Android端末に機種変更した場合の月額通信コストは?~ソフトバンクモバイル編~

  • list
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホーム画面やキー配置をカスタマイズできるSweety 003P

ホーム画面やキー配置をカスタマイズできるSweety 003P

2011年5月よりはじまった「パケットし放題フラット for スマートフォン」。頻繁にWEBのブラウジングやアプリのダウンロードを行う方には、月額の最大料金が5,460円と、2段階方式のパケット定額プランに比べて500円以上お得になる事が特徴です。


そこで、ソフトバンクのAndroidスマートフォンに機種変更した際に気になる月額通信料金を紹介します。料金プランは下記の2パターンで紹介します。


追記:2011年6月に記事を追記・修正しました。料金プランは2011年6月現在のものです。


  • 基本的な月額通信コスト
  • 新スーパーボーナスを適用した月額通信コスト



利用できるメールサービス

ソフトバンクのAndroidスマートフォンで利用できるメールサービスは下記の通りです。


  • S!メール(@softbank.ne.jpまたは@vodafone.ne.jp)
  • Gmail(@gmail.com)
  • SMS


ソフトバンクユーザが利用しているS!メールを利用するには、専用アプリの「SoftBankメール」をダウンロードする必要があります。また、メールサービスを利用する場合は「S!ベーシックパック」への加入が必要になります。


ソフトバンク及びディズニー・モバイル同士のメールは送受信無料(300Kバイト以内)となりますが、iPhone専用アドレス(i.softbank.jp)やGmail、PCメール等の送受信にはパケット通信量が発生します。また、メールを利用するには「S!ベーシックパック」に加入する必要があります。


月額通信コストをシミュレーション

料金プランにおいて、必須となるのがパケット定額サービス。ソフトバンクの場合「パケットし放題S for スマートフォン」と「パケットし放題フラット for スマートフォン」の2つが対象となります。


「パケットし放題S for スマートフォン」は、7,440パケットまでは390円で、7,440パケット~114,000パケットまでは使用した分だけパケット料金が加算され、114,000パケット以上は、どれだけ使っても5,985円となります。月によってパケット通信を使う頻度が異なる方や、Wi-Fi等の無線LANを主に使うという方は、こちらのサービスがお得かもしれません。


「パケットし放題フラット for スマートフォン」は、月額パケット料金が定額5,460円となっていて、全くパケット通信を使わない月も5,460円支払う必要があります。Wi-Fi等の無線LANなどは使わずに、常にWEB閲覧やアプリのダウンロードを頻繁に行う方だと5,460円以上になってしまうのでお得です。


通話プランは最もベーシックな「ホワイトプラン」(980円/月)を選択します。ホワイトプランはソフトバンク同士ならば1時~21時の通話、24時間メールが無料となるサービスです。他社携帯への通話も多いという方は、通話料が安くなる「Wホワイト」(ホワイトプラン+980円/月)をおすすめします。


さらに前述した「S!ベーシックパック」(315円/月)及び水漏れや故障した際に安心な「あんしん保証パック」(498円/月)に加入する事を想定します。


<基本的な月額通信コスト>


パケットし放題S for スマートフォンを適用
ホワイトプラン 980円
パケットし放題S for スマートフォン 390円~5,985円
S!ベーシックパック 315円
あんしん保証パック 498円
ユニバーサルサービス料 7円
合計 2,190~7,785円



パケットし放題フラット for スマートフォンを適用
ホワイトプラン 980円
パケットし放題フラット for スマートフォン 5,460円
S!ベーシックパック 315円
あんしん保証パック 498円
ユニバーサルサービス料 7円
合計 7,260円


上記料金に加え、端末の割賦料金や無料対象以外の通話料金等が発生します。


新スーパーボーナスを適用した通信コスト

ソフトバンクでは、2年契約を前提とする新スーパーボーナスで端末を購入した場合、「月月割」というサービスが適用され、基本料金(ホワイトプラン)及び端末割賦代以外の月額コストに割引が受けられます。ソフトバンクオンラインショップでの「AQUOS PHONE 006SH」の価格は90,720円なので、こちらをベースにシミュレーションしてみます(「パケットし放題フラット for スマートフォン」に加入、機種変更前端末の利用期間が2年以上とした場合)。月月割の割引額は機種変更前の端末の利用期間に応じて異なりますので、詳しくソフトバンクショップ等で確認してください。


  • 新スーパーボーナス2年払い(24回払い):端末料金3,780円/月
  • 新スーパーボーナス一括払い:端末料金90,720円



<新スーパーボーナス24回払いを適用>


パケットし放題フラット for スマートフォンを適用
ホワイトプラン 980円
パケットし放題フラット for スマートフォン 5,460円
S!ベーシックパック 315円
あんしん保証パック 498円
ユニバーサルサービス料 7円
端末割賦料金 3,780円
月月割引 -2,200円
合計 8,840円


<新スーパーボーナス一括払いを適用>


パケットし放題フラット for スマートフォンを適用
ホワイトプラン 980円
パケットし放題フラット for スマートフォン 5,460円
S!ベーシックパック 315円
あんしん保証パック 498円
ユニバーサルサービス料 7円
月月割引 -2,200円
合計 5,060円


割引はどちらも24ヶ月分まで適用されます。24ヶ月目以降は割引対象外となりますのでご注意ください。


料金プランの選択は慎重に

他社の携帯電話にあまり電話をかけず、Wi-Fiでの利用が主であまりパケット通信を使わない場合は、新スーパーボーナスの割引額が最大まで受けられない場合があります。たとえば、パケットし放題S for スマートフォンに加入し、支払いが最低料金の390円だった場合、基本料金を除く利用額は上記の例からいうと、パケット通信料390円+S!ベーシックパック315円+あんしん保証パック498円+ユニバーサルサービス料7円の合計1,210円となり、割引適用額は1,210円となります。


パケットし放題フラット for スマートフォンの場合は、月月割は最大額までされるので、気にしなくても大丈夫です。さらに、新スーパーボーナス24回払いで端末を購入し、S!ベーシックパック及びパケットし放題S for スマートフォンのいずれかに加入すると、月々最大600円(×24回)の割引が受けられる「バリュープログラム」の対象になります。詳しくは、ソフトバンクショップ等で確認してください。

  • list
  • このエントリーをはてなブックマークに追加