『Quick Settings』設定管理~必要な項目だけを1つの画面にまとめて表示~

2010年10月23日 11:05 by オクトバ
Quick Settings: 各種機能の設定を簡単にON/OFF!

Quick Settings: 各種機能の設定を簡単にON/OFF!

画面の明るさや着信音、GPSなどの設定を簡単に変えられるようなウィジェットアプリは非常に便利ですが、実際にホーム画面にたくさんショートカットを表示させておくのは邪魔になってしまうこともありますよね。


今回は各種設定の変更を1画面でまとめて行えるアプリ、『Quick Settings』をご紹介します。


設定をまとめて切り替え

このアプリは画面の明るさや、ボリューム、Wi-Fiなどの様々な設定管理をすべて同じ画面上で行える便利なアプリです。操作が簡単で必要な機能や情報がしっかりとそろっているという点も、このアプリの魅力です。


まずは画面の一番上から見ていきます。左上の文字は端末とSDカードの空き容量を表しています。その右隣にあるライトのボタンは、タップすると全画面が真っ白になる懐中電灯の機能です。端末を傾けると明るさが最高値になり、暗い場所でライト代わりになります。設定管理とはちょっと違いますが、ふとした時に使えそうですね。


Quick Settings: 端末によってはLEDで懐中電灯の機能を使用できます

Quick Settings: 端末によってはLEDで懐中電灯の機能を使用できます


その右隣にあるバッテリー残量が表示された電池のボタンをタップすると、バッテリーの使用状況が確認できます。起動しているだけでバッテリーを消費してしまうものもあるので、この画面で不要なものを確認すればバッテリーの節約ができそうです。


Quick Settings: 端末内の表示画面にリンクしています

Quick Settings: 端末内の表示画面にリンクしています


Quick Settings: 画面の明るさの調整も簡単です

Quick Settings:画面の明るさの調整も簡単

たとえば、ディスプレイがバッテリーを消費していることは多いですが、そのような場合には画面の明るさを抑えるという方法があります。設定項目の一番上のメーターで明るさの調整ができるので、バーを移動させて明るさを調整できます。


また、左右のボタンはそれぞれ1タップで明るさの最低値と最高値にバーを移動できます。


明るさ調整の下にあるのは着信時の音とバイブレーションの設定ボタンです。右側に2つのボタンがありますが、左側はサイレント/バイブレーションのみ/着信音のみ/着信音&バイブレーションの4つから設定を選択するボタンです。右側にあるON/OFFボタンは、“ON”の状態で左側のボタンで選択した設定を有効にします。“OFF”を選択するとサイレントモードになります。


また、設定項目のタイトル(この場合“Ringer”と書いてある部分)をタップすると、端末の“音の設定”のページが開きます。


Quick Settings: 着信音/バイブレーション設定は1タップorリストから選択します

Quick Settings: 着信音/バイブレーション設定は1タップorリストから選択します


“Volume control”をタップすると、詳細なボリューム設定が行えます。これまで機能別の音量設定をしていなかった方でも、バーを動かすだけで調整ができるので試してみてください。


Quick Settings: ボリュームの細かな設定も可能です

Quick Settings:ボリュームの細かな設定も可能


その他の設定項目はON/OFFの切り替えボタンを使用するものになっています。ここに表示されている全ての項目のタイトル部分をタップすると、“Ringer”で紹介したように、それぞれの標準の設定画面にジャンプするので、ON/OFF以外の細かい設定を行いたいときはタイトルをタップすると便利です。


また、設定できる項目は表示されているもの以外に、表示順も変更できます。端末のMENUボタンから“Customize”をタップして、他にどのような設定管理ができるのか紹介します。


Quick Settings: 1タップだけでON/OFFの切り替えができる項目も

Quick Settings: 1タップだけでON/OFFの切り替えができる項目も


Quick Settings: メイン画面に表示するものとしないものを分けられます

Quick Settings: メイン画面に表示するものとしないものを分けられます

必要な項目だけを設定管理画面に表示

初期設定としてメイン画面に並んでいる項目の他に、“Hidden Settings”として幾つかの項目が存在します。これらは全て並び替え、メイン画面への追加/削除が可能です。


“Hidden Settings”の項目としては、画面のスクリーンが暗くなるまでの時間を調節する“Screen timeout”や機内モードにするための“Airplane mode”、そして画面ロックを設定する“Unlock pattern”等があります。


この画面で、リストの右端にある並び替えボタンをタップしてそのまま上下にドラッグすれば項目の移動ができ、“Hidden Settings”内にあったものを“Visible Settings”内に移動するだけで、簡単にメインの設定管理リストに追加することができます。自分のよく使用する項目をメイン画面に表示させてみてください。


Quick Settings: 右端のアイコンをドラッグすれば順番の入れ替えやリストへの追加/削除が行えます

Quick Settings: 右端のアイコンをドラッグすれば順番の入れ替えやリストへの追加/削除が行えます


アプリの表示画面のデザインは2種類あります。端末のMENUボタンから“Preferences”を開いて、“Appearance”をデフォルトである“Full screen”から“Dialog”に変更すると、ポップアップの画面のようなインターフェイスになります。このデザインの方がコントロールパネルのような雰囲気がありますね。


“Preferences”には、ステータスバーにショートカットのアイコンを表示させる設定があります。ステータスバーにショートカットを表示させると、アプリのアイコンを探すまでもなく、設定管理ができるので便利です。


また、はじめにご紹介した懐中電灯機能(“Flashlight”)の設定もあります。こちらは画面全体の明度を上げる“Screen flashlight”と端末のLEDを使用する“LED flashlight”から選択できますが、端末によってはLEDが使用できないようです。Desireでは対応していましたが、HT-03A・Xperia・LYNXは非対応でした。


Quick Settings:自由にインターファイスをカスタマイズ

Quick Settings:自由にインターファイスをカスタマイズ


いかがでしょうか?カスタマイズして使用する項目だけをリストに表示させておけば、1画面で普段切り替える頻度の高い設定をまとめて管理できるようになり、いろいろな手間が省けて助かります。ステータスバーにショートカットを置けるので場所も取らず、アクセスしやすいのもポイントです。


それでは今回はこの辺で。ご紹介はオクトバでした!

<総括>

ディスプレイの明度、着信音やWi-Fiなどの設定変更を1画面でまとめて行える設定管理アプリです。全部で14の設定項目があり、メインの設定管理画面上に表示させておくものと隠しておくものに分けられます。日本語に対応していませんが、どなたでも扱えるであろう使い勝手の良いおすすめアプリです。

Quick Settings
Sergej Shafarenka Quick Settings 無料

『Quick Settings』設定管理~必要な項目だけを1つの画面にまとめて表示~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ