画面を右にスライドすると次の曲に進み、左にスライドすると曲が戻ります。画面上のアルバム名と曲名を表示している部分をタップすると、ブラウザを起動して楽曲に関する情報を検索する事ができます。これは面白い機能ですね。また、「More」と書かれたボタンを押すと、シャッフル再生やループ再生の機能を選択する事ができます。


MixZing Media Player: (左)「Artists」画面 (中央)アーティストのアルバム一覧画面 (右)再生画面

MixZing Media Player: (左)「Artists」画面 (中央)アーティストのアルバム一覧画面 (右)再生画面


MixZing Media Player: 再生画面の横画面表示

MixZing Media Player: 再生画面の横画面表示

再生画面は横表示にも対応しています。その場合は、画面右に操作メニュー、左にアルバムジャケットが表示されます。



MixZing Media Player: イコライザの設定画面

MixZing Media Player: イコライザの設定画面

再生画面の操作ボタンの中にある、つまみが3つ並んでいるアイコンをタップするとイコライザの画面が表示されます。デフォルトでは「On」のボタンはチェックが入っていないので使用する場合は有効にします。イコライザでは表示されている音域のバーを上下させることで自分好みの音質に楽曲をアレンジすることができます。扱いは難しくないので、イコライザに関する知識がない方でも少し触ってみると音質が変わって楽しいと思います。



また、イコライザの設定は「Custom-All Songs」で自分が切り替えてもいいですが、曲調に合わせていくつか変更する事ができます。これを使うのも1つの手です。用意されている設定は以下の通りです。


  • Flat
  • Bass Boost
  • Mid Boost
  • Treble Boost
  • Bass & Treble Boost
  • Custom – All Songs


また、イコライザの影響を受けるものを「All songs」「This album」「This song」で制限することもできます。


プレイリストを作ろう

さて、再生画面に戻りましょう。再生画面でmenuボタンを押すといくつかのボタンが現れます。「Library」は、最初に表示されていたメイン画面のことです。「Refresh Artwork」はアルバムジャケットが表示されていない時に使用すると、アートワークを補完してくれることがあります。そして、「Add to Playlist」では既存のプレイリストに曲を追加したり新たにプレイリストを作成することができます。


MixZing Media Player: (左)再生画面のmenu表示画面 (右)「Add to Playlist」のポップアップメニュー

MixZing Media Player: (左)再生画面のmenu表示画面 (右)「Add to Playlist」のポップアップメニュー


作成した「Playlists」は、メイン画面の「Playlists」カテゴリから確認しましょう。ここには自ら作成した既存のプレイリストだけでなく、「Recently added」で最近SDカードに追加された曲も表示してくれます。また、「MixZing Media Player」で流したアルバム等も簡易的なプレイリストとして表示されます。再生したい場合は、プレイリストをタップです。 プレイリスト名を長押しすると「Rename」でプレイリスト名を変更する事ができます。


MixZing Media Player: (左)「Playlists」画面 (右)プレイリスト長押し時のポップアップ

MixZing Media Player: (左)「Playlists」画面 (右)プレイリスト長押し時のポップアップ


ビデオ再生とウィジェット

「MixZing Media Player」はビデオ再生も行えます。「Videos」からSDカードに保存されているmp4形式の動画ファイルを再生することができます。また、本アプリには再生用のウィジェットも用意されています。サイズは「large art」「small art」「text only」の3種類があります。


MixZing Media Player: (左)「Videos」の表示画面、(右)ウィジェットを設置したホーム画面

MixZing Media Player: (左)「Videos」の表示画面、(右)ウィジェットを設置したホーム画面


いかがでしたか?イコライザの機能が特徴的な本アプリは、全体的に使いやすいメディアプレイヤーアプリだと思います。また、本アプリの拡張アプリである「Upgrade MixZing」をインストールすることによって、さらに多くの機能を使用できるようになります。本アプリを使ってみて気に入った方は、そちらもお試しください。


それでは今回はこの辺で失礼。ご紹介はオクトバでした!

<総括>

「イコライザ」という特徴的な機能を持つメディアプレイヤーアプリです。イコライザ機能も含め、全体的に扱いやすいアプリだと思います。流している楽曲の検索機能もあるので、本アプリを使ってどっぷり音楽を楽しんでいただければと思います。

『MixZing Media Player』~イコライザ機能で自分好みの音質を楽しもう~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ