タイマー機能つきカラフル付箋メモアプリ『Ms Sticky Free(付箋メモウィジェット)』

2010年10月07日 11:06 by オクトバ
Ms Sticky Free(付箋メモウィジェット):簡単なメモをウィジェットでいくつも設置

Ms Sticky Free(付箋メモウィジェット):簡単なメモをウィジェットでいくつも設置

ちょっとしたメモ帳アプリはいくつもマーケットに存在しますが、今回は紹介するのは付箋紙風メモアプリ『Ms Sticky Free(付箋メモウィジェット)』です。


タイマー機能を備えていてカラフルなので、ToDoやメモをササッと書いて残しておくには非常に便利だと思います。


背景色と文字色の組み合わせが大切

「Ms Sticky Free(付箋メモウィジェット)」をアプリ一覧から起動しようとすると、「このアプリはウィジェットアプリとなります。」という表示があらわれます。ホーム画面を長押しして、ウィジェットから設定していきましょう。


まず、ウィジェットのサイズを選択します。サイズは「1×1」、「2×1」、「2×2」の3種類です。サイズを決めると「付箋の内容を入力」というダイアログが現れます。ここにメモしたい内容を書き込みます。内容は後で変更することも可能です。


Ms Sticky Free(付箋メモウィジェット):(左)ウィジェットの選択画面 (右)内容を入力するダイアログ

Ms Sticky Free(付箋メモウィジェット):(左)ウィジェットの選択画面 (右)内容を入力するダイアログ


「付箋の内容を入力」したら3つのタブがある画面が表示されます。ここでウィジェットの設定を行っていきます。


まずは「基本設定」タブです。「内容」では、先ほど入力した付箋の内容を編集できます。ウィジェットのサイズによって表示できる文字数に限度がありますが、ある程度の量のメモなら十分に表示可能なので箇条書きでも大丈夫です。


Ms Sticky Free(付箋メモウィジェット): 「基本設定」タブ画面

Ms Sticky Free(付箋メモウィジェット): 「基本設定」タブ画面

次に「背景色」です。色の種類は以下の11種類です。


  • ピンク
  • パープル
  • 黒(半透明)
  • 赤(半透明)
  • ピンク(半透明)
  • パープル(半透明)
  • 青(半透明)



また、「文字色」も同様に選択できます。これは7種類あります。フォントサイズも8~20の間で自由に変えられますが、ウィジェットサイズが小さいのにフォントサイズが大きいと、ウィジェットに表示できる内容が少なくなってしまうので注意してください。


「背景色」と「文字色」は、組み合わせ次第でウィジェットの内容が見やすくも見づらくもなります。特に背景色に(半透明)の色を選択した時は、端末の壁紙の色も考えながら文字色を決めましょう。


Ms Sticky Free(付箋メモウィジェット): 「タイマー」タブ画面一覧

Ms Sticky Free(付箋メモウィジェット): 「タイマー」タブ画面一覧

続いて「タイマー」タブです。「タイマー動作」はウィジェットにタイマーを設定するか否かを選択するものです。タイマーを有効にした場合は、「実行日時の指定」を行います。少し残念ですが、タイマーは1つのウィジェットに1つしか設定することができないので、何度もタイマーを使用したい場合はその都度日時を変更してあげる必要があります。


「通知設定」では、タイマーが期日になった際にアラーム通知を行うかどうか、「背景色の変化設定」と「文字色の変化設定」では、タイマーが働いた際にウィジェットの背景色と文字色を変化させるかどうかを設定できます。この設定を行うと視覚的にタイマーを認識できるようになります。この時の背景色と文字色をより目立つ組み合わせにすることで効果を発揮すると思います。


Ms Sticky Free(付箋メモウィジェット): ウィジェットを表示したホーム画面

Ms Sticky Free(付箋メモウィジェット): ウィジェットを表示したホーム画面

以上の設定が終了したら、「OK」をタップしてホーム画面にウィジェットを表示してみましょう。ウィジェット毎にそれぞれ異なった設定をすることで、ホーム画面は非常にカラフルになります。


また、各々にタイマーを設定すれば、メモ(ウィジェット)の管理も容易になります。もちろん、設置したウィジェットをタップすることで各種設定を編集できます。


Ms Sticky Free(付箋メモウィジェット): 「その他」タブのログ一覧表示画面

Ms Sticky Free(付箋メモウィジェット): 「その他」タブのログ一覧表示画面

さて、設定の3つめのタブである「その他」では、「ログ一覧表示」で今までに本アプリでウィジェットに表示した内容を確認できます。既にホーム画面から消してしまったウィジェットの内容まで保存しているので、以前どのような内容のメモをとったのかを思い出すときに便利です。


本アプリの有料版では、このログの内容を再度ウィジェットに復元する機能があります。削除する必要がないのにうっかり消してしまった場合や、一度は消してしまったものの同じ内容のToDoが生まれた時に、非常に役に立つ機能です。「Ms Sticky Free(付箋メモウィジェット)」が気に入った方はぜひ有料版もお試しください。


いかがでしたか?メモ自体の機能は非常にシンプルですが、背景色・文字色を思いのままにカスタマイズできるので、ホーム画面がにぎやかになるメモアプリです。ちょっとした事をホーム画面に貼り付けておきたい方はお試しを!


それでは今回はこの辺で失礼。ご紹介はオクトバでした!

<総括>

付箋紙の様にちょっとした内容をメモにしてホーム画面に貼り付けておくことができるウィジェット専用のメモアプリです。タイマー機能でウィジェットの背景色・文字色が変化するのが特徴的です。ホーム画面をカラフルに彩っていたい方に特におすすめです。

Ms Sticky Free(付箋メモウィジェット)
Monmonkey Ms Sticky Free(付箋メモウィジェット) 無料

『Ms Sticky Free(付箋メモウィジェット)』~タイマー機能つきカラフル付箋メモアプリ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ