Google ドキュメントのテキストデータを同期&編集『Docs Pics』

  • list
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Docs Pics:Google ドキュメントの文書を携帯端末から扱えます

Docs Pics:Google ドキュメントの文書を携帯端末から扱えます

Google ドキュメント(Google docs)を利用していますか?Android搭載端末はGoogleのサービスと親和性が高いので、Web上で使用するこのオフィスソフトを利用している方は多いのではないでしょうか?


そこで今回は、Google ドキュメント(文書)とPicasaの画像をAndroid搭載端末で同期&管理が行えるアプリ、『Docs Pics』をご紹介します。Google ドキュメントを利用している方には、ぜひ試して欲しいアプリです。


Google ドキュメントの文書をダウンロード

本アプリの利用には、まずGmailアカウントの登録が必要です。「User Name」と「Password」を入力したらGoogle ドキュメントとの同期が開始され、完了すると3つのタブで構成されたメイン画面が表示されます。


「Docs」にはGoogle ドキュメント内に保存されているアイテムの一覧が表示され、ファイル名と保存された日時、ファイル形式までが一目で分かるようになっています。「Pics」は端末に保存されている画像ファイルを閲覧したり、Picasaに画像をアップロードできるタブです。「Files」は端末のファイル管理を行うタブですが、これらについては後述したいと思います。


Docs Pics:(左)アカウント認証画面 (右)3つのタブで構成された基本画面

Docs Pics:(左)アカウント認証画面 (右)3つのタブで構成された基本画面


それでは、「Docs」を実際に使用してみます。「Docs」タブ内のファイル名が灰色で表示されているものは、端末内に同様のデータが存在していないことを表しています。灰色で表示されているテキストファイルをタップすると端末にダウンロードできます。その際にダウンロードするファイル形式を選択でき、「Sync Download」を選ぶとGoogle ドキュメントで保存されているファイル形式のままダウンロードします。


その他のファイル形式を選択すると、変換してダウンロードが開始されます。たとえば、「著作権.docx」のファイルをtxt形式でダウンロードすると、「著作権.docx.txt」という形で表示されます。ファイル形式を変更してダウンロードしたファイルはファイル名が水色に表示され、端末内にのみ存在するファイルであることを表しています。


一度ダウンロードしたファイルは文字色が灰色から白になり、タップするとファイルを開いて閲覧ができるようになります。ただし、『Docs Pics』でダウンロードなどを行えるのは、Google ドキュメントの文書(txtおよびdocx形式のデータ)のみに限られており、その他のファイル形式を扱うには、有料の『Docs Pics Key – Ads Free』(機能制限の解除、広告の非表示)を別途購入する必要があります。このアプリをインストールすると、テキストファイル(文書)だけでなく、Excel等のスプレッドシートも端末にダウンロードできるようになります。ただし、ダウンロードしたxlsファイル等の閲覧には、それぞれに対応したビューワーアプリが別途必要になる場合があります。


Docs Pics:(左)灰色で表示されたドキュメントは端末にダウンロードされていないもの (中央)ダウンロードするファイル形式を選択 (右)ファイル形式を変更してダウンロードしたものは文字色が水色に変化

Docs Pics:(左)灰色で表示されたドキュメントは端末にダウンロードされていないもの (中央)ダウンロードするファイル形式を選択 (右)ファイル形式を変更してダウンロードしたものは文字色が水色に変化


また、各ファイルの左にあるチェック欄をタップすると複数のファイルを一度に管理できます。チェックを入れると画面下にボタンが表示され、「Delete」では選択したファイルをGoogle ドキュメントから削除でき、「Download」は先ほど同様にファイル形式を選択した上でダウンロードが行えます。「Sync Download」ではファイル形式を変更せずにダウンロードが開始し、「Upload」はGoogle ドキュメント側には存在しない新しいファイル(文字色が水色になっているファイル)をアップロードする際に使用できます。


「Move to Folder」では、ファイルを選択したフォルダに移動できます。その際に移動するフォルダは、menuから「New Folder」で作成しておく必要があります。以上の操作は、各ファイル名を長押して行うこともできます。


Docs Pics:(左)複数選択も可能 (右)ファイル移動に使用するフォルダはmenuから作成

Docs Pics:(左)複数選択も可能 (右)ファイル移動に使用するフォルダはmenuから作成


Google ドキュメントにアップロード

端末で新たに作成した文書ファイルをGoogle ドキュメントにアップロードしたい場合は、menuボタンから「New Sync Note」をタップします。ここで新たにタイトルと文章を入力し、「Save」するだけでGoogle ドキュメントと同期します。とても簡単に文書をアップロードすることができます。この時、「Save」したファイルはGoogle ドキュメントにも端末にも存在するのでファイル名の文字色は白です。


Docs Pics:(左)「New Sync Note」から新たなファイルを作成 (中央)タイトルと文書を入力 (右)Google ドキュメントにアップロード完了

Docs Pics:(左)「New Sync Note」から新たなファイルを作成 (中央)タイトルと文書を入力 (右)Google ドキュメントにアップロード完了


Picasaに画像をアップロード

2つめのタブ、「Pics」を紹介します。ここでは端末内に保存されている画像データを閲覧したり、同じくGoogleのサービスであるPicasaに画像をアップロードできます。まず、画像データの保存してあるフォルダを選択します。その後、任意の画像を長押しして選び「Upload」を押すだけで、Picasaにアップロードできます。画像を軽くタップした場合は、画像を閲覧できます。


また、画像はアップロードだけでなく削除も可能です。「Picasaにアップロードが終わり、必要なくなったものを消す」という使い方もできます。


Docs Pics:(左)「Pics」タブには端末内の画像フォルダが表示 (中央)複数選択も可能 (右)Picasaアップロード専用のフォルダがあります

Docs Pics:(左)「Pics」タブには端末内の画像フォルダが表示 (中央)複数選択も可能 (右)Picasaアップロード専用のフォルダがあります


SDカードの整理とウィジェット

3つめは、「Files」タブです。端末のSDカード内にあるファイルを削除したり、コピーしたりして管理できます。各ファイルをタップするとファイル内のデータを開くことができ、複数選択して同時に「Delete」で削除もできます。


本アプリにはウィジェットが用意されています。ウィジェットでは、「Docs – Notes」でファイルをホーム画面にポストイットの様に配置したり、「Pics – Local」で端末内の画像をホーム画面に表示が可能です。もちろん、それぞれのウィジェットをタップするだけで簡単に閲覧が行えます。ウィジェットのデザインもピンで留められたような素敵な見た目になっています。


Docs Pics:(左)「Files」タブではSDカード内のファイルの管理が行える  (中央)ウィジェット「Docs - Notes」の選択画面 (右)配置したウィジェット

Docs Pics:(左)「Files」タブではSDカード内のファイルの管理が行える (中央)ウィジェット「Docs - Notes」の選択画面 (右)配置したウィジェット


いかがでしたでしょうか?Google ドキュメントやPicasaを使用している方にとって、Android搭載端末でデータのダウンロードやアップロードが行えるのはとても便利です。『Docs Pics Key – Ads Free』の購入でより使いやすくなりますので、本アプリを気に入った方はそちらも検討してみてください。


それでは今回はこの辺で失礼、ご紹介はオクトバでした!

<総括>

Android端末からGoogleドキュメントの文書データの閲覧/編集が行えるアプリです。また、Picasaに画像をアップロードすることもできます。現状、標準で端末に用意されていないこれらのサービスを利用できるようになる本アプリは、両サービスを利用している方にとって価値の高いものだと思います。

  • list
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Docs Pics
DevDocsPics Docs Pics 無料

『Docs Pics』~Google ドキュメントのテキストデータを同期&編集~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ