『ローカルサーチ』 ~目的の施設を5つのサイトから簡単検索~

2010年10月21日 16:06 by Orange14
ローカルサーチ:起動後、すぐに検索できます

ローカルサーチ:起動後、すぐに検索できます

ぐるなび』『らーめんなう』『NAVITIME』など施設検索アプリは多数ありますが、今回ご紹介する『ローカルサーチ』もその一つ。


使い方はどのアプリも大差はないと思いますが、この『ローカルサーチ』は、他にはない機能が搭載されているので紹介します!


デフォルト項目は11種類、5つのサイトで簡単同時検索

画面を起動すると、11の項目が出てきます。内容は、コンビニ、駅、駐車、ピザ、イタリアン、ファミレス、ファミリーレストラン、カフェ、cafe、焼鳥、焼き鳥となっています。


「焼鳥」「焼き鳥」など、内容が重複しているものもありますが、webページの中に記載されている文字列からの検索となるので、同じ内容でも若干検索結果に違いが出てきます。普段、何気なく検索している内容でも、こうした違いが見られるのはおもしろく感じました。画像は「カフェ」と「cafe」の比較です。


ローカルサーチ:カフェ(左)とcafe(右)という同じ意味でも検索結果に違いが出る

ローカルサーチ:カフェ(左)とcafe(右)という同じ意味でも検索結果に違いが出る


上記画像のGoogleを含め、本アプリは下記の5つのサーチエンジンを利用できます。


  • Google
  • ホットペッパー
  • ぐるなび
  • ドコイク?
  • Qype


どれもお馴染みのサイトではありますが、一つだけ見慣れない「Qype」というのがあります。「Qype」はドイツ発の口コミサイトでヨーロッパではメジャーなサイトの一つです。実は本アプリは、ヨーロッパ、アメリカ、カナダでも使用でき、翻訳機能と発音機能もついています(詳しいことは後述します)!


ローカルサーチ:サーチエンジンを5種類から選べます。cafeで検索。左からホットペッパー、ぐるなび、ドコイク?、Qype

ローカルサーチ:サーチエンジンを5種類から選べます。cafeで検索。左からホットペッパー、ぐるなび、ドコイク?、Qype


簡易辞書としても使える翻訳機能つき

検索結果から、気になったお店をタップすると、そのお店の詳細情報が出てきます。それぞれのワードを長押しすると、「検索」「翻訳」「発音」といったコマンドが表示されます。検索はその文字列を含むページを検索してくれます。検索は上で紹介した全てのサイトでの検索がかかります。「翻訳」を選ぶと翻訳画面に移ります。「発音」は、全ての内容を翻訳してくれるわけではありません。


翻訳機能を利用する場合は、ワードを長押しして「~を訳す」をタップします。


ローカルサーチ:詳細画面(左)コマンド表示(右)

ローカルサーチ:詳細画面(左)コマンド表示(右)


すると、下の画像のような画面が表示され、翻訳できます。デフォルト状態では「原文の言語」はフランス語、「翻訳する言語」は英語に設定されています。


言語の設定はそれぞれの項目の右にあるプルダウンをタップすると、様々な言語が表示されるので、「原文の言語」に対応した言語と、原文を「翻訳する言語」を選択し、送信をタップすると翻訳されます。直訳ですので、内容は多少怪しいですが、大まかな意味はこれで理解できるのではないでしょうか!?


ローカルサーチ:翻訳設定画面(左)翻訳結果(右)

ローカルサーチ:翻訳設定画面(左)翻訳結果(右)


便利な「お気に入り」や「フリーワード検索」機能

各詳細画面の店舗名右にある☆マークをチェックすると「お気に入り」に設定できます。検索結果のエンジンに関わらず一覧で登録されますので、「あれはどれだったかな?」といちいちチェックしなくても確認できるので、とても便利です。


また、登録した内容についてはTop画面に「お気に入り」という項目が追加されていますので、確認をするときはここから。削除する際は、☆を再度タップすることでリストへの反映が解除されます。


ローカルサーチ:星をタップしてお気に入りを設定(左)お気に入りという項目が追加(中)お気に入りは一覧で確認(右)

ローカルサーチ:星をタップしてお気に入りを設定(左)お気に入りという項目が追加(中)お気に入りは一覧で確認(右)



ローカルサーチ:端末のメニューボタンを押すとアプリの設定などができます

ローカルサーチ:端末のメニューボタンを押すとアプリの設定などができます

メニューを押すとアプリの詳細設定ができます。


  • 現在地の取得:
    GPSで現在地の特定します
  • 位置の設定:
    任意の場所を設定し、その場所の情報を取得できます
  • 検索設定:
    サーチエンジンを任意のものだけにし、表示される情報のソート順を決められます
  • アプリ設定:
    表示距離を「マイル・フィート」と「メートル」を選択でき、コンパスの自動更新時間を設定できます
  • ヘルプ:
    このアプリの使い方はこちらから
  • その他:
    フリーワード検索や、翻訳画面を直接開けます



『ローカルサーチ』は最初にもご紹介したように、デフォルトで検索項目が設定されています。ただ、「この項目以外の検索をしたい!」という場合は「その他」の項目にある検索をタップしましょう。フリーワードでの検索ができるので、目的に応じた施設を探すのに便利です。また、翻訳画面へも直接移動できるので、簡易の辞書としても役立つと思いますよ!



ローカルサーチ:他の地図アプリと同様の機能も用意されています

ローカルサーチ:他の地図アプリと同様の機能も用意されています

店舗の詳細画面でメニューを押すと、ルート検索やTelをかけるといったお馴染みの機能を使用できます。



地図アプリには様々な種類がありますが、『ローカルサーチ』の強みは「5つのサーチエンジンでの同時検索」と「翻訳機能」ではないでしょうか?海外からの観光者の人に道を尋ねられることもあるかもしれないので、そうした時に便利です。

<総括>

5つのサーチエンジンから同時検索し、目的の施設・店舗を見つけ出せるアプリ。デフォルト状態で11の項目が設定されており、フリーワード検索も可能。さらに、翻訳機能が搭載されており、海外対応もしています。国内のみならず、ワールドワイドで活用できるアプリです。

ローカルサーチ
at ease ローカルサーチ 無料

『ローカルサーチ』 ~目的の施設を5つのサイトから簡単検索~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ