アメダスの気象観測データをチェック!『AmeDeSka』

2010年09月18日 11:07 by capelito
AmeDeSka:起動画面

AmeDeSka:起動画面

気圧や湿度、風速、降水量・・・。天気を気にする方は多いと思いますが、こうした気候データをチェックする機会はあまりないですよね。


そんなときに役立つのが『AmeDeSka』です。アメダスの観測データを日々チェックできます。天気予報だけでなく、こうした情報をもとに毎日の気候を見てみると、ちょっと気象情報に詳しくなれるかもしれません。


AmeDeSka:設定画面

AmeDeSka:設定画面

地域を設定するだけ!

まずは設定からはじめましょう。メニューボタンから「設定」を選択し、お住まいの地域を設定します。


地域は自動でも選択してくれますが、手動で選択したほうが確実ですね。都道府県より先も細かい地点で設定が可能です。


AmeDeSka:地域選択(左)と詳細地域選択(右)

AmeDeSka:地域選択(左)と詳細地域選択(右)


この『AmeDeSka』はアメダスの観測情報を利用しているそうですが、選んだ地点によっては観測していない情報もあるようで、その場合データは表示されないようです。ご注意ください。


シンプルな情報とグラフで日々の天気をチェック
AmeDeSka:詳細情報

AmeDeSka:詳細情報

『AmeDeSka』で得られる情報は以下になります。


  • 日の出/日の入りの時刻
  • 気温の傾向
  • 予想最高気温
  • 体感温度



「日の出/日の入りの時刻」から、「ああ、日が短くなってきたなあ」なんて実感することができますね。「気温の傾向」というのは、上図のように「最も暑い時期を上回る」と表示されているように、平年と比べて暑いのか寒いのかがわかります。「予想最高気温」は普段から気にしている方も多いと思いますが、ここで34℃なんて表示されると考えるだけで暑くなってしまいます…。また、「体感温度」がわかるのはおもしろいですね。実際の気温より蒸し暑い場合などがわかると思います。


AmeDeSka:詳細グラフ

AmeDeSka:詳細グラフ


また、以下の情報のグラフも表示されます。


  • 気温
  • 気圧
  • 風速
  • 降水量
  • 湿度


これらのグラフは、前日から現時点までの記録が表示されます。「気温」であれば、昨日の今の時間と比べると暑いのか寒いのか、最高気温が昨日より高いのか低いのか、などがわかりますね。「気圧」の変化を気にしている方はあまり多くないと思いますが、「風速」のグラフと合わせて、台風が近づいてきたときに参考にするのはおもしろいかもしれません。「降水量」のグラフを後から参照することで、「あれ、昨日の夜は雨が降ったのか」なんてことがわかります。「湿度」があまりにも高い時はじめじめして嫌ですが、あまりに乾燥しているようであれば「加湿器をつけたほうがいいかも」と判断するのに役立つと思います。


また、メニューからファイルを選ぶと、表示されているデータをCSVファイルでSDカード内に保存してくれます。あまり、利用する方はいないかもしれませんが、日々の気候データを記録する際には便利な機能です。

<総括>

普段あまり気にしていない気象データを参照することで、日々のちょっとしたときに役立ちそうな気がします。華やかさはありませんが、地味に活躍してくれそうなアプリです。

AmeDeSka
miduhima AmeDeSka 無料

『AmeDeSka』~アメダスの気象観測データをチェック!~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ