難易度は自分次第!オリジナルパズルを作って遊ぼう『ブロックパズル 日本語版』

2010年10月21日 15:09 by もりひめ
ブロックパズル 日本語版:起動画面

ブロックパズル 日本語版:起動画面

自分で撮影した画像をパズルゲームにして遊べるブロックパズル 日本語版』の紹介です。


オリジナルパズルを作成できるだけでなく、自分次第で難易度を変えられるおもしろさもあるアプリです!


まずは写真を用意しよう

『ブロックパズル 日本語版』では「自分で撮影した画像」を使用するため、まずは画像を用意する必要があります。端末の任意のカメラアプリを使用して、写真を撮りましょう。


パズルに慣れていない方に、私がおすすめするのは『RetroCamera』というカメラアプリで撮影することです。なぜかというと、『RetroCamera』では写真に「枠」をつけてくれるため、「枠」が目印となり、パズルがとても楽になります。パズル解析の基本は「端から組み立てる」ことなので、パズルに慣れてない方、はじめて『ブロックパズル』を使う方は写真に「枠」がつけられるカメラアプリをおすすめします。


ブロックパズル 日本語版:枠付き写真を用意すると簡単です

ブロックパズル 日本語版:枠付き写真を用意すると簡単です


注意として画像ファイルは、SDカードの1階層下のフォルダしか認識しない(例:SDカード:\Camera\)ようです。LYNXやIS01の標準カメラアプリで撮影した画像で参照できないという人も大丈夫。LYNXのデフォルトで撮影した画像は端末内に保存されているので、『アストロファイルマネージャ』などを使って保存先のファイルを移動させれば使用可能です。


準備が整ったところでいよいよ『ブロックパズル 日本語版』の起動です。ロゴがかっこ良いです。


ブロックパズル 日本語版:会社ロゴ画面

ブロックパズル 日本語版:会社ロゴ画面


『ブロックパズル 日本語版』は縦画面にも横画面にも対応しているので使う端末を選びません。個人的な使用感としては、縦画面の方が見やすいので縦画面をおすすめします。


チュートリアルを読んでゲーム開始!

いきなり遊ぶ前に、まずはチュートリアルを読みましょう。『ブロックパズル 日本語版』の使い方が書いてあります。直感的にも操作は可能ですが、目を通しておけば、よりスムーズに操作できます。


いよいよ『ブロックパズル 日本語版』を開始します。「開始」ボタンを押下すると検索ダイアログが起動します。これはSDカードの画像ファイルをスキャンしているためです。ファイル数が多いと時間もかかるので、ファイル数が多い方は気長に待ちましょう。


スキャンが終わると、SDカードの画像ファイルが一覧で表示されます。一覧からパズルにしたい画像を選択します。選択したら「次へ」を押下します。


ブロックパズル 日本語版:画像選択画面

ブロックパズル 日本語版:画像選択画面


続いて分割数を選択します。もちろんですが、分割は少なければ少ない方が簡単です。


ブロックパズル 日本語版:分割数を選択しよう

ブロックパズル 日本語版:分割数を選択しよう


パズル慣れしてない方はまず、「4×4」の選択をおすすめします。分割数を選択すると、いよいよパズル画面が表示されます。


ブロックパズル 日本語版:ゲーム開始

ブロックパズル 日本語版:ゲーム開始


さきほど選択した画像が、指定した数で分割されてバラバラとなって表示されます。分割されてバラバラになった画像を元に戻していきましょう。マスをタップすると、画像の入れ替えができます。最初にタップした箇所は青くなります。この青くなったマスを移動したいマスへタップします。マスは隣合わなくても、どこでも移動できます。


この繰り返しの作業で画像を元に戻します。コツとしては「端」から組み立てていくこと。普通のパズルでもコツは「端」を埋めることです。輪郭をはっきりさせて中身を組み立てていきます。絵を描くときと同じですね。


マスを動かした回数がスコアになる!低い数値を目指せ!

単純な遊び方としては「画像を元に戻す」ことですが、『ブロックパズル 日本語版』の一番熱いところは右上に表示されている数字です!右上の数字は、何回マスを移動させたか?という数値を示しています。もちろんマスを動かすたびに増えていきます。よって、この数値は「低ければ低いほど良い」のです。クリアすると、この「動かした数値」が「スコア」として記録されます。いかに低い数値でクリアするか?ということが『ブロックパズル 日本語版』の熱いところです。


「ハイスコア」記録は分割数単位で記録できます。分割数が多く、低い数値でクリアできるととてもクール!!競うなら、画像も同じものを使用した方がよいでしょう。「ハイスコア」の画面にて使用した画像ファイルが表示されるので、「どの画像を使用した?」と忘れることもありません。


ブロックパズル 日本語版:ハイスコア入力画面

ブロックパズル 日本語版:ハイスコア入力画面


クリアしたら、名前を入力します。一人でハイスコア記録を塗り替えるのも楽しいですが、他人を巻き込んで遊ぶとさらに楽しめると思います。ぜひ周りの友人たちを誘ってみましょう!!


ブロックパズル 日本語版:スコア表示画面。友人同士で競い合うのも楽しい

ブロックパズル 日本語版:スコア表示画面。友人同士で競い合うのも楽しい


分割数や画像で難易度を調整してみよう

前述しましたが、同じ画像でも分割数が多ければ多いほど、難易度は高くなります。慣れてきて新たな刺激がほしい時には分割数を増やしましょう。現在は「10×10」が最大です。個人的にはもっと増えても良いかと思います。


また、『ブロックパズル 日本語版』では自分で画像を選択できるので、画像を変更すれば難易度もおのずと変わってきます。柄があればあるほど難易度は低くなります。加えて色もあればあるほど難易度は低くなります。これらを考慮して自分で難易度を調整しましょう。


おまけ:牛乳パズルはどうでしょう?

パズルと言えば「牛乳パズル」です。牛乳パズルというのは「単一色」でのパズルです。これまでの「紙のパズル」では単一色のパズルを遊ぶ場合に手がかりにするのは「ピースの形」でした。しかし、『ブロックパズル 日本語版』は紙のパズルとは違い、「ピースの形は全て同じ」です。単一色画像ファイルで“ブロックパズル”をやってみましょう。ここまでくるとビット数との戦いです。これを遊ぶと紙を越え、神の領域に入れます。修行僧になれることでしょう。


ブロックパズル 日本語版:ブロックパズルならぬブラックパズル

ブロックパズル 日本語版:ブロックパズルならぬブラックパズル


その昔、まだケータイもないころにコルク記事の牛乳パズルに一週間を費やしたことがある、修行僧のもりひめがお届けいたしました。当時15歳(だったはず)でした。

<総括>

『ブロックパズル 日本語版』はお気に入りの画像をパズルにできるアプリ。選んだ画像や、分割数の指定によってオリジナルの難易度を指定できるパズルゲームです。いかに手数を少なくしてクリアできるかがポイントです。

次の画像へ→

ブロックパズル 日本語版
softlinks ブロックパズル 日本語版 105円

『ブロックパズル 日本語版』~難易度は自分次第!オリジナルパズルを作って遊ぼう~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ