『たばこ禁止宣言』~禁煙の効果を数値で確認!~

たばこ禁止宣言

たばこ禁止宣言

たばこ禁止宣言』は禁煙を続けることで、節約できたたばこ代や体重などの変化を記録してくれるアプリです。


値上がりを機に禁煙を志す方も多いと思いますが、こうした事は定点観測が大切。毎日、禁煙の成果を確認しながら、がんばってみましょう。


禁煙ツール及び、健康管理ツールとして使える

本アプリ、もちろん禁煙を試みようとしている人や、禁煙中の人向けのアプリですが、体重変化も記録できます。禁煙だけでなく、ダイエットのお供にもなるほか、「禁煙してやせた」「禁煙して太った」など、体重推移を見ることで、普段の健康管理の目安にもなります。



たばこ禁止宣言:禁煙する量を入力

たばこ禁止宣言:禁煙する量を入力

使い方は簡単です。アプリを起動したら、TOP画面上部にある3つのボタンのうち「禁煙宣言」をタップして、


  • 1日のたばこ量
  • 箱の本数
  • 箱の価格


上記3つを入力します。


僕の場合は1日に4本程度、「キャメルメンソール」を吸っているので、たばこの量は0.2、箱の本数は20、価格は420円と入力します。


入力が終われば「禁煙宣言」をタップして、記録開始です。後から修正したい場合は、「情報修正」から入力し直してください。


起動画面では、TOP画像のように我慢できた日数や、本数、我慢した分のコストが確認できます。いくら節約できたかが金額で表示されるので、禁煙の励みになります。アプリを終了しても記録は消えないので、一度入力すれば、後は毎日画面を確認するだけというのも気楽で良いところです。


本アプリのもうひとつの機能「体重管理」は、起動画面の「体重管理」をタップ。体重記録日と身長、体重を入力して登録します。登録すると、BMI値および標準体重が表示されるので、ダイエット等を行っている場合は、目標のひとつになると思います。


たばこ禁止宣言:体重・身長登録(左)ログ追加(中央)体重推移(右)

たばこ禁止宣言:体重・身長登録(左)ログ追加(中央)体重推移(右)


日々の体重は、毎日入力する必要があります。「体重管理」→「体重ログ追加」で入力してください。体重推移はグラフ化されます。グラフの表示メモリは、画面最下部のボタンで変更できるので、自分の見やすいようにカスタマイズできます。

こちらの記事もご覧ください。