AR機能を駆使して自分で創り上げる地図アプリ『TravelCamerAR -トラベルカメラ-』

2010年09月22日 11:07 by Orange14
トラベルカメラ:起動後Mapが立ち上がります

TravelCamerAR -トラベルカメラ-:起動後Mapが立ち上がります

地図アプリは種類が多く、魅力的なものが多々あるので、どれをインストールすればいいのかわかりませんよね?


今回ご紹介する『TravelCamerAR -トラベルカメラ-』は、とてもおすすめできるAR(拡張現実)機能を利用したアプリです。「これを待っていたんだ!」といった便利な機能が盛りだくさんです!


簡単操作で目的地情報を整理しよう

旅行へ行く前に色々と調べ、ガイドブックにドッグイヤーをしたり、付箋を貼ったりして、どこへ行きたいかを整理することが多いと思います。『TravelCamerAR -トラベルカメラ-』を使えば、そうした感覚と同じように目的地の情報をまとめられるのです。やり方は簡単。目的地をタップするだけ!


あと、アプリを使用する前に端末のGPS機能をオンにしておいてくださいね。


TravelCamerAR -トラベルカメラ-:目的地となる場所をタップするとアイコンが出てきます

TravelCamerAR -トラベルカメラ-:目的地となる場所をタップするとアイコンが出てきます


地図上につけた印には、詳細情報を登録できます。地図上に現れるアイコンをタップすると「アクションの選択」と出てきます。左上にある「詳細」をタップし、指定した場所の情報を入力できます。


まずは目的地名を「タイトル」に入れましょう。そして、「Web」ボタンをタップすると、入力したタイトルからgoogle検索にかけてくれるので何かと役立ちます。このほかに「詳細」をタップで登録できる項目は「Url」、「電話」、「詳細」の全4項目。「Url」の横にある「Go」から登録したリンク先へ、「電話」横の「Tel」からは登録した番号へ直接電話をかけられます。


TravelCamerAR -トラベルカメラ-:アイコンをタップ(上)「詳細」タップで情報を入力できます(下)

TravelCamerAR -トラベルカメラ-:アイコンをタップ(上)「詳細」タップで情報を入力できます(下)


例えば、事前にタイトルへ行きたいお店の名前を入力し、詳細情報を「Url」「電話」に登録しておけば、後々楽ですよね。ちなみに写真を撮影した場合は「詳細」の下にサムネイルが表示され、タップすれば拡大表示されます。


入力した情報はセーブ&ロード

入力した情報は「メニュー」→「編集」からセーブできます。セーブしたデータごとに再び呼び出せるのも便利なポイント。このセーブデータはロードして呼び出すだけではなく、追加登録も可能です。カメラで撮影した画像も登録できるので、自分仕様のオリジナルガイドブックとして利用でき、思い出のアルバムとしても活用できますね。


TravelCamerAR -トラベルカメラ-:メニュー→編集をタップ。登録情報をセーブ&ロードができます

TravelCamerAR -トラベルカメラ-:メニュー→編集をタップ。登録情報をセーブ&ロードができます


写真データがあるものはブルー、ないものはレッドのアイコンで表示されます。日常で使うなら、服屋・雑貨屋・料理店などを登録したり、いろいろ活用できそうです。画面上からアイコンを消すときは「メニュー」→「編集」→「全てのアイコンの削除」をタップすると表示が消えます。セーブをしておけばデータは消えません。セーブデータを削除する場合は、ロード画面で削除したいアイコンを長押しすると削除できます。


直接検索も可能

地図を動かしながら目的地を見つけるのもいいですが、ちょっと時間がかかりますよね。そういうときは本体のメニューボタンを押してランドマーク検索をタップしましょう。目的の建物名・住所を入力すれば、目的地にアイコンが立ちます。


例えば旅行に行った時、宿を中心に動くなら、その場所の住所を入力し、宿を中心とした行動メニューを組んでみるのもいいですね。


TravelCamerAR -トラベルカメラ-:目的地の検索も楽にできます

TravelCamerAR -トラベルカメラ-:目的地の検索も楽にできます


便利な経路検索と方向検索

機能はこれだけではありません。アイコンをタップ→「アクションの選択」→「経路」という項目をタップすると現在地から目的地への経路が表示されます!経路線を消すにはメニューを押して、「その他」→「経路メニュー」→「経路の削除」を選択してください。


TravelCamerAR -トラベルカメラ-:現在地から黄緑色のラインマーカーが表示され、目的地へ行くのも楽々です

TravelCamerAR -トラベルカメラ-:現在地から黄緑色のラインマーカーが表示され、目的地へ行くのも楽々です


僕は方向音痴なので、ついつい地図をグルグルと回してしまいます。自分の立っている位置の見え方で地図を見ないと不安になりませんか?このアプリではそうした「グルグル」をしなくて済みます。「メニュー」→「その他」→「方向検索」とタップしていくと、自分が向いている方向に合わせて地図が動いてくれるのです。これで迷子になる心配はありません。初めての場所もどんとこいです!


TravelCamerAR -トラベルカメラ-:地図をくるりと回さなくても大丈夫です

TravelCamerAR -トラベルカメラ-ラ:地図をくるりと回さなくても大丈夫です


さらに、この『TravelCamerAR -トラベルカメラ-』の凄いのが、カメラモードです。みなさんは「AR(拡張現実)機能」ってご存知ですよね?AR機能を使ったアプリとしては、『セカイカメラ for Android』や『Reality Browser 3.0』、『UkiUkiView』などが紹介されていますが、『TravelCamerAR -トラベルカメラ-』もその一つです。


AR機能でわかる方角と距離感!

「メニュー」→「カメラモード」をタップで、画面上に自分が向いている方向にあるアイコンがわらわらと表示されます。下画像をよく見るとわかりますが、現在地から近いアイコンが大きく表示されます。拡張現実とはよくいったもので、カメラを通すことで新たな世界が広がるのを、僕は感じました!右上にあるカメラマークをタップすると撮影ができます。もちろん画面上の文字情報は撮影された写真には映りこみませんので、安心してください。


表示されるアイコンは自分で作成したものだけです。他人が作成したアイコンが見える機能はないので、自分だけのオリジナル地図を作ってください。


TravelCamerAR -トラベルカメラ-:距離感がわかる目的方向の施設名が表示され、左上には方位が表示されています

TravelCamerAR -トラベルカメラ-:距離感がわかる目的方向の施設名が表示され、左上には方位が表示されています


MAPへ戻るときは「メニュー」→「マップモード」、アイコン一覧を見るときには「アイコンリスト」をそれぞれタップすることで画面が切りかわります。


TravelCamerAR -トラベルカメラ-:マップ・リストへ戻るときはメニューからアイコンをタップ

TravelCamerAR -トラベルカメラ-:マップ・リストへ戻るときはメニューからアイコンをタップ


機能拡張アプリで楽しもう

本アプリには『TC Prein 浅草マップ』と『TC Prein 日本のお城マップ』という機能拡張アプリが用意されています。前者は浅草周辺の店舗、後者は日本のお城の情報がアイコン登録されています。


TravelCamerAR -トラベルカメラ-:『TC Prein 浅草マップ』に登録されているアイコン

TravelCamerAR -トラベルカメラ-:『TC Prein 浅草マップ』に登録されているアイコン


自分で調べてアイコンを作成する必要がないので便利です!合わせてダウンロードしておくのもいいかもしれません。個人的にはこうした拡張アプリがどんどんと増えることを密かに期待しています♪画像や情報の共有なんてことも今後できればうれしいです。

<総括>

地図上で写真と情報を管理できるAR機能を利用した地図アプリ。事前にデータを入力し、目的地でロードすることで旅や散歩など、お出かけをより便利にできます。その場で写真撮影ができるほか、登録した情報から直接Webページへリンクし、電話をかけることもできます。また2010年9月16日現在、2つの拡張アプリも用意されています。

TravelCamerAR -トラベルカメラ-
FSARDevDep TravelCamerAR -トラベルカメラ- 無料

『TravelCamerAR -トラベルカメラ-』~AR機能を駆使して自分で創り上げる地図アプリ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ