携帯サイトが表示でき、画面キャプチャがとれるブラウザ『Sxブラウザ』

2010年10月24日 16:08 by みろいど
図1. Sxブラウザ 起動画面

図1. Sxブラウザ:起動画面

「Sxブラウザ」というアプリをご紹介します。名前の通り、Webページを見るためのブラウザアプリのひとつです。


みろいどがこのアプリに目をつけた理由は2点。「携帯サイト(一部)を閲覧」することができる点と「Webページのキャプチャ」をとることができる点です。



みろいどが、普通の携帯からHT-03Aの様なスマートフォンに変えて一番困ったのが、携帯のサイトが見られなくなった点です。特に、図2でご紹介する東急バスのバスの接近情報です。みろいどは、東急バスをつかっているので、このバス接近情報は非常に重宝しています。(バスって遅れるだけでなく、先に行っちゃうんですよね…)



図2. Sxブラウザ 東急バス接近情報

図2. Sxブラウザ:東急バス接近情報


通常のブラウザで表示させると、こんな感じで、路線全てが表示される形式となります(PCと同じ)。ですが、これをスマートフォンで表示するには、重いですし見たい所がすぐに見れません。これをSxブラウザで表示すると…


図3. Sxブラウザ 携帯と同じ表示ができた!

図3. Sxブラウザ:携帯と同じ表示ができた!


Sxブラウザを使うと、図3左の様に携帯と同じ表示(図3右)ができます!ちゃんとバスの到着予想時間を確認できています。デフォルトブラウザでは、図3中央の様に表示することができません。この様に、Sxブラウザを使うことで携帯と同様の軽い情報を素早く見ることができます


ただし!…この様に携帯サイトを表示させるにはちょっとした「おまじない」を設定する必要があります(記事を書き終わった後、バージョンがアップされ、このおまじないがメニュー化されました)。


スマートフォンやPCで何故携帯のサイトが表示できないか?それにはいくつか仕掛けがあります。みろいどはサイトを作ることに関して専門家ではないので、あまり詳細なことは分かっていませんが…大きくは2点ある様です。


  1. 携帯のネットワークからのアクセスか?(IPアドレスを見ているのでしょう)
  2. ブラウザが携帯のものか?(ブラウザのユーザエージェントを確認しているのでしょう)


1.のIPアドレスばっかりは、何とも対応し難いのですが、2.のユーザエージェントをSxブラウザは変えることができるのです。ということで、設定についてのご紹介の途中でそのおまじないについて触れてゆきます。


図4. Sxブラウザ 設定メニュー

図4. Sxブラウザ:設定メニュー

ということで、設定についてご紹介します。


起動画面で、メニューボタンを押すと図4の下半分の様なメニューが現われます。パッと見た目、特に難しいメニューではなく、使い勝手も良い感じです。また、このメニューに対応したアイコンが一部ブラウザ表示画面の下の位置に配置されています。(図1の起動画面の下の部分のマークと図4のメニューのマークが同じものを確認できます)


では、メニュー項目を順番にご紹介してゆきます。


図5. Sxブラウザ メニュー1

図5. Sxブラウザ:メニュー1


図5左は、「ブックマークの追加」です。Sxブラウザは、基本的にデフォルトブラウザのブックマークを共有しますが、『Dolphin Browser 』のブックマークにも追加できる機能を持っているようです。(みろいどのHT-03Aには『Dolphin Browser 』がインストールされているので、この表示が出ます。)


図5中央は、Sxブラウザの特徴の1つである「Webサイトの保存」です。このブラウザの「売り」でもある機能で保存したページをオフラインで確認できるところがまた良いです。後ほど詳しくご紹介します。


図5右は、「ウィンドウ」のメニューで複数のウィンドウを開くことができます。開いてあるウィンドウはリストとして表示され、タップするとそのウィンドウが表示されます。


図6. Sxブラウザ SDメモリー上のHTMLファイルの読み込み

図6. Sxブラウザ:SDメモリー上のHTMLファイルの読み込み


図6左は、今回の記事のために、携帯サイトのURLのリンクを1つのHTMLファイルにしてSDメモリーに保存したものです。Sxブラウザでは表示してくれましたが、デフォルトブラウザでは、図6右の様に表示できませんでした。


図7. Sxブラウザ:メニュー2

図7. Sxブラウザ:メニュー2


続いて、図7左は「ブックマークを開く」。これを選択すると、デフォルトブラウザのブックマークを開くことができます。追加機能として、Sxブラウザ用に階層を持たせることができます。(図7左上の「ForSxBrowser」というフォルダーがそれに当たります。なかなか便利な機能で、これも後ほどご紹介します)。


図7中央は、図5中央でご紹介した保存したページリストが表示され、開くことができます。


図7右は、URLを指定して開く、ページの共有、ブラウザの設定、そして現在のページをデフォルトブラウザに表示させることのできる機能となっています。また、標準ブラウザに表示させる機能は、非常に便利で、この記事を書く上での比較や、後ほどご紹介しますが、このブラウザの得意不得意を補完するのにも使えます。


さて、設定のご紹介の前に図7右メニューの機能をご紹介します。


図8. Sxブラウザ メニュー3

図8. Sxブラウザ メニュー3


図8左は、「URLを指定して開く」の入力用のダイアログが出ます。図6の説明のところでも触れましたが、標準ブラウザではSDメモリーなどに置いたHTMLファイルにアクセスすることができないのですが、Sxブラウザはアクセスできます。


図8右、エラー表示となっていますが、これは図7右で「デフォルトブラウザで表示をする」を選んだときのものですが、Sxブラウザにて、何らかの理由でサイトにアクセスが停止してしまっている時に選ぶとクラッシュしてしまうようです。今回の記事を書くときに、アクセスできなかった(アクセス中)サイトをデフォルトブラウザに切り替えてみようとして出ました。ただ、通常表示されたあとに切り替えるときには発生しませんので、ご安心を。


図9. Sxブラウザ:メニュー4

図9. Sxブラウザ:メニュー4


図9左は、図7右で「ページの共有」を選んだ時の画面です。インストールさせれているこの手のアプリのリストが出現します。図9右ですが…みろいどは最近「Tumblr」を始めたのですが、そのTumblrのリンクの記録のため「Tumblroid]というアプリを起動した画面です。ちゃんとURLが転送されました。


図10. Sxブラウザ 設定メニュー

図10. Sxブラウザ:設定メニュー


さて、設定項目のご紹介をして行きます。図7右の「設定」を選ぶと図10のメニューが現われます。


  • ホームの設定
  • 画面表示に関する設定
  • バックキー(HT-03Aでは下右側の矢印マークの書かれたキー)でアプリが終了しないようにする
  • ブラウザの機能設定(冒頭にご紹介した携帯サイトを見るためのおまじないを設定するのもここです)


チェックボックスが右側に付いているのは、この画面で設定を決めるものとなっています。更に階層があるものを順番にご紹介します。



図11.Sxブラウザ 画面設定関連

図11.Sxブラウザ:画面設定関連


図11左は、ホームのページをURLの入力による設定をする場合です。図11中央は、HT-03Aの画面の縦横の向きを動かしたときにブラウザの画面も切り替えるか、固定するか、などを設定できます。図11右は「フルスクリーン表示」をしたところです。上部のアンドロイドのNotificationバーが隠れます。


図12. Sxブラウザ ブラウザ機能設定1

図12. Sxブラウザ:ブラウザ機能設定1


図12左は、「URLを省略表示しない」をチェック「外した」したときのものです。中央下あたりの「英語が無料で・・・」の項目のURL表示部分が折り返して全部表示されています(図7左と見比べてみてください)。図12右は「標準ブラウザ設定を許可」をチェックするとどうなるか?というご紹介…で、この図は何?というところですが、2つ以上のブラウザアプリをインストールしておくと、この様にアプリの選択を促されます。Sxブラウザは、このチェックを外しておくと、ここに現われなくなります。


さて、いよいよ「おまじない」のご紹介です。


図13. Sxブラウザ:ブラウザのエージェントの設定

図13. Sxブラウザ:ブラウザのエージェントの設定


図13左は、図10設定メニューの「ブラウザの種類」をタップすると現われ

  • 標準
  • iPhone
  • PC
  • 自分で指定
  • 擬似Docomo
  • 擬似au
  • 擬似Softbank


の7つが選べます。そして、携帯サイトを表示するには、ユーザエージェントを携帯のものと同じにしなくてはなりませんが、それに相当するのが図13左の真ん中辺りの「User-Agent指定」となります。


「User-Agent指定(上級者向け)」を選び、図10設定メニューの「User-Agent指定」をタップすると図13右のダイアログが現われ、そこに「おまじない」を入力します。このおまじない、どうやって編み出した?!かというと…webサーバに携帯のブラウザでアクセスした時の「サーバログ」に現われます…なんて、普通見ることはできないですね…実は、この情報を表示してくれる奇特なサイトはいくつかありまして、「User Agent 携帯」とかでググってみると出てきますので、ご確認ください。また、このユーザエージェントはブラウザ、携帯機種によっていろいろです。みろいどはauの携帯でしたので、それっぽいユーザエージェントになっています。


ということですが、このおまじないがメニュー化されました。擬似Docomo、au、Softbank、がそれに相当します。これは、図13右のユーザエージェントが予め埋め込まれていますので、設定する手間が省けます。


図14 Sxブラウザ 終了選択

図14. Sxブラウザ 終了選択

ここで、図10メニューの「BACKキーで終了しない」に関わるところです。これも、ユーザエージェントのメニュー化されたバージョンで、複数のウィンドウを開ける様になったため、動作が変更されています。


Sxブラウザを「BACKキーで終了しない」にしておいた場合、終了するには、画面右下のバッてんマークをタップします。この時、図14の様に、複数ウィンドウを開いている場合は、ウィンドウを閉じるのか、ブラウザを終了するのかを選択できる様になっています。


さて、続いてこのブラウザの特徴のWebページの保存の紹介です。


図15. Sxブラウザ 画面の保存ができる!

図15. Sxブラウザ:画面の保存ができる!


図15左は、図5中央で「画像ファイル」を選んだときに現われます。OKを押すと、図15右の下の方に表示されている様に、SDメモリーにJpegとして保存されたのが分かります。


図16. Sxブラウザ ページ保存結果の違い

図16. Sxブラウザ:ページ保存結果の違い


図16は、保存結果の違いを表示しています。左は、html形式で保存した場合にできたファイルです(PCで表示したところをお見せしてます。htmlファイルと画像などを保存したフォルダが作られます)。中央は「サイト全体」を選んだもの、右は「表示部分のみ」の場合です。違いが分かりますでしょうか?表示部分だけだと、本当に表示されている部分だけになります。これは使い分けができると思っています。特に、クーポンなどを保存したい場合、ページ全体のクーポンは「サイト全体」を使い、部分的なものは、画面に丁度いい大きさに表示してから「表示部分のみ」を使うことで、綺麗に保存ができます。これもまた便利な機能です。


最後に、図17はブックマークに独自にフォルダを作成できる機能のご紹介です。図7のご紹介の時に触れましたが、ブックマークはデフォルトブラウザのものを基本的に使いますが、独自にフォルダを使って整理することが可能となっています。


図17. Sxブラウザ お気に入りのフォルダ作成機能

図17. Sxブラウザ:お気に入りのフォルダ作成機能


図17左は、ブックマークの項目を長押しすると現われて、その項目に対するアクションを指定できます。この中で「フォルダーへの移動」を選択すると、図17中央の様に、作成してあった移動先のフォルダが表示され、それを選び移動させることができます。図17右は、移動先フォルダの階層に移ったところです。移動させたブックマークが表示されているのが分かります。デフォルトブラウザには、その様な機能がないので、ブックマークの整理をすることができて、非常に便利です。ただし、当然のことながら、作成したフォルダはデフォルトブラウザからは見ることができませんので、使い分けが必要です。


以上が、機能のご紹介です。ご紹介してきました様に、Sxブラウザでは「携帯サイトを閲覧することができる」とご紹介してきましたが、万能ではありません。iPhone系を含め「携帯サイトが見られるブラウザ」の評価コメントは結構、酷評が多い様に思います。多分、これは使った方が見たいサイト(携帯の)見られなかったりとか、サイトによっては、携帯キャリア毎に用意しているケースもある用で、そのユーザエージェントが一致しないとうまく表示できなかったりするためではないかな?とみろいどは勝手に思っています。


ということで、みろいどの環境でいろいろ試してみたのをご紹介します。確かに、ちゃんと表示できないものもあったりしますのでいろいろ工夫が必要です。


ということで、いきなり表示できないケースから…


ちょっと図の構成をご説明しますと、左から順に、Sxブラウザ、デフォルトブラウザ、携帯の画面、という順番です。


図18. Sxブラウザ アメブロ携帯サイトを表示

図18. Sxブラウザ:アメブロ携帯サイトを表示


図18は、モバイルのアメブロの表示画面です。Sxブラウザもデフォルトブラウザも表示できません。この理由は、予想としてアメブロはユーザエージェント以外もチェックしているためです。デフォルトブラウザの画面の中央のマークは、Flashで作られたサイトの場合に出る画面となっていて、このURLをPCでアクセスすると、Flashで作られた、携帯への誘導ページが表示される様になっています。


図19. Sxブラウザ auのお天気ページ

図19. Sxブラウザ:auのお天気ページ


図19は、auの天気予報のサイトです。まあこれは、au携帯向けに提供しているものですから、見れなくてもしかたないですが、面白いメッセージの表示となっています。


図20. Sxブラウザ HDMLって???

図20. Sxブラウザ:HDMLって???


図20は、我らがBIGLOBEの携帯向けサイトですが…何やらダウンロードされてしまってます(図20左はSxブラウザ図20右はデフォルトブラウザ)。図20右をよく見ると、拡張子が「HDML」となっています。これは、携帯向けに開発されたもののようです。Sxブラウザも、デフォルトブラウザも、認識できなかったようです。


図21. Sxブラウザ BIGLOBEの携帯サイトも表示できます

図21. Sxブラウザ:BIGLOBEの携帯サイトも表示できます


ということで、ちょっと小細工をしてみました。拡張子をHTMLに変えてアクセスしたところ、図21の様に表示できました。


図22. Sxブラウザ auナビもちょっと無理でした

図22. Sxブラウザ:auナビもちょっと無理でした


続いても、図22はauの携帯向けサービスのEZナビウォーク…やっぱり無理でした…今度は怒られちゃいました…


図23. Sxブラウザ Gmailもいけます

図23. Sxブラウザ:Gmailもいけます


図23はGmail。みろいどは普通の携帯時代から、Gmailは携帯経由でも使ってました。が、スマートフォンでは不要ですね…ただ、微妙にSxブラウザとデフォルトブラウザでは表示が違っていて、Sxブラウザは携帯と同じ表示です。


図24. Sxブラウザ 携帯にはこんな識別方法が…

図24. Sxブラウザ:携帯にはこんな識別方法が…


図24はおもしろい結果に…これは、HONDAのプレミアムクラブ、というサイトですが、図24左のSxブラウザの結果を見てください。皆さんも携帯でWebサイトにアクセスした時に、携帯の固有番号?を送信してよいか?みたいなダイアログに遭遇したことはないでしょうか?Sxブラウザでは表示はできるものの、そのID番号を送信できないので、こうなってしまうようです。


図25. Sxブラウザ 電車の乗り換え検索もいけます…が…

図25. Sxブラウザ:電車の乗り換え検索もいけます…が…


図25は、冒頭にご紹介したバス接近情報に続いてみろいどが重宝していたサイトです。電車の経路と時間を調べてくれるサイトですが、スマートフォンには、便利なアプリとして存在しますので、今となっては不要となってしまいました。


図26. Sxブラウザ 渋滞情報見たかったですがダメでした

図26. Sxブラウザ:渋滞情報見たかったですがダメでした


最後に、図26は渋滞情報などを表示してくれるサイトですが、これは表示してくれませんでした。Androidアプリには、ビジュアルに表示してくれるものはありますが、特定の経路の文字情報に簡単にアクセスできるこのサイトは是非見たかったところです。

<総括>

以上、ご紹介しました様に、このアプリは、全てではありませんが、携帯サイトを閲覧することができ、クーポンなどの画面を画像として保存することで、オフラインでもそのクーポンなどを参照することができるなど、とても気の利いたアプリです。また、比較的動作も軽く、なんと言っても無料ですので、ぜひ皆さんもお試しください。みろいどは、バスの接近情報を起動画面に設定して、毎朝使ってます。

Sxブラウザ
株式会社ソフィックス Sxブラウザ 無料

『Sxブラウザ』~携帯サイトが表示でき、画面キャプチャがとれるブラウザ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ